日本文化の入り口マガジン和樂web
12月5日(日)
慶良間見しが、まつげ見らん(沖縄のことわざ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月3日(金)

慶良間見しが、まつげ見らん(沖縄のことわざ)

読み物
Travel
2021.10.16

心優しいROCKなヤンキー!日本一高い水族館に生息する「マナやん」大人気のヒ・ミ・ツ♡

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

あなたは「マナやん」をご存じだろうか……?

えっ、マナやん知らない人、いるの!?

古に源氏と平家の合戦の場であった香川県高松市の屋島。古戦場を臨む屋島の山頂に“それ”は確かに存在しているのだ。無論、人ではない。しかし人の言葉を巧みに操り、出会った人の心を鷲づかみにするという。目撃者の多くはその姿かたちは希少生物であるマナティに似ていると証言するがその正体は未だ闇の中。取材班はその姿を追って屋島山頂に向かった……。

源平合戦古戦場を見下ろす屋島山頂に……

かつて源氏と平家が激しい戦いを繰り広げた源平古戦場を臨む屋島頂上にあるのが「新屋島水族館」です。1969年に「屋島山上水族館」としてオープン。一時閉館となりましたが存続の声にこたえて「新屋島水族館」としてリニューアルオープンしました。日本で一番高い場所にあり、動物たちとの距離が近いアットホームな水族館として県内外から多くの人が訪れます……。

とキレイに始めようとした時、水族館の入り口でお客さんを迎える水色の巨大生物発見!

「ようこそデニー〇へ!ようこそデニー〇へ!」

やれやれ…ようこそデニー〇へ!じゃないよ……。
うろたえるお客さんをモノともせず、しょっぱなから絶好調のようです。
噂の「マナやん」をあっさり発見。早速インタビューを試みることにしましょう。
「ちょっと待って! そもそも“マナやん”って何?」と思ったアナタ。ごもっともです。
ここで“マナやん”について少しご紹介しておきます。

「マナやん」
2019年7月生まれ。1歳の男の子のマナティ。新屋島水族館公認キャラ。非公認屋島観光大使&わかさ生活非公認ブルーベリー広報大使&香川ファイブアローズ 未入団&瀬戸内フレスコボール親善大使。身長57m、体重550t。Twitter(@newyashimaaq)のフォロワー数は1.2万人。

なかなか手広く活動していて忙しそう!!

和樂web独占インタビュー「マナやんとは何だ」

— マナやん、こんにちは。前回「新屋島水族館」の世直し侍さんのイルカライブをご紹介した際に、無理矢理飛び入り参加されたお姿がどうやら好評のようで、今回はマナやんさんの独占インタビューに伺いました。まずはマナやん誕生のいきさつを教えてください。

マナやん(以下略):最初は日本で飼育されているアメリカマナティの6頭のうち2頭が新屋島水族館にいるということをみんなに知ってもらいたくて、館内に設置する自動販売機をラッピングした際に考えられたキャラクターだったマナ。

その後2019年7月にTwitterのアカウントを開設して現在に至るマナ。

マナやんに出会うまで「マナティ」っていう動物を知りませんでした!

KISSと横浜銀蝿、ローリングストーンズがルーツ

— マナティをモチーフにしたゆるキャラにしては少々パンチがありすぎる“いで立ち”じゃないですか?気になることだらけなんですけどまず片目が星になってるのは…?

ロックバンドのKISSマナ?知らないマナか???オイラをデザインした作者の個人的な趣味マナ!

— えええええ。やっぱり。ロック好きなんですね。ではマナやんの“やん”ってもしかして…

よくわかったマナな!ヤンキーのやんだマナ。横浜銀蠅に影響を受けたマナ!ヘアスタイルもリーゼントでRockにキメてるマナ。

— そのリーゼントなんですけど、キャベツですよね??

キャベツの中は賃貸になっていて現在は“おおかわくん”というタンス担ぎが得意な青虫が間借りしてるマナ。でもかれこれ13ヵ月も家賃滞納しているマナ。もう1匹“にいぬまくん”もいたんだけど家賃が高いからと出て行ったマナ。

— 昭和なエピソードを放り込んできましたね。まさか“にいぬまくん”ってレース鳩が好きな“にいぬまくん”じゃないでしょうね……。

何のことマナ~~~~~~~?頭のキャベツはお腹を空かせたお友達に食べさせてあげているマナ!

— そのエピソードはだいぶ有名キャラとかぶってるからダメですよ。ちなみにマナやんのRockはどこからスタートしたんですか?

前世でローリングストーンズの東京公演を見て感動した時からマナ!

— マナやんが思うRockな生き方って伺ってもいいですか?

内田裕也さんマナ!!

ちょっと~マナやん、何歳!?

SNSは誰か1人でも見る人が嫌な気持ちになる言葉は使わない

— マナやんはTwitterを日々更新していてフォロワーも1.2万人とか。凄いですよね。時々荒ぶって偉い人から叱られたりしていますけど。ちょっと真面目な話になりますが更新頻度もそうですがSNSを活用する中で気をつけていることはありますか?

