日本文化の入り口マガジン和樂web
4月21日(水)
七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
4月21日(水)

七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト

読み物
Gourmet
2019.10.01

日本国内最高の高層階、最大級の広さ!スターバックスコーヒー名古屋JRゲートタワー店

この記事を書いた人

いつもと違うコーヒーが飲みたい…。ゆったりとくつろげる素敵な空間で飲みたい…。そんな願いを叶えてくれるのが、スターバックス。
お客様一人ひとりに対する臨機応変なサービス、魅力的なレギュラーメニューに季節を感じられる新作ドリンクーー。
多くの人に親しまれているスターバックスの魅力をあげたらきりがありませんが、名古屋にも実は素敵なお店があるんです。
それは、日本一高い場所にある「スターバックス コーヒー 名古屋JRゲートタワー店」。今回はその魅力をご紹介します。

名古屋市内を一望できる抜群のロケーション

名古屋駅には「JRゲートタワー」という高層複合ビルがあります。

地下1階、地上46階建ての建物には、オフィスや商業施設、レストラン、ホテルなどがあり、中部地方の玄関口であるJR名古屋駅に直結した抜群のロケーションであるため、オフィスワーカーだけでなく、買い物客や観光客など、連日多くの人で賑わっています。
スターバックス コーヒー 名古屋JRゲートタワー店は、そのビルの15階にあります。

地上70mにあるスターバックス

実は、国内では最も高い場所にあるお店なんです。なんと地上70mに位置しており、昼夜を問わず名古屋市内を一望できます。

窓の外には名古屋城も見えます

全162席の広さ

オフィスワーカーの憩いの場をコンセプトに設計された店内は3つの空間で構成されています。広さは国内最大級を誇り、店内、テラスあわせて162席もあります。
まずは、バーカウンターのある客席スペース。窓側の座席に向かうにつれ、低いテーブルやイスが配置されており、遮るものがないので広がりを感じる空間です。

いつも多くのお客様で賑わっています。

次は、ガラス張りのオブザベーションデッキ。天井が高いので、開放感は抜群です。

最後は、緑に囲まれた62席の屋外テラス。太陽と一緒に美味しいドリンクを楽しむことができます。クリスマスシーズンから3月頃までは、期間限定でイルミネーションも施されるこのテラス。今年はどんな雰囲気になるのか楽しみです。

個性豊かなコーヒーも楽しめる

コーヒーバイヤーが世界中を飛び回って探し当て、希少で個性的なコーヒーに出合うことがあります。年間25万杯以上もカッピングを繰り返す専門テイスターが厳選したコーヒー豆を「スターバックス リザーブ`®」と呼びます。

「スターバックス リザーブ`®販売店舗」は、その希少な豆を用いた極上の一杯が味わえるお店で、現在全国に64店舗(2019年8月末現在)ありますが、名古屋JRゲートタワー店もその1つ。
オーダーごとに豆を挽き、風味を余すところなく丁寧に抽出したワンランク上のコーヒーを、ぜひカウンター席でお楽しみください。

懐かしい鉄道アイテムで表現されたシンボルツリー

訪れたらぜひ見ていただきたいのが壁一面を飾るアートパネルです。
「木々が生い茂るコーヒー農園」が使わなくなった磁器タイルや陶器の破片で見事に表現されています。

タイルや破片といった素材は、中部地方の窯元から集められたもの。

シンボルツリーのコーヒーの木は、鉄道の廃材を活用しています。

よく見ると、懐かしい鉄道アイテムも。

地域に根ざし、人と人とのつながりを大切にしているスターバックスならではのアートだと言えるでしょう。

「伝統と未来」をコンセプトにした限定マグカップ

こちらではぜひ手に取っていただきたい逸品があるんです。それは限定マグカップ“マグ飴釉(あめゆう)”。

伝統的な釉薬「飴釉」で仕上げ、底部には“未来と柔軟性”を感じさせるゴールドをさし色に施した逸品で、コーヒーの豊かな香りを味わえるよう設計された口径も魅力です。

新しい“観光名所”となりつつあるスターバックス コーヒー 名古屋JRゲートタワー店。名古屋の街を眺めながら思い思いの素敵な時間を過ごしてください。

スターバックス コーヒー 名古屋JRゲートタワー店

住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー15階
営業時間:7:00-22:00
HP:https://www.towers.jp/restaurant/detail/91

書いた人

医療分野を中心に活動。日本酒が好き。取材終わりは必ず美味しいものを食べて帰ると心に決めている。文句なく美味しいものに出合うと「もうこれで死んでもいい!」と発語し、周囲を呆れさせる。工芸であれ、絵画であれ「超絶なもの」に心惹かれる。お気に入りは安藤緑山と吉村芳生。