日本文化の入り口マガジン和樂web
12月5日(日)
慶良間見しが、まつげ見らん(沖縄のことわざ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月3日(金)

慶良間見しが、まつげ見らん(沖縄のことわざ)

読み物
Gourmet
2019.10.06

纏うクリームがドレスみたい! 思わず見惚れちゃうモンブラン4選

この記事を書いた人

神戸生まれのパティスリー「アンテノール」が2019年10月1日(火)〜11月12日(火)の期間限定で“秋のモンブランフェスタ”を開催! 定番から斬新なクリームを使用したモンブランまで、多彩なスイーツをご紹介します!

さまざまな味を堪能! あなたはどのモンブランを選ぶ?

モンブラン

ヨーロッパ産マロンペーストをブレンドした香り豊かなクリームで、香ばしいフィヤンティーヌ(=クレープ生地をごく薄くのばして焼き、細かく砕いたもの。)と栗入りクリームを包んだアンテノール定番のモンブラン!

「モンブラン」1個550円(税抜)

和栗のモンブラン

宮崎県日之影町で生産され、香り高く栗きんとんの材料としても人気がある「高千穂ひのかげくり」を使用したクリームと、ほうじ茶のクリームブリュレを香ばしいガレットにのせた商品。クリーム・栗・ガレットの食感のコントラストがたまらない!

「和栗のモンブラン」1個650円(税抜)

むらさき芋のモンブラン

九州産むらさき芋のコクと甘みを生かしたクリームでさつま芋を包み、チョコアーモンドケーキにのせた商品。クリームの絞り方も通常の「モンブラン」とは少し違い、こだわりが見える斬新なモンブランです。※10月20日〜10月31日はハロウィン仕様のデザインに変更。

「むらさき芋のモンブラン」

「むらさき芋のモンブラン」1個570円(税抜)

ルビーチョコレートのモンブラン

ルビーチョコレートのガナッシュクリームを、ライムのホワイトチョコレートムースに重ねたモンブランです。「ルビーカカオ豆」から生まれ、第4のチョコレートとして話題のルビーチョコレート。その甘酸っぱい香りが口の中に広がります!

「ルビーチョコレートのモンブラン」1個650円(税抜)

※本情報は2019年10月3日時点の情報です。

アンテノール 公式サイト

書いた人

1997年、埼玉県出身。7歳の時に初めて人前に立った時から舞台に惹かれ役者を目指していたが、色々人生に迷い現在は和樂編集部でwebやライティングの勉強を始めた。最近宗教画が気になっている。五社英雄作品が大好き。1年に3回ほどジュリ扇を振り回しながら踊り狂う時がある。