齋藤 久嗣の読み物

全74件、1-10件を表示中
日本美術
浮世絵は江戸時代の後も作られていた!?特別展「明治錦絵×大正新版画-世界が愛した近代の木版画」レポート

「えっ、浮世絵って江戸時代の後にも作られていたの?!」 そう驚きの声を挙げたのは、浮世絵展にいまだ足を運んだことがない僕の妻。どうやら、北斎亡き後、浮世絵は終わったと勘違いしていたようです。 そんな僕も妻をバカにできません。脱サラしたことがきっかけで本格的に浮世絵展に通うようになった5年前までは、自分もほぼ同様に考えていました。浮世絵は北斎や広重亡き後、後継者不足によって廃れてしまった伝統工芸(?)なのだと。しかしそれは大きな誤解でした。 江戸時代以降、教科書に載るような超大物こそ輩出されなかったものの、明治~大正~昭和と優れた浮世絵は作られ続けました。嬉しいことに近年では、こうした明治・大正 […]

日本美術
南国のビーチも東大寺も!三好和義さんの幻想的な「楽園写真術」に迫る!

厳しい残暑が続く2020年の夏。本来なら、「夏だ!ビーチだ!リゾートだ!」と、そんなウキウキした気分になる季節ですが、あいにく今年は世界的なコロナ禍の真っ最中。遠い南国リゾートへと飛ぶこともできません。今年の夏は、自宅でゆっくりするか、、、と我慢の巣ごもり生活を続けていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 しかし、たとえ楽園リゾートに行けなかったとしても、「限りなく楽園に近い開放的な気分を体験できる」ならどうでしょう? そこでおすすめなのが、「楽園写真家」として著名な三好和義さんの写真作品。 三好さんは、高校在学中、沖縄をテーマとした写真展を初開催して以来、南国リゾートから古都の聖地まで、 […]

日本美術
江戸時代の寿司、デカすぎ!和食の意外なルーツを楽しく学べる「おいしい浮世絵展」レポート

日本人が世界有数の長寿民族である理由の一つが、和食であると言われています。江戸時代に原型が完成した理想的なバランス健康食「和食」は、2013年にユネスコの世界無形文化遺産にも登録されました。 では、和食のルーツを学びたい!知りたい!と思った時、私達はどこを探せばいいのでしょうか。 実は、意外なところにその手がかりがあるのです。それが「浮世絵」です。 浮世絵には様々なジャンルがあります。 歌舞伎役者のブロマイド代わりだった「役者絵」や、町娘や吉原の遊女など様々な女性を描いた「美人画」、そして各地の名所を丹念に特集した、旅行ガイド代わりにもなった「名所絵」など。そして、それら全てに共通して頻出する […]

日本美術
脱サラして「通い詰めた」!アートマニアがとっておきの浮世絵展攻略法を教えます!

2020年夏も「美味しい浮世絵展」(森アーツセンターギャラリー)「The UKIYO-E 2020」(東京都美術館)など、浮世絵の展覧会が目白押し。近年、アートや美術鑑賞がビジネスパーソンにとっての教養として注目され始めている中、近代西洋美術へ多大な影響を与えたとされる浮世絵にも関心が集まってきているようです。 これを受け、最近は浮世絵の入門書や画集の刊行点数もうなぎのぼり。初心者にもわかりやすい良質な解説書が簡単に手に入るようになってきました。 しかし!!! 専門家が浮世絵そのものを解説した入門書はあっても、不思議なことに「浮世絵展」での楽しみ方や鑑賞法について指南してくれる入門書は、どこを […]

日本美術
和樂web特選!「The UKIYO-E 2020」ここでしか見られないオススメ作品10点を一挙紹介!!