人を傷つけないこと。誰か1人でも見る人が嫌な気持ちになる言葉やエピソードは発信しないようにしているマナ。でも偉い人には強く言うマナ。

和樂webも「人を傷つけないこと」はとても大切にしています。

ファンから人生相談を受けることも

— ファンの人との交流にも積極的ですよね。

「今日水族館に行くのですが、マナやんはいないんですか?」というメッセージをもらったら可能な限り会える時間を作るようにしているマナ。遠い所からわざわざ屋島水族館まで会いにきてくれたのに、会えないなんてガッカリさせたくないマナ。時にはDMで人生相談をしてくるファンの人もいるマナ。ちょっと重めの相談もあるマナが相談してくれることが嬉しいから精一杯応えているマナ。

— マナやんのスタイルがカッコいいしRockですね。ショップではマナやんのグッズも大人気のようでした。

売店のスタッフから「たくさん買っていただきました」と教えてもらうとそれは嬉しいけど、正直あんまり無理はしてほしくないマナ。遠くから新屋島水族館に来てくれる。それだけで嬉しいマナ!

— おおおおおなんかカッコよくなってる!ところでマナやんこれからやってみたいことは?最近では地元企業の㈱ヤマウチさんとコラボしたりしてましたけど。

企業のコラボマナ??今進行中のものもいくつかあるけど、Microsoft、Appleからのオファー待ちマナ!G-SHOCKも作りたいマナ!

— もう。せっかくいい話になったのに。ちょっと真面目にお願いするマナ!

真面目な話、コロナ禍が落ち着いたら“マナやんバス”で皆とツアーしたいマナ!
後は…和樂webで連載を持つことマナ!日本の理不尽なことについてぶった斬るマナ!

–楽しみにしています。

あれ?あそこにいるのは新屋島水族館の名物スタッフ、中学1年生のたっくんでは?2歳から水族館に通いつめ、今では館内の案内はもちろん、イルカライブの演出スタッフとしても活躍中のたっくんにマナやんについて聞いてみましょう!
— たっくんこんにちは!

たっくん:こんにちは!たっくんです。そうですね~。マナやんはTVやSNSでも「世直し侍が調子に乗ってる」って言っていますが、ボクの印象ではマナやんこそ調子に乗ってるんじゃないの~って感じですけど!

— 敬語も接客態度もとても中学生とは思えないたっくん。客観的に分析してもらいありがとうございます。ちなみにたっくん、土日はほとんど、夏休みなどの長期休暇も新屋島水族館にいます。夢は新屋島水族館のスタッフになることだそうです。中学生のスタッフがいる水族館も日本でココだけはないでしょうか? 新屋島水族館、どこまでも闇、いや奥が深いですね!アレ?マナやん?? マナやん?どこに?

アアアアアアアアアァァァァァ~またもや~~~~!!

昭和のお父さんっぽいキャラからかファンから相談を受けることも多いというユニークなマナやん。キレッキレの辛口コメントで今日も荒ぶって活動中!でも水族館とファンの皆さんを大切に思う気持ちや自然の海を守りたいと思う気持ちは太平洋より深く広いのです。みなさんもぜひRockなゆるキャラ、マナやんに会いに香川の新屋島水族館にお出かけください。

マナやん、想像以上にいい人でした……。固定ファンがつくのも納得!!

新屋島水族館
香川県 高松市屋島東町1785-1
電話:087-841-2678
営業時間:9:00 ~ 17:00
入館料:大人(高校生~)¥1,500、小中学生 ¥700、幼児(3歳~未就学児)¥500、2歳以下(0歳~2歳)無料※クレジットカード、電子決済使用可能
駐車場:屋島山上駐車場(有料)390台
イルカライブ【平日】11:00、14:00、15:30【土日祝】イルカ劇ライブ(世直し侍出演)11:00、12:30、14:00、15:30   
新屋島水族館
Instagram:https://www.instagram.com/newyashimaaquarium/
マナやん新屋島水族館公式Twitter:@newyashimaaq
アバターイン:https://campaign.avatarin.com/1274/

書いた人

せとうちに暮らすカエル好きライター。取材先に向かう山道で迷いイノシシに遭遇した経験あり。京都国立博物館トラりんの強火おたく。ジャニヲタ。No J No Life。HP:https://ww-kitamura.com/ Twitter:@yukkisetouchi

この記事に合いの手する人

大学で源氏物語を専攻していた。が、この話をしても「へーそうなんだ」以上の会話が生まれたことはないので、わざわざ誰かに話すことはない。学生時代は茶道や華道、歌舞伎などの日本文化を楽しんでいたものの、子育てに追われる今残ったのは小さな茶箱のみ。旅行によく出かけ、好きな場所は海辺のリゾート地。