刀剣ファン必見!令和元年に蘇った「太刀 村正」その姿を守るクラウドファンディング、始動!

刀剣ファン必見!令和元年に蘇った「太刀 村正」その姿を守るクラウドファンディング、始動!

徳川家康も所有していたと伝わる「村正」の刀。そんな日本に伝わる名刀を、少しでも多くの人が見られる、知ることができる機会を増やしたいと立ち上がったのは、三重県桑名市にある「桑名宗社(春日神社)」。2020年2月7日から、新たなプロジェクトがスタートします!

「村正」ってなんだ?

刀剣に興味のない方でも、「村正」という名前を一度は耳にしたことがあるはずです。村正は刀の名称ではありません。日本刀をつくる職人の名前です。

画像提供:桑名宗社(春日神社)

村正の刀は切れ味が凄まじく、徳川家康ら三河の武士を中心に愛用されていたと伝えられています。当時は、芸術品というよりは実戦用として重宝されていたそう。戦で使用する刀としては、最も高級と評価されていました。

桑名宗社(春日神社)ってどんなところ?

「桑名宗社(春日神社)」は、桑名神社と中臣神社の二社からなる全国的にも珍しい神社。地元では「かすがさん」の通称で親しまれています。

画像提供:桑名宗社(春日神社)

毎年8月に行われる「石取祭」は、40数台の山車が引かれる賑やかなお祭り。太鼓や鉦(かね)が一斉に打ち鳴らされるその強烈な光景・音量から、「日本一やかましい祭」としても有名で、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。

令和元年に蘇った「村正」

そんな桑名宗社には、三重県指定文化財の「太刀 村正」が2口所蔵されています。これらは、天文12(1543)年に、村正自身によって桑名神社と中臣神社に奉納することを目的として製作されたもの。奉納刀のため、製作目的や時代特徴がはっきりとしており、確かな文献資料が乏しい村正にとって、とても貴重な刀として位置付けられています。

画像提供:桑名宗社(春日神社)

第二次世界大戦の際、戦災から守るために錆防止で漆黒の漆が塗られ、疎開しました。以後その姿は封じられ、長いあいだ地刃不明となっていましたが、令和元(2019)年10月に執り行われた天皇陛下即位礼に際し、御大典記念事業として、修繕のための研磨が行われました。研ぎ師の技術によって刃文までも見事にあらわれ、令和の時代に命を吹き返したのです。

刃文が表裏揃うなど村正ならではの特徴が見られ、その作風から代表作であることも判明しています。

「村正」を永久に守り続けるには

先人の判断により戦時中焼けることなく現代に残った「太刀 村正」。この宝刀を長く残していくため、「いつでも誰でも見られる場所をつくる必要がある!」と考えるのは桑名宗社の宮司を務める不破義人(ふわよしひと)さん。

しかし貴重な「太刀 村正」は、三重県指定文化財に指定されていることから、管理や展示には大幅な制限がかかるといいます。そこで、神社の施設内で「太刀 村正」の常設展示を行うための、忠実な「写し」を製作するプロジェクトがスタートしました!

「村正 写し」の製作には多額の費用がかかるため、クラウドファンディングにより支援者を募集しています。

クラウドファンディングプロジェクト概要

画像提供:桑名宗社(春日神社)

「写し」の製作は、修繕事業にも携わっていた