「名物 骨喰藤四郎」とは?斬る真似だけで相手の骨まで砕けた日本刀があった

「名物 骨喰藤四郎」とは?斬る真似だけで相手の骨まで砕けた日本刀があった

目次

京都国立博物館の研究員、末兼俊彦さんいわく名刀には逸話が多いもの。中でも、斬るふりをしただけで、相手の骨が砕け散った刀があったなんて不思議な話です。その名刀とは一体どんなものでしょうか。

太閤秀吉のお気に入り! 美しくも妖しい名刀「名物 骨喰藤四郎」

骨喰藤四郎ほねばみとうしろう 「薙刀直シ刀 無銘」重要文化財 鎌倉時代 山城国 吉光作 刃長58.8㎝ 反り1.0㎝ 京都・豊国神社「藤四郎」の別名をもつ粟田口吉光の作。薙刀を磨り上げて太刀にした。後に焼け身になるが再刃。

妖刀に名刀あり。斬るふりをしただけで相手の骨が砕け散ったという、仰天伝説をもつ刀です。それほどの斬れ味をもっていたのが「骨喰藤四郎」です。作り手は秀吉が愛した山城の名工・粟田口吉光。

骨喰藤四郎

175口もの名刀を所持していた秀吉が、最も愛した刀工と言われています。もとは薙刀だったものを磨りあげて短くし、太刀につくり替えてあります。秀吉はこの名刀を、大坂城の蔵の一之箱に大事に収めていたそうですが、一度焼け身になり、再度焼き入れされたため、住時の斬れ味は幻となりました。

とはいえ、直接体に触れなくてもパワーを発揮するほどキレッキレの斬れ味をもつ刀という逸話の素晴らしさ。そして刀身の美しさは抜群。龍の刀身彫にも目を奪われます。

鬼を切った名刀もあった!?「鬼切丸 別名髭切」

「鬼切丸」は、源氏を天下の覇者に導いた美しい宝刀。その名は源頼光の四天王のひとりである渡辺綱が、京都の一条戻橋で鬼を切った伝説に由来します。

骨喰藤四郎おにきりまる べつめいひげきり「太刀 銘 国綱」重要文化財 平安時代 伯耆 刃長84.4㎝ 北野天満宮

ある夜、綱が橋を渡ろうとしたところ、若く美しい女性が現れます…が、実はその正体は鬼。綱は持っていたこの太刀で鬼の片腕を斬り落とし、難を逃れたのです。その後は源平合戦で源氏に勝利をもたらし、鎌倉幕府成立後は洛中の霊社・北野天満宮の御神宝になりました。今も本殿前には、かつてこの名刀で鬼を退治できたことを天神さまに感謝する、石灯籠が奉納されています。

あわせて読みたい

「名物 骨喰藤四郎」とは?斬る真似だけで相手の骨まで砕けた日本刀があった
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする