日本文化の入り口マガジン和樂web
4月22日(木)
七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
4月21日(水)

七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト

読み物
Gourmet
2019.08.26

京都は日本茶と! 東京は甘酒と! 大人気タピオカの進化ぶりがスゴすぎる!

この記事を書いた人

最近、街を歩いていると三人に一人の割合で黒い物体を飲んでる人に遭遇するほど爆発的な人気の「タピオカ」。

現在かなり激アツなタピオカ市場では、さまざまなお店が斬新な味や手法を凝らし、話題を集めています。

今回は、そんな話題のタピオカで「ニッポン」を感じられる、日本茶と甘酒にタピオカを組み合わせて大ヒット中の2軒のお店をご紹介します!

京都で口コミNo.1!日本茶タピオカ専門店「麗茶亭」

「麗茶亭(れいちゃてい)」は京都・伏見稲荷で2019年2月にタピオカドリンクの販売をスタートしました。発端は台湾人観光客のある発言でした。

「麗茶亭」を展開する(株)うるわしきは約2年前より京都で着物レンタルを展開しており、連日多くの観光客が訪れていました。そんな中、一人の台湾人観光客が、「美味しい日本茶のタピオカが飲みたい」と、代表のジョライさんに伝えたところ、今回の商品展開をひらめいたのだそうです。

京都といえば、宇治茶が有名ですが、実際に地元のお茶生産者は、対外国人へのアプローチや若者へのアプローチに苦労していました。そんな中、ジョライさんは「日本茶×タピオカ」ということを考えついたのです。

「麗茶亭」開発までの道

そうして、「麗茶亭」は2019年の2月に着物レンタル店の前の空き地でキッチンカーとしてスタートしました。するとたちまち外国人観光客や近所の人も集まりました。

その美味しさは口コミでさらに広がるようになり、グーグルマップの口コミは開店してから4ヶ月ほどで5つ星の評価が100件以上にものぼり、口コミが口コミを呼んで、美味しさが人を呼んだのです。

「麗茶亭」の快進撃は止まらない

今では名だたるタピオカビッグブランドを抑え、京都で口コミが一番多く、評価が一番高いタピオカ店となった「麗茶亭」ですが、その理由はなんといっても「お茶の美味しさ」。濃厚な抹茶はもちろん、香ばしいほうじ茶、京都定番お土産の八つ橋までさまざまな味が楽しめるのです。もちろん、日本茶はすべて宇治茶を使用しています。

「麗茶亭」は、京都・伏見発祥にちなんだロゴも印象的。伏見大社稲荷の狐をデザインしたロゴはSNSで「可愛い」と評判になり、ロゴ付きカップのコレクターまで出るほどに!

そんな「麗茶亭」が、町田ツインズ店・高円寺店・板橋店に続き、9月3日にマルイファミリー海老名に5店舗目をオープンさせます。

海老名店では、9月3日・4日の二日間限定で全ての商品が半額で飲めるキャンペーンを開催。この機会にタピオカ好きはもちろん、未体験の人も、本格的な宇治抹茶が楽しめる「麗茶亭」で京都を感じてみてはいかがでしょうか?

「麗茶亭」情報

◆住所:京都府京都市伏見区深草稲荷榎木橋町26-1
◆営業時間:11時〜17時
◆定休日:なし
公式サイト

タピオカ×甘酒! 日本酒専門店「蔵よし 有楽町」の「甘酒タピオカミルク」

日本酒専門店「蔵よし 有楽町店」にて夏季限定で「甘酒タピオカミルク」が発売されています。

「飲む点滴」と呼ばれる「甘酒」には、ビタミンB群・アミノ酸・ブドウ糖・オリゴ糖が含まれており、美容効果や疲労回復効果があるといわれています。

甘酒とミルクを組み合わせることで整腸効果もプラスされ、飲むだけで良いこと尽くしのタピオカドリンクになるのです!

もちもちのタピオカと甘酒は実は相性抜群。日本酒専門店「蔵よし 有楽町店」の女将がセレクトした米麹をつかった甘酒は甘酒独特のクセがなく、冷えたミルクと合わせることであと口もさっぱり。

期間限定ドリンクのためにデザインしたラベルは、動物が擬人化して描かれている「鳥獣戯画」に登場するうさぎがモチーフ。「蔵よし 有楽町」のロゴを組み合わせた和を感じるデザインは、浴衣や着物と親和性が高く、写真映えもばっちり。飲み終わると見えてくる遊び心ある仕掛けにもご注目!

「蔵よし 有楽町店」情報

◆住所:東京都千代田区有楽町1-10-1 B1F ※テイクアウト限定
◆提供期間:2019年8月15日(木)〜9月30日(月)
◆提供時間:月〜金曜日 14時〜22時30分
◆アクセス

※不定休日があります。
※16時以降はお時間かかる場合がございます。
※「タピオカレモンスカッシュ」は不定期でのご提供になります。

書いた人

1997年、埼玉県出身。7歳の時に初めて人前に立った時から舞台に惹かれ役者を目指していたが、色々人生に迷い現在は和樂編集部でwebやライティングの勉強を始めた。最近宗教画が気になっている。五社英雄作品が大好き。1年に3回ほどジュリ扇を振り回しながら踊り狂う時がある。