日本文化の入り口マガジン和樂web
9月23日(木)
元始、女性は太陽であった(平塚らいてう)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月22日(水)

元始、女性は太陽であった(平塚らいてう)

読み物
Gourmet
2017.04.24

日本が誇る食の魅力「常備菜」をかんたん解説

この記事を書いた人

ごはんのお供、常備菜。日もちのするおかずです。つくっておくと食卓が落ち着き、食べる人も満足します。かわり映えのしないおかずが、重要な役割を果たしています。

常備菜は、切り干し大根やひじき、大豆、ずいきなど乾物を使ったものが多く、水で戻しておきさえすればつくれるのも、毎日の家庭料理にはぴったりです。おからのように、安価なものをおいしく食べる常備菜をつくると、何かいいことをしたような気分にもなります。
DSC_6224-min
京都には、おぞよという言葉があります。御雑余と書くそうですが、これが日もちのするおかずのこと。おまわりというのがいわゆるおかずで、ふたつを合わせておばんざいと呼ぶという説も。

本当の食の豊かさとは、ご馳走よりも、常備菜のような普通のおかずが充実していることではないでしょうか。
DSC_6166-min画像は上から、おから、五目豆、ひじき、切り干し大根、ずいき。

-2013年和樂8・9月号より-