「唐代胡人俑-シルクロードを駆けた夢」大阪市立東洋陶磁美術館

「唐代胡人俑-シルクロードを駆けた夢」大阪市立東洋陶磁美術館

目次

2018年3月25日まで、大阪市立東洋陶磁美術館で特別展「唐代胡人俑-シルクロードを駆けた夢」が開催中です。

大阪市立東洋陶磁美術館加彩胡人俑 甘粛省慶城県唐開元18(730)年穆泰墓出土 高50.0cm 慶城県博物館蔵

胡人俑は、唐時代のシルクロード文化を象徴するもののひとつである、エキゾチックな風貌の胡人などの異民族を表現した副葬用の陶製人形。2001年、中国の甘粛省慶城県で発見された唐時代の穆泰墓から出土した多くの胡人俑を日本で初めて公開!

公式サイト

「唐代胡人俑-シルクロードを駆けた夢」大阪市立東洋陶磁美術館
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする