黒田直美の読み物

全26件、1-10件を表示中
旅と食
ドラマ「私たちはどうかしている」を20年先取り!? 男社会に挑んだ創作和菓子作家を直撃!

独学で和菓子を学んだ女性が、いきなり厳しい和菓子業界に飛び込んだら? まるで現在放送されている人気ドラマ「私たちはどうかしている」の中で浜辺美波さん演じる主人公のようですが、このことに20年前に挑んだアバンギャルドな女性がいたのです。それが鎌倉で工房と和菓子教室を営む「鎌倉 創作和菓子 手毬」の御園井裕子さん。 2003年に立ち上げた「鎌倉 創作和菓子 手毬」の代表である御園井裕子さん。和菓子の魅力を伝えるべく、日本全国飛びまわっている。モダンにアレンジされた和菓子は海外の方からも注目されている。神奈川県の指定銘菓でもある 練り切りをケーキのような美しさで発信! 和菓子の中でも、上生菓子と呼ば […]

芸能と文化
今年はバーチャルで祭りを楽しもう!金魚絵師・深堀隆介と考える金魚と人間の深い関係

今年はいつもの夏と違い、花火や盆踊り、縁日が各地で中止。夏の風物詩であった「金魚すくい」も目にすることができませんでした。幼い頃は祭りでとった金魚を飼うのが楽しみの一つで、あちこちの家に金魚鉢や水槽があり、ゆらゆら泳ぐ金魚の姿に癒されていたものです。私たちの夏の思い出には必ずと言っていいほど、金魚が存在していました。 (画像出典:弥富市歴史民俗資料館) 浮世絵にも描かれ、擬人化された金魚 そもそも金魚は、室町時代末期に中国からフナが変異した魚として伝えられた高級魚でした。それが江戸時代に入り、金魚売りなどが登場し、庶民も飼うことができる、今でいうペットのような楽しみ方が広がっていきました。擬人 […]

旅と食
ビルの地下で作られる銘酒「織田信長」「濃姫」。昔ながらの製法にこだわる日本泉酒造に潜入!

ただいま放映中の大河ドラマ「麒麟がくる」の美濃編の舞台として脚光を浴びる岐阜に、知る人ぞ知る江戸末期創業の「日本泉酒造」があります。ここの人気銘柄は、なんと大吟醸「織田信長」。さらには純米大吟醸「濃姫」や純米吟醸「豊臣秀吉」なども造られています。戦国時代好きであれば一度は飲んでみたくなる銘柄で、平成29年度には全国新酒鑑評会でも入賞を果たしました。 日本泉酒造のある加納地区は、織田信長が天下布武を掲げ、全国統一の拠点とした岐阜城があり、楽市楽座を開くなど大変な賑わいを見せました。また創業地の茶屋新田の近くには、豊臣秀吉が出世の足掛かりにした墨俣一夜城があります。これらのゆかりを誇りに生まれたの […]

旅と食
クイズ!日本三大大仏は「奈良」「鎌倉」あと1つは?ヒントは「麒麟」!

大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影も再スタートし、いよいよ美濃編もクライマックスに突入。岐阜の人々の誇りである稲葉山城(現在の岐阜城)が再登場します。 大河ドラマの舞台になると、新たな史実が見つかったり、埋もれていた史跡が脚光を浴びたりと、不思議発見のようなことが次々起こると言われていますが、ここ岐阜でも、大河が始まってからというもの岐阜城を中心に新たな史実が次々と見つかっています。 2020年早々、「織田信長の時代に築かれた石垣」が新たに見つかったり、美濃国の守護・土岐氏が最後の居城とした大桑城(おおがじょう)を斎藤道三が攻めた時の詳細な記述が発見されるなど、「麒麟がくる」のストーリーが現代にリ […]

旅と食
「食べる抹茶」を世界に羽ばたかせた!愛知の地方都市が世界のNISHIOになるまで

かれこれ7年ほど前、タイへの出張のためのお土産を選んでいると、タイ通の友人に「お土産は抹茶がいいよ」とアドバイスを受けた。「飲む、あの抹茶?」と聞くと、「いや、食べる抹茶」と言われ、衝撃を受けた記憶がある。その後、日本にもタイからの来日観光客が急増するようになり、お土産に大量の抹茶のお菓子を購入していく姿をテレビでもよく見かけるようになった。いつのまにやら、抹茶は「飲むもの」だけでなく、「食べるもの」へと変化していたのだ。 確かに、私たちも気づけば、抹茶アイスは定番の人気商品になっているし、チョコやケーキなどのスイーツも豊富だ。木村拓哉が主演したドラマ「グランメゾン東京」では「抹茶クリームチー […]

旅と食
みんなの笑顔のために。被災地を支援し続けたPasco敷島製パンの100年の歴史

パンをこねていると不思議と心が和らぎます。オーブンに入れたパンの焼ける香ばしい匂いには、誰もがワクワクします。新型コロナウィルスの影響で、STAY HOMEとなった時には、「小麦粉がスーパーから消える!」という現象が起こったほど、多くの人がパン作りに熱中しました。食べる楽しみだけでなく、作る楽しみも私たちの生活を潤してくれたのです。それにしても、いつからパンが、これほどまでに私たちの生活に欠かせないものとなったのでしょう。 思い返せば、給食の思い出もご飯ではなくパンでした。コッペパンに揚げパン、待ちに待った給食で食べたほんのり甘いパンの味。それは昭和生まれの世代にとって忘れられない味の記憶でも […]

旅と食
仏像を生涯に12万体も彫ったといわれる円空とは。いかにしてその数を成し遂げたのかに迫る!

今までに体験したことのない自粛生活。自分を律することの難しさやリアルに人と会えない、話せない生活は、否応なしに自分自身と向き合う時間となった。「美味しいものが食べたい!」「外に出たい!」「喋りたい!」など、あまりに当たり前だったことができないことの辛さ、もうこれは修行以外の何物でもない! そう思い、血迷いながら占いにはまったり、瞑想してみたりするものの、心落ち着かない私は、考えあぐねた結果、一つの答えを得た。「そうだ、仏像を彫ろう!」。仏教美術の知識にうとい私でも、仏像を見るとなんだか心落ち着くではないか。しかし思い立ったのもつかの間、すぐに壁にぶち当たった。何を隠そう、私は子どもの頃から家族 […]

工芸
家飲みにもおすすめなおしゃれ枡!ジョッキ・マグ・インテリアにもなる、大橋量器の変わり枡

「STAY HOME」という言葉が定着し、今までとは違った生活の中で、SNSには布マスクをはじめ、いろいろな手作りのものがアップされています。各自工夫を凝らし、「STAY HOME」を楽しむ様子に、改めてものづくりの国なんだと、日本の良さを再発見。手作りの良さを見直したり、少し前の暮らし方からヒントを得たり。それってとても素敵なことですよね。 この自粛で新たなブーム? となっているオンライン飲み会ですが、これも家飲みの共有バージョン。一味違った楽しみも広がっています。そんな家飲みにおすすめしたいのが、日本古来から使用されている「枡」です。「枡」で日本酒を飲むなんて、ちょっと敷居の高い日本料理屋 […]

芸能と文化
「麒麟がくる」サイドストーリー?93歳で「関ヶ原の戦い」に参戦した大嶋雲八の豪快エピソード

最近、寝ても覚めても、この武将のことが気になって仕方がないのです。『九十三歳の関ヶ原』(近藤龍春著/新潮社)に登場する弓大将こと大嶋光義(おおしまみつよし)、後に雲八(うんぱち)の存在を知ってからというもの、現世に生きる男たちが霞んでしまうほどなのです。こんなにも圧倒的な存在感を持ったお方、見たことありません!これが2次元の恋というもの? 弓だけで戦乱の世を駆け抜けた 大島光義という弓名人 戦国時代に槍の名手、刀の名手、そして鉄砲の名手と武勇伝を持った武将たちが、しのぎを削って戦っていた中、弓一本であの「関ヶ原の戦い」の大舞台に出陣していたというのです。それも93歳で! 年を重ねたからなのでし […]

旅と食
キャビア作ろうぜ!驚きの働き方改革!愛知県豊根村のチョウザメ養殖物語

新型コロナウィルスの感染拡大で、在宅勤務を突然言い渡され、あれよあれよという間にオンライン会議などで右往左往しているあなた、「ボーッと生きてんじゃねえよ」とチコちゃんからだけでなく、あちこちから叱られていませんか。このままボヤボヤしていたら、本格的に「働き方改革」の波に振り落とされてしまうかも。えっ、でも、ちょっと待って! そもそも「働き方改革って何よ?」と今更ながら思っている人も多いと思うので、改めて、厚生労働省の発表するガイドラインの定義を見てみると……。 「働き方改革とは、個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、自分で「選択」できるようにするための改革です。」 「多様で柔軟」「自分で選択 […]

全26件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介