日本文化の入り口マガジン和樂web
10月16日(土)
世に生き飽きた者だけ、ついて来い。(土方歳三)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
10月14日(木)

世に生き飽きた者だけ、ついて来い。(土方歳三)

読み物
Craft
2018.09.11

香の老舗 松栄堂の新作「香り箱 菊」

この記事を書いた人

箱を開けると菊の美が香り立つ

なんて美しく、香しい菊の花でしょう。丸箱のふたを開けた瞬間から感動!です。

松栄堂

こちらは創業宝永2(1705)年の香の老舗、松栄堂が制作した「香り箱 菊」。火が使えない場所でも安心して和の香りを楽しめないかと、この計画がスタートしたのは2017年の秋。白檀、丁字、桂皮、竜脳など、十数種類の香料をブレンドしたさわやかな香りを西陣織の香袋へ。手作業で花びら一枚一枚にコテを当て、立体的に形づくった越前手すき和紙の、まるで生花のような菊も完成。このふたつが塗り箱に収められています。京都本店と和樂でしか購入できない逸品です。

松栄堂閉じて横から見ると…オフ白の大は、まろやかな楕円、赤の小はコロンとした球体に

松栄堂和紙でつくられた花びらを立体的に重ねて菊に。繊細な手わざに驚愕!