日本文化の入り口マガジン和樂web
9月23日(木)
元始、女性は太陽であった(平塚らいてう)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月22日(水)

元始、女性は太陽であった(平塚らいてう)

読み物
Gourmet
2019.09.19

飲めば飲むほど健康に! ゆずの香りに癒される「季節のくだもの茶」は見逃せない!

この記事を書いた人

「日本文化を現代に再構築」がコンセプトの日本茶スタンドカフェ「八屋(はちや)」は、厳選した茶農園の茶葉のみを使用し、お茶のラテでは和三盆、スムージーでは白餡で甘さの工夫をするなど、和の素材にこだわったスタンドカフェ。そんな八屋から大人気シリーズの第四弾となる「季節のくだもの茶」が今年も2019年10月8日から12月26日の期間限定で販売されます。

風邪予防にも冷え性改善にも!これからの季節にぴったりなドリンクを見逃さないで!

季節のくだもの茶ゆずきち[長門ゆずきち×カネ十特選茶]

“長門ゆずきち”シロップのまろやかな酸味に、渋み・甘味を兼ね備えたコク深い味わいのカネ十特選茶を合わせ、日本茶の深みが際立つさっぱりとしたお茶。“長門ゆずきち”ならではのさわやかな香りもポイントで、煎茶のカテキンによる殺菌作用もあるので、風邪予防にもおすすめです!

「季節のくだもの茶ゆずきち[長門ゆずきち×カネ十特選茶]」600円(税込)[ホット・アイスあり]

季節のくだもの茶ゆずきち[長門ゆずきち×ほうじ茶]

ほうじ茶特有の香ばしさとすっきりとした味わいに“長門ゆずきち”シロップの甘酸っぱさが絶妙にマッチしています。ほうじ茶は、煎茶に比べてカフェインが少なく、香ばしい香りにはリラックス効果や冷え性改善効果があるのでこれから寒くなる季節にぴったり!

「季節のくだもの茶ゆずきち[長門ゆずきち×ほうじ茶]」580円(税込)[ホット・アイスあり]

「季節のくだもの茶」ってなに?

四季の移り変わりを日本茶で表現したいと考え、季節の果物を使用したオリジナル自家製シロップとお茶を合わせた八屋オリジナルの商品。今回の期間限定商品で使用される、“長門ゆずきち”は山口県藤井農園で収穫され、まろやかな酸味とさわやかな香りを放ち、皮が柔らかく種が少ないのが特徴的です。

日本茶スタンド八屋 店舗情報

・千駄ヶ谷店

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-8
営業時間:9時〜19時(L.O 18時45分)
定休日:土曜・日曜・祝日(夏季冬季休暇あり)

・代官山店

住所:東京都渋谷区恵比寿1-16-9
営業時間:9時〜19時(L.O 18時45分)
定休日:なし(冬季休暇あり)

日本茶スタンド八屋公式サイト

書いた人

1997年、埼玉県出身。7歳の時に初めて人前に立った時から舞台に惹かれ役者を目指していたが、色々人生に迷い現在は和樂編集部でwebやライティングの勉強を始めた。最近宗教画が気になっている。五社英雄作品が大好き。1年に3回ほどジュリ扇を振り回しながら踊り狂う時がある。