INTOJAPAN

MENU

ART

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

本格的に美術鑑賞への興味が高まってくると、春や秋に開催される大型展覧会だけでなく、普段からテーマ別に色々なお気に入りの美術館や博物館に通ってみたくなりますよね。たとえば、「運慶展」や「国宝展」を観た後、もっと深く日本美術について知りたいと思った時、良質の企画展を開催していたり、充実した常設展示が味わえる美術館はどこにあるのでしょうか?筆者も、以前本格的に日本美術について学んでみたいと考えた時、どこに行けばいいのかよくわかっておらず、必至にWebなどで調べたりしたものです。

そこで、本稿では、特に日本美術をもっと深く見てみたい、という初心者・初級者の方のために、

・いつ行っても日本美術が楽しめる企画展・常設展示がある
・初心者/初級者の方にも楽しめるよう展示が工夫されている
・観光/グルメと一緒に、気軽に楽しめる

上に挙げた3つの観点から、筆者が特におすすめしたい美術館・博物館を厳選して10館ご紹介します。それではいってみましょう。

1.東京国立博物館(東京)

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

縄文時代から近代まで、絵画・工芸・仏像・刀剣・陶磁器・茶道具・古地図等々、日本美術に関するあらゆるジャンルを網羅する、日本美術の殿堂とも言える東京国立博物館。年に数回の特別展や特集展示をはじめ、膨大な常設展示など、いつ行ってもまず間違いなく新鮮な「観る」楽しさを提供してくれます。日本美術を楽しむなら、定期的に何度でも足を運びたい博物館。筆者も2週間に1回くらいのペースでいつもワクワクしながら訪問しています。

公式サイト

2.京都国立博物館(京都)

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

東京国立博物館に並ぶ、日本最大級の日本美術コレクションを所蔵する京都国立博物館。2017年には開館120周年を迎えた、日本最古クラスの博物館です。平安京遷都以来、1000年以上の間、日本の「都」だった京都には、皇室や貴族などの公家文化や、様々な宗派の仏教美術を反映した膨大な文化財が残されました。同館では、こうした京都にゆかりの深い様々な館蔵品を中心に常設コーナーが充実。年に2回、春と秋に開催される特別展は全国から日本美術ファンが遠征する、日本屈指のハイレベルな企画展となります。

公式サイト

3.サントリー美術館(東京)

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

民間の美術館で、いつ行っても見ごたえのある展覧会を開催しているのがサントリー美術館。常設展示はなく、すべて企画展示形式で年に5,6回展覧会が開催されますが、どの展示も切り口が斬新で、目の肥えたマニアをうならせる好企画を連発。また、企画展の中で館蔵品も小出しに紹介されますが、所蔵品の中にも国宝や重要文化財を多数含む、日本屈指のコレクションを保有しています。また、終わったあとは東京ミッドタウンでグルメやショッピングが目一杯楽しめるのも良いですね。

公式サイト

4.根津美術館(東京)

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

東武鉄道の経営者、初代・根津嘉一郎が築き上げた陶磁器や茶器、日本絵画などの日本美術コレクションを核に、年6~7回のハイペースで渋い企画展を開催する根津美術館。派手なタイアップや告知を行っていない反面、展示内容は非常に硬派で真面目。「●●勉強会」というタイトルで年に1回テーマを決めて開催される日本美術鑑賞を学ぶための企画展や、音声トラック数が超大盛りの音声ガイドなど、日本美術を「見て」「楽しんで」そして「学ぶ」ことができる美術館です。庭園や併設のカフェも美しく、外国人観光客が非常に多く訪れる観光スポットでもあります。毎年4月下旬~5月下旬では、庭園の杜若(かきつばた)が満開になる時期に限定公開される国宝・尾形光琳「燕子花図屏風」は必見です。

公式サイト

5.MOA美術館(静岡)

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

観光と一緒に楽しめる日本美術の美術館といえば、熱海のMOA美術館。JR/新幹線熱海駅を降りて専用路線バスに乗れば、わずか5分程度で到着するアクセスの良さから、熱海観光の人気No.1スポットでもあります。見どころは年6~7回ペースで開催されるハイレベルな企画展。2017年に館内が大規模リニューアルされ、清潔感あふれるリッチで上品な建物は、中にいるだけでうっとりしてしまいます。計算しつくされたLED照明や最高級の展示用ガラスが使用された展示ルームも素晴らしく、特に野々村仁清「色絵藤花文茶壺」(国宝)は専用鑑賞ルームが設けられており、特別感をたっぷり味わうことができます。また、毎年2月頃に公開される尾形光琳「紅白梅図屏風」(国宝)も見逃せません。

公式サイト

6.山種美術館(東京)

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

戦前~高度経済成長期にかけて、近現代日本画の大コレクションを一代で築き上げ、日本有数のパトロンだった山崎種二。彼が保有する所蔵品をベースに、「もっと気軽に日本美術を楽しんで欲しい」という思いから立ち上げた美術館です。所蔵作品には横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂、上村松園など、巨匠たちの代表作がズラリと並び、年に6回の企画展・特別展では、同館所蔵の傑作をたっぷりと堪能できます。観終わった後、併設のカフェで展覧会のテーマごとに毎回制作されるオリジナル和菓子を頂くのも、同館の常連ファンの楽しみのひとつとなっています。

公式サイト

7.三の丸尚蔵館(東京)

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

皇居の中にある、天皇家から国庫に下賜された宝物コレクション約6000点を管理する宮内庁直轄の美術館です。文化財保護法の適用範囲外となっているため、国宝や重要文化財指定を受けていませんが、元々皇室御物だった屈指の美術品なので、展示されている作品は、事実上どれも国宝級の文化財だらけなのです。教科書で有名な狩野永徳「唐獅子図屏風」や、伊藤若冲の代表作「動植綵絵」など、日本美術の粋を集めた名品が揃っています。展示を観終わった後、広大な皇居敷地内を散歩するのも楽しいですね。入場無料なのも嬉しいところです。

公式サイト

8.細見美術館(京都)

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

京都で博物館・美術館が集まる岡崎公園付近のミュージアムの中で日本美術ファンに一番のオススメしたいのが、細見美術館です。同館は、日本美術コレクターだった細見古香庵をはじめ、細見家三代にわたって収集されたコレクションを基礎として1998年に開館しました。企画展の切り口がいつも斬新で、しばしば遠方からわざわざ細見美術館の展示を観るためだけに遠征するコアな日本美術ファンもよく見かけます。1Fの入り口から入り、地下へと降りていく珍しい展示経路。観終わった出口すぐのところにある、おしゃれなカフェレストラン「CAFÉ CUBE」もおすすめです。

公式サイト

9.足立美術館(島根)

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

フランスの旅行ガイドブック「ミシュラングリーンガイドジャポン」で三ツ星を獲得するなど、今や世界中から注目されるようになった美術館です。世界屈指の日本式庭園を目当てに、日本人・外国人を問わず、毎日団体ツアーバスで訪れる観光客で賑わう異色の美術館。しかし日本美術ファンに是非注目してほしいのは、同館所蔵の豊富な日本美術コレクションです。特に、横山大観をはじめとする院展系の近現代作家の大コレクションは必見。また、陶芸でも河井寛次郎や北大路魯山人など著名な作家の作品を多く所蔵します。レンタカーで行く方は、日本一急なスロープを味わえるラーメン構造の巨大な橋「江島大橋」の通称:ベタ踏み坂を合わせて体験してみるのもいいですね!

公式サイト

10.清水三年坂美術館(京都)

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

最後に日本美術の中でも、幕末・明治の「超絶技巧」系工芸を多く所蔵する清水三年坂美術館をご紹介します。その名の通り、京都・東山の観光スポットのど真ん中にある美術館なので、京都観光と合わせて、同館を訪れる外国人観光客が急増しています。同館を設立したのは、現役の幕末・明治期の工芸コレクター、村田理如氏。サラリーマン時代、出張に赴いたニューヨークで、幕末に制作された印籠と出会ったことで、海外に流出した明治工芸を中心に蒔絵、金工、七宝、焼き物、彫刻など、多岐にわたるコレクションを築き上げました。特に「明治工芸」を中心に、様々な部門で職人の丁寧な「手仕事」によって制作された驚異的な出来栄えの工芸品を楽しめる美術館です。

公式サイト

東京・京都に特に多い日本美術のミュージアム。観光とセットで楽しもう!

初心者にオススメしたい、日本美術が楽しめる美術館・博物館10選!

こうして見ていくと、日本美術のミュージアムは東京と京都に特に多いことがわかりますよね。日本美術では持ち運びが容易ではなく、環境変化にも弱い作品が多いので、展示期間が短かったり、お目当ての展覧会が所蔵館から離れた開催地へと巡回することはあまり多くありません。

ですから、どうしても見たい展覧会を見つけたら、お金と時間に都合をつけて、気持ちが変わらないうちに思い切って遠征してみましょう。せっかくなのでお目当ての展覧会をハシゴしたり、観光やグルメとセットで楽しんでみてくださいね。筆者もよく日本美術の展覧会を観たくて東京から京都へとよく遠征しますが、たいてい寺社参りや市内観光をセットでスケジュールに組んだり、お目当ての店を予約して食べに行ったりしています!

本稿で、あなたのお気に入りのミュージアムが見つかる助けになれば幸いです。これからも日本美術を一緒に楽しんでいきましょう!

関連情報:その他の日本美術が楽しめる美術館

●出光美術館(東京)
公式サイト

●三井記念美術館(東京)
公式サイト

●奈良国立博物館(奈良)
公式サイト

●泉屋博古館(京都)
公式サイト

●水野美術館(長野)
公式サイト

●香雪美術館(兵庫)
公式サイト

●大和文華館(奈良)
公式サイト

●藤田美術館(大阪/休館中)
公式サイト

●大倉集古館(東京/休館中)
公式サイト

文・写真/齋藤久嗣

最新の記事