この夏最大の浮世絵展「The UKIYO-E 2020」がついに開幕!約450点もの浮世絵が一堂に会するのが本展の魅力のひとつですが、「作品数が多すぎて何から見ていいかわからない……」そんな方もいらっしゃると思います。そこで、数々の美術作品をみてきた筆者が、とっておきのオススメ作品を短評付きで10作品ピックアップしてご紹介!「赤富士」「神奈川沖浪裏」「東海道五拾三次之内」といったメジャー作品は敢えて外して選んでみました! 展覧会公式サイト オススメ作品1:鳥居清長「大川端の夕涼み」 鳥居清長「大川端夕涼み」重要文化財 大判錦絵 天明4年(1784)頃 平木浮世絵財団/展示期間:7月23日[木・ […]

日本美術
いよいよ開幕!この夏最大の浮世絵展「The UKIYO-E 2020」見どころ徹底紹介!【1万字レポート】

2020年7月23日から約1ヶ月半、過去最大規模の凄い浮世絵展が東京都美術館で開催されます。その名も「The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション」。珍しいことに、日本美術の展覧会なのに、展覧会の正式名称が英語表記になっています。斬新ですね。東京オリンピック開催期間中に始まる予定だったため、日本だけでなく来日観光客にも幅広く見てもらおうという趣旨だったのでしょう。ご存知の通り、残念ながらコロナ禍によってオリンピック開催は1年延期となりましたが、展覧会自体は無事開催の運びに。「日時指定入場制」などコロナ対策を万全に期した上でスタートします。当初予定されていた約450点の作品は […]

日本美術
見開き1メートル!前代未聞の巨大なアート本「SUMO本」が開く新しい読書体験とは?

「なんだこれは!デカい!!」 緊急事態宣言が解除された翌日、懇意にしている小学館・文化事業室の担当編集者・H氏から「小学館で『SUMO本』という新レーベルが立ち上がるので、一度その実物を編集部まで見に来ませんか?」と誘われた僕が、小学館の会議室で実物と対面させてもらって思わずもらした一言です。 『東大寺』と表紙に書かれたその本は・・・いや、すでにこれはもう本ではない何か別のものにしか見えなかったのですが、天地690mm、見開き約1000mmと今まで見たこともない巨大なサイズでした。まさに圧巻の一言。 なぜこんなバカでかい書籍を出版することになったのだろう・・・そう思ってH氏に聞いてみたところ、 […]

日本美術
カレーを食べ歩くように鑑賞すべし?!「現代美人画」の魅力と楽しみ方【ぎゃらりい秋華洞店主ロングインタビュー】

「美人画」というと、どんな作品が思い浮かびますか? 吉原の花魁(おいらん)を描いた浮世絵や、上村松園(うえむらしょうえん)、鏑木清方(かぶらききよかた)といった、日本画の名手が描いた近代の人物画を思い浮かべる人も多いのかもしれませんね。 ところが今、日本美術の世界でちょっとしたブームとなっているのが、20代、30代といった若手画家たちが描く現代の「美人画」なのです。写真の普及によって写実的に描く意味が薄らいだ後、美しいものを素直に表現するよりも、アイデアやコンセプトの独自性が問われるようになって久しい日本のアートシーンにおいて、人物画というジャンルは一時期完全に廃れてしまったかのようにみえまし […]

日本美術
約50枚の写真でハイライトを一気見してみる?「古典×現代2020」内覧会1万字徹底レポート

4月7日に発令された緊急事態宣言によって、首都圏や関西圏など、大都市圏の美術館・博物館では休館が続いています。楽しみに待っていた春の大型企画展もすべて開催延期か中止となっていて、アートファンとしてはやきもきする毎日が続いているかと思います。 もちろん、各美術館・博物館も手をこまねいているわけではありません。展覧会に足を運ぶことができないファンのために、Youtubeなど各種配信サービスを活用したオンラインでのギャラリートークや、Twitter、Instagramなど各種SNSで館内の展示風景や作品画像を配信してくれているミュージアムも増えてきました。 そこで、今回和樂Webでも、展示を見ること […]

日本美術
世界が注目!気鋭の切り絵アーティスト・柴田あゆみさんの作品や人物像に迫る!

「切り絵」というアートジャンルを知っていますか? カッターナイフと1枚の紙があれば気軽な趣味として誰でも簡単に楽しめる一方で、プロとして活動している切り絵作家の中には、技術の粋を尽くした物凄い超絶技巧作品を作るアーティストもいます。 実は先日、柴田あゆみさんという若手切り絵アーティストと偶然知り合う機会がありました。これまで海外を中心に活動してきており、本格的に日本で活動し始めた期待の若手アーティストです。 早速作品を見せていただいたのですが、ひと目見て作品の美しさにびっくりしました。 「さんごの街」 切り絵制作に対する確かな技術力をベースに、何枚も切り絵を重層的に重ねた彫刻のような立体感や、 […]

全74件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介