CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

Lifestyle

2023.08.16

季節を味わう風流、鍵善良房の「甘露竹」【ひんやり! つるん! 水ようかんの名店】

シリーズ「ひんやり! つるん! 水ようかんの名店」でご紹介する東西7軒は、手づくりの生菓子を中心に商いをしている店。今回は「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」をご紹介します。

シリーズ一覧はこちら

京都の夏の風物詩。花街から生まれたしゃれた甘味
鍵善良房の「甘露竹」

つるん、と青竹から出てきた水ようかん。口に入れたときは確かに寒天の固さを感じたものの、舌の上にのせるとふっと消えてしまう。このはかなさは、まさしく笹の葉に浮かぶ朝露のよう。15代主人・今西善也さんは「もう1本食べとなるぐらいが、ええでしょう?」と「甘露竹(かんろたけ)」に言葉を添えました。今でこそ竹流しの水ようかんは京都ではおなじみですが、花街(かがい)ではこのような涼菓を古くから出していました。味わうべきは清々しい竹の色。青竹の香りをあんにのせて季節を感じるというのが、何事にも風流を好んだ花街の人々なのでしょう。

1本の竹から太さのそろった竹筒は3~4本しか取れません。朝、切り出されたものを店で受け取り、水に漬けて洗浄。翌日の朝からようかんを仕上げ、竹筒に流し入れたものがそのまま店頭に並びます。青竹のごとく鮮度のいい味わいが楽しめるのです。「この水ようかんは昭和の初めにはあったと聞いています。とても手間がかかりますが、気に入ってくださるお客様がいらっしゃるおかげで、長く続けてこられました」

江戸・享保(きょうほう)年間(1716~1736)から京都一の花街・祇園に店を構えるこの店。店頭を飾るお菓子のすべてに祇園に暮らす人々の風俗や文化をうかがうことのできる貴重な一軒となっています。


涼しさがさらに増す贈答用の竹かご

10本竹かご入り4,900円。消費期限は5日(要冷蔵)。4月1日から9月中旬までの販売。贈答用は10本入りから販売し、竹かご以外に化粧箱も用意。5本入りサービス箱から取り寄せ可能

添えられた錐(きり)を使って節の部分に穴を開け、そっと振ると水ようかんがすべり出る。風味の強い青森産小豆と笹の香りが調和。

店舗情報

鍵善良房 かぎぜんよしふさ
住所:京都府京都市東山区祇園町北側264
電話:075-561-1818 
営業時間:9時30分~18時(喫茶は10時~17時30分L.O. こみ具合によりL.O.は早まる場合があります) 月曜休(祝日の場合は営業、翌日休)
●お取り寄せができます。ウェブサイト(https://www.kagizen.co.jp/)もしくは電話にて注文を。

撮影/石井宏明 構成/藤田 優、後藤淳美(本誌)本記事は雑誌『和樂(2021年8・9月号)』の転載です。

『和樂』8,9月号発売中!


2023年『和樂』8,9月号大特集は、国宝&国宝級の日本美117をど~ん!と集めた「国宝めぐり旅」。
もうひとつの大特集は、天才浮世絵師・鈴木春信「超絶かわいい♥美人画」の系譜。
何年たってもそばに置いておきたい、読み応え抜群の一冊です!

特別付録は……なんと、鈴木春信の名画『清水の舞台から飛び降りる娘』スクエアトートバッグ!

ご購入、試し読みはこちらからどうぞ。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

わざと落とし穴に落っこちた! 茶の湯の心を今に伝える、千利休エピソード集2

和樂web編集部

みずみずしく甘みくっきり!「むらさきや」の水羊羹【ひんやり! つるん! 水ようかんの名店】

和樂web編集部

『和樂』2024年4,5月号の特別付録はドラえもん『鳥獣戯画』BIGトートバッグ!

和樂web編集部

夏の定番菓子「秋色庵大坂家」の「舟水ようかん」【ひんやり! つるん! 水ようかんの名店】

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア