CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

Travel

2023.05.09

手仕事による料理道具を扱う、京都「有次 錦店」【茶味こそが京都!】 

特集 茶味こそが京都! 第七弾は京都の生活道具店「有次 錦店(ありつぐ にしきみせ)」をご紹介します。

特集「茶味こそが京都!」一覧はこちら

使いやすい、見つけやすい、
客主体につくられた生活道具店「有次 錦店」

京都といえば手仕事の宝庫。都が置かれていたときから、ものづくりを続けてきた職人の子孫が残っているなんて! 
永禄3(1560)年創業の有次はその代表、刀鍛冶に始まり仏像彫刻の小刀を長く扱う背景をもちます。

プロの料理人に支持される有次製の鍋。頑丈なつくりだが、長く使ってもらうための修理体制も十分に整っている

主力の包丁、明治末ごろに手がけるようになった料理道具にしても、「ひとつひとつの手間を惜しまぬように」職人と共に、有次の刻印を入れるに値する品質に仕立てていくことがすべてで、気が抜けないところだと。
「職人さんがひたすら手を動かしても、1日にたくさんはできません。そこをなんとか、とお願いするのが僕らの役目。工房の作業を見ると、あんなに一生懸命つくっているものなのだから、きちんとお客様に届けなければと身が引き締まります」と専務の寺久保吉雄(てらくぼよしお)さん。

真鍮(しんちゅう)を使うことで繊細な表情が出る抜き型。150種以上あり小1個1,210円(税込)から

手わざにこだわるため、新商品の登場は稀。同じ顔ぶれが並ぶのに、新鮮に目に映るのは、見せ方の工夫を常にしているのだとか。
最近では槌で名入れを行うコーナーの棚の下を空ける工事をしたそう。「最近はキャリーバッグのお客様が多くて。ここに収めてもらえば、みなさん歩きやすいから」。
何百年と続く店の理由がひとつわかった気がしました。

左/端整に商品が並ぶ様子も、茶味なり。右/切れ味抜群、余計な装飾のない洗練されたデザインが有次の包丁。お茶関係の人には茶杓を削る小刀が人気

有次 錦店 ありつぐ にしきみせ

住所:京都市中京区錦小路御幸町西入ル鍛冶屋町219
電話:075-221-1091
営業時間:10時~17時 水曜、1月1日~3日休 

撮影/篠原宏明 構成/藤田 優 ※本記事は雑誌『和樂(2018年4・5月号)』の転載です。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

Eat the best Kano-gani at the famous Kanazawa ryotei restaurant 'Nihonryori Zeniya (日本料理 銭屋)'!

和樂web編集部

毎日食べても飽きない味!創業105年「大正製パン所」後編【京都人の愛する「街のパン屋さん」2】

和樂web編集部

ころもからあんこが透けて見える!大阪「出入橋 きんつば屋」【美味しい!美しい!あんこ銘菓名店GP!】

和樂web編集部

震災からの復興を導いた「町全体でひとつの宿」のコンセプト。「西村屋本館」その2【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア