日本文化の入り口マガジン和樂web
9月21日(火)
この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん(一休宗純)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月20日(月)

この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん(一休宗純)

読み物
Gourmet
2019.11.15

渋谷スクランブルスクエアを食べ尽くせ!注目おやつとランチをチェック&チェック

この記事を書いた人

渋谷スクランブルスクエアとは

11月1日、渋谷エリアにオープンした〈渋谷スクランブルスクエア〉は、地上47階建て・高さ約230mの複合商業施設。

日本初上陸や渋谷エリア初出店など、全213店舗のショップ&レストランを始め、東京の街並みを一望できる日本最大級の屋上展望施設〈SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)〉がある、この秋注目の施設です!

そんな〈渋谷スクランブルスクエア〉で、手土産にもぴったりなおいしいおやつ&グルメを厳選してお届けします。

あのエシレの渋谷限定カヌレも!手土産は1Fのスイーツエリアへ

久しぶりに会う友人や、取引先への手土産を買いにサクッと立ち寄れるのが、1Fのスイーツエリア。渋谷エリア初出店となるショップが多く、和菓子から洋菓子まで幅広いセレクトが楽しめます!

まずご紹介するのは、〈エシレ・パティスリー オ ブール〉。
フランスの伝統製法を守って作る「エシレ バター」は、芳醇な味わいで根強い人気の発酵バター。そんな「エシレ バター」と厳選された素材を使った焼き菓子は、味にこだわるグルメな女性も絶賛の一品。店内で焼き上げる「フィナンシェ・エシレ」は、バターとアーモンドの香り高さにうっとり。

渋谷スクランブルスクエア限定で登場するのは、「カヌレ・エシレ」。

ここでしか食べられないカヌレはとにかく濃厚!通常よりもバターを3倍使ったというカヌレ、バターのうまみがじゅわりと口に広がるリッチな味わいは、ぜひ試していただきたい!数量限定での販売です。

次にご紹介するのは、〈TAICHIRO MORINAGA〉。
“お菓子をこえる、「をかし」な体験を”をコンセプトにした森永製菓のショップです。渋谷スクランブルスクエアのオープンに合わせて新発売するのは、キッコーマンと共同企画した「ガトー醤油ショコラ」。

森永製菓のチョコレートと、キッコーマンの醤油をコラボレーションさせた、和洋折衷なおやつが登場します。厳選されたハイカカオチョコレートを使い、キッコーマンの醤油で味に深みをプラス。ほんのり和の味わいを感じられるスイーツは、ちょっと珍しいものが好きな方への手土産におすすめ。

レトロなパッケージにも注目!森永製菓とキッコーマンでかつて使われていたポスターや商品画像を使ったデザインは、レトロ女子釘付けのキュートさです!

渋谷エリア初出店の〈coneri〉は、静岡のお土産といえば「うなぎパイ」の春華堂が手がける、手ごねパイ専門店。

100%国産の小麦粉と、大豆由来で食塩不使用の酵豆粉(こうずこ)を独自にブレンドした“こねり粉”を使い、パイ職人の職人技で仕上げています。1000層のパイはサクサクでかろやかな食感がクセになります!

また豊富なディップもあり、甘党からしょっぱい党まで味の変化がたのしめるのが最大の特徴。「ブルーベリー&クリームチーズ」は3時のおやつに、「カマンベールバジル」は夜のおつまみにもオススメです。自由自在なパイは老若男女問わず喜ばれそう!

ハチ公最中からラム酒が香る水羊羹まで⁉︎ここでしか買えない和菓子をチェック


〈銀座甘楽〉では、渋谷店限定の御餅最中をチェック!甘すぎないやさしい味わいのつぶあんを求肥で包んだ最中は、犬好きの人への手土産にどうぞ。渋谷といえば、ハチ公。並べると狛犬のようでキュートですね。

創業214年目の〈船橋屋〉の姉妹ブランド〈船橋屋こよみ〉から、渋谷店限定で発売されるのは、和スイーツ「くず餅乳酸菌®️入り大人の水羊羹」。

自家製あんこを使った水羊羹にお酒をプラスした、まさに大人のためのおやつ。水羊羹を口に近づけると、洋酒のいい香りがふわっと漂います。後味がさらりとしているのは、オリゴ糖を使って自然な甘さに仕立てているからとのこと。瓶詰めの水羊羹という斬新なパッケージは、アルコールが飛ばないようにという配慮から。「えっ!これ水羊羹なの?」と驚いてもらえると同時に、本格的な洋酒の味わいや香りも楽しめるので、お酒が好きな方への手土産におすすめ!「ジン」と「ラム」の2種類から選べます。

あんぱんと牛乳をセットで楽しめる、レトロかわいいスタンド


地下2Fで注目したいのは、〈木村屋〉が手がけるあんぱんと牛乳がメインの〈キムラミルク〉。

ここでしか食べられない「渋谷あんぱん」は、ふわっとした生地の中にホイップした柔らかいこしあんが入っています。

レトロなロゴやパッケージデザインもかわいいので、手土産にもぴったり。小腹が空いたときに、サクッと立ち寄ってあんぱんと牛乳をテイクアウトするというのも、渋谷っぽくなくて新鮮!目新しい美味しいものも食べたいけど、素朴なおやつが食べたい日だってありますもんね。

ハワイ発のヴィーガン レストランカフェのデリは必食!


テイクアウトのランチでオススメしたいのは、ハワイ発のヴィーガンレストランカフェ〈Peace Cafe Hawaii〉。ハワイのグルメランキングで1位になるなど、大注目のデリです。

動物性食材や卵、乳製品などを使わずに作ったデリからスイーツまでずらり。
見た目の華やかさにこだわりつつも、きちんと美味しく体にも優しいごはんは、選べるプレートランチがおすすめ!

「ヴィーガンロコモコ」は、ハンバーグと目玉焼きのように見えて、実はどちらも豆腐由来のもの。

ヘルシーなのに食べ応えがあるメニューは全部制覇したくなるほど!

カラフルなスムージーも、素材本来の味わいが楽しめるのでランチのお供にぜひ。

秋から変わる、渋谷の街並み。美味しい手土産やデリを探しに渋谷スクランブルスクエアの食を楽しんでくださいね。

渋谷スクランブルスクエア
公式サイト:https://www.shibuya-scramble-square.com

書いた人

浅草育ちの街歩きエッセイスト。散歩好きの女性に向けて「知られざる街の魅力」を届けるWebマガジン「かもめと街」を運営。年間400軒の店めぐりでガイドブックに載らない場所を渡り歩く。街の喫茶店、中華屋などレトロな店が好き。散歩が好きなのに地図が読めない方向オンチ。