CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

時田慎也

1968年、北海道オホーツクの方で生まれる。大学卒業後、アフリカのザイール(現コンゴ)で仕事をするものの、半年後に暴動でカラシニコフ銃をつきつけられ帰国。その後、南フランスのマルセイユで3年半、日本の旅行会社で3年働き、旅行関連を中心に執筆を開始する。日本各地や都内の路地裏をさまよい歩く、または右往左往する日々を送っている。

全13件、1-13件を表示中

関東随一の名湯を楽しめる三峯神社の宿坊「興雲閣」へ行ってみたらとんでもない山奥だった

時田慎也

こんなにディープな銀座見たことない!銀座の真ん中で江戸の路地をさまよってみた

時田慎也

国宝!国宝!国宝!半世紀に1度の大特別展を見に東京国立博物館へ行こう

時田慎也

気分は徳川家康!鷹の優雅な姿と鷹匠の歴史を知ってタカ?

時田慎也

シルクロードは日本にもあった!近代日本を支えた「お蚕様」を訪ねて八王子と横浜へ

時田慎也

太宰治が旅立った「玉川上水」愛と謎に満ちた史跡の宝庫を歩く

時田慎也

名物料理と露天風呂も満喫!江戸時代の一大イベント「大山詣り」を登山初心者が体験してきた

時田慎也

芭蕉はアルバイターだった!?神田川てくてく散歩が面白すぎる!

時田慎也

都心に巨大なインド建築が!?ホテルライクな宿坊「築地本願寺」最先端の異界を彷徨う

時田慎也

50代ライター時田、初めて滝に打たれてみた!奥多摩の霊山、御岳山の宿坊体験記

時田慎也

葛飾北斎の傑作『神奈川沖浪裏』にそっくりな作品が、北斎より先に作られていた!彫刻師・波の伊八の謎に迫る

時田慎也

10代目松本幸四郎さんの平蔵で話題に!『鬼平犯科帳』物語に出合う旅【東京墨田区】

時田慎也

黄金の国ジパング再発見!東京で砂金GET!採り方もこっそり教えちゃいます

時田慎也

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア