日本文化の入り口マガジン和樂web
10月17日(日)
世に生き飽きた者だけ、ついて来い。(土方歳三)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
10月14日(木)

世に生き飽きた者だけ、ついて来い。(土方歳三)

読み物
Gourmet
2019.10.21

北海道といったらカニ?いやぁザリガニでしょ。阿寒湖行ったらビールと一緒に食べるべし!

この記事を書いた人

ビールにハンバーガー、最高ですよね。でも、こちらのパンに挟まっているのはハンバーグでもエビでもないんです。タイトルでネタバレですが、この正体はザリガニ。しかも北海道釧路市阿寒湖産です!

えっ、北海道で、なんでザリガニ!?

2019年7月5日、釧路市にある阿寒湖遊覧船 まりもの里桟橋乗り場のすぐ隣に「BETWEEN THE BREAD Akan(ビトウィーン ザ ブレッド アカン)」がオープンしました。

乗り場に併設された建物の1階角にあるのがBETWEEN THE BREAD Akan。

このお店の名物は、なんと、ザリガニをサンドしたパン「クロウフィッシュロール」。そもそも、北海道とザリガニの関係は100年ほど前にさかのぼります。

お店の看板にもザリガニ〜〜〜〜!

1920年頃、アメリカから食用として持ち込まれたザリガニは、1930年代に摩周湖へ放流され、すぐ近くの阿寒湖にも持ち込まれた結果、自然繁殖していきました。そうして増えてしまったザリガニですが、現在は、ホテルをはじめ有名レストランで食材として高い評価をうけるまでにいたりました。…というのも、阿寒湖のザリガニは他の産地に比べても大きく、湖の冷たい水で育つために身がつまり、塩ゆででもおいしく食べられるのです!

で、肝心のザリガニサンドのお味は…?

阿寒湖産のクロウフィッシュ(ウチダザリガニ)をサンドした「クロウフィッシュロール」。ザリガニって、あの田んぼにいるザリガニ…? とちょっと不安に思うあなた。こちら、見た目も味も、驚くほどエビそのもの。癖がなく、あっという間に完食できてしまうおいしさなんです!

北海道のクラフトビール「オホーツクビール」もあわせて飲みたい!

サイズこそ小ぶりだけども、ぎゅっとつまった濃厚な甘みとぷりっぷりの身。これはもう、オマールエビといっても過言ではないおいしさ! ビールがグビグビ…止まりません!!

BETWEEN THE BREAD Akanは、ザリガニサンドのほかにも阿寒湖産のワカサギを使ったフィッシュアンドチップスなど地元食材を使ったメニューを展開しています。テイクアウトもOKなので、グリーンシーズンにドライブのお供としてもおすすめです。ランチタイムにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

オリジナルTシャツも販売中!

BETWEEN THE BREAD Akan 店舗情報

BETWEEN THE BREAD Akan
営業時間:11:00-21:00
定休日:なし
住所:〒085-0467 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-5-20

書いた人

我の名は、ミステリアス鳩仮面である。1988年4月生まれ、埼玉出身。叔父は鳩界で一世を風靡したピジョン・ザ・グレート。憧れの存在はイトーヨーカドーの鳩。