日本文化の入り口マガジン和樂web
4月22日(木)
七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
4月21日(水)

七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト

読み物
Gourmet
2017.11.21

「喫茶去」って何?お茶でも飲んで去れ?いえいえ違います。

この記事を書いた人

お茶のある時間は、日常における極上のリラックスタイムです

喫茶去って170-1

「喫茶去」という言葉は耳慣れないかもしれません。この言葉は「まあお茶でもお飲みなさい」という意味なのだそうですが、本来は「お茶でも飲んで去れ」と相手を叱咤するものでした。そもそも中国・唐時代の趙州従諗禅師のエピソードが元になった禅語です。そのエピソードとは、ふたりの僧が趙州禅師に「前にここに来たことがあるのか?」と尋ねられたとき、それぞれ「来たことがない」「来たことがある」と答え、どちらに対しても「喫茶去」と禅師がお茶をすすめたことでした。

喫茶去の意味する禅の境地とはどんなものなのかわかりませんが、「難しい話は抜きにして、お茶でも一杯飲みましょう。楽に行きましょう」という感覚は、現代の私たちも共感できるもの。お茶の時間は、日常を忘れさせてくれる極上のリラックスタイム。複雑な出来事が起きる毎日の中で、自分と静かに向かい合える瞬間は大切な時間です。では、早速お茶にしましょうか。

「喫茶去」はこんなに楽しい!

喫茶去の魅力とは?「matohu」デザイナーに聞きました!
紅茶もコーヒーも、自分だけの「喫茶去」セットのコーディネート
「喫茶去」を味わうなら、銀座、目黒の名店へ。