日本文化の
入り口マガジン
11月25日(水)
権威は尊敬に値しない(ファインマン)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
11月25日(水)

権威は尊敬に値しない(ファインマン)

読み物
Art
2016.10.31

和樂12月号発売!2016年秋、史上最大の北斎ブームがやってくる!

この記事を書いた人

和樂公式キャラクターアンドリューの素顔がついに公開!

みなさんこんにちは。和樂公式キャラクター・アンドリュー橋本です。前編集長というキャラ?から和樂の公式キャラクターへとキャラクターの変更がだいぶ板についてきたなぁと思う今日この頃ですが、みなさんお元気ですか? 私は元気です。

なんて思っていたところ、私から編集長の座を奪ったにっくきセバスチャンが私がすごーく気に入っている窓際のデスクに来てこんなことを言うではありませんか!「へい、アンドリュー、君は和樂の公式キャラクターになったのになぜ顔を出さないんだい?もしかして君、自信がないのかい?」

元上司に対して、しかも入社時赤入れから教えてもらった大先輩に対してなんと言う暴言、いくら和樂の暴君シロチョフ(セバスチャンの本名は「しろう」っていうんです)とスタッフから恐れられているセバスチャンでもさすがにこれは許せませんよ!

自他共に認める前近代的な編集者である私は、「編集者は黒子であるべし!決して前に出てはならない」というS学館のカリスマ編集者、M井師匠の言葉を頑なに今まで守って来たのです。

しかし師匠、自信満々なあいつは許すことができません! 鉄の掟を破ることをお許しください! プリーズ・フォアギブ・ミー!というわけで初公開和樂公式キャラクター・アンドリューの素顔はこちら!

北斉帽子橋本さん

和樂北斎祭りがはじまりました!

え!アンドリューって犬だったの? しかも、アンドリューなのに、スコティッシュ・ディアハウンドとかじゃなくて日本犬! 冗談はさておき、毎号前置きが長くなって恐縮ですが、私がかぶっているレザーハットどうですか?ちょっとかっこよくないですか?この帽子は名付けて「北斎妖怪レザーハット」(そのまんまやん!)和樂編集部が日本屈指のレザーブランドと共同で開発した自慢の逸品です。そう! この帽子でわかるように和樂12月号では大大大北斎祭りを開催しています。

和樂12月号発売!この秋、史上最大の北斎ブームがやってくる!

11月22日すみだ北斎美術館開館!

え? なんで今北斎なの???? よくぞ聞いてくれました!もうご存知だと思いますが、この11月22日!北斎のふるさと、墨田区に北斎専門の美術館であるすみだ北斎美術館が開館します!開館が近づくにつれてだいぶメディアでも取り上げられるようになってきましたが、和樂ではいち早くこのすみだ北斎美術館の情報を紹介しています!

先日、オランダのライデンで長らく作者不明とされてきた作品が、実は北斎によるものだったというニュースが報道され、日本中が「わいやわいや」となり、北斎の存在感の大きさがあらためて浮き彫りになりました。さらに、すみだ北斎美術館の開館を皮切りに、2017年は日本のみならず海外でも大きな北斎の展覧会が開催されます。これは史上最大の北斎ブームがやってくる!ことは間違いありませんよ!

WRKFweb084-085

北斎特集&二大付録で今月も熱狂!

今回の特集「スゴイぞ!北斎」では、北斎が描いたものがいかにしてニッポンの美になっていったのか?あるいは十大名作に込められた技とアイディア、さらには、人間は海をどう描いて来たのか?の大研究まで、あの手この手で北斎先生の絵の秘密にせまります。

WRKFweb072-073

 さて、恒例の和樂付録祭りは、今号も「二倍、二倍!」でお送りする北斎二大付録。まず名物のカレンダーは「北斎絶景カレンダー」!数多ある北斎の名作の中から「絶景」を舞台にしたものだけを12枚選びカレンダーに仕立てました。そして、何かと手紙を送ることが多いこの季節のために、北斎”和ごころ”レターセット。これはほんと、デザインも秀逸で誰かに手紙を書きたくなること間違いなしですよ!

北斎カレンダー_表1スクリーンショット 2016-10-30 10.03.36

そして、和樂の新スタッフ典(のり?てん?)が、企画した北斎グッズは、「妖怪レザーハット」「北斎漫画パスポートケース」「北斎切子ブルー&レッド」「Fujisanストール」など、数々のファッション誌でキャリアを積んだ典ならではの出来栄えとなっています。こちらはすべて和樂で購入可能ですよ!

北斎切り子北斎ストール

和樂12月号は11月1日全国発売!

これで終わり?いえいえまだまだ終わりません!第二特集の「茶箱って楽しい!茶箱ってかわいい!」は、茶の湯をはじめたい方にぴったりの茶箱のアイディアが満載。箱にきゅっとつめられたかわいい道具たちを見るだけでも楽しいですよ。さらに「宣言!寄り道こそ旅である」「晩秋の大和路を行く」「ドナルド・キーン×室瀬和美対談」など、今月も盛って盛ってでお送りする和樂12月号をどうぞよろしくお願い申し上げます。

和樂12月号ご購入はこちらから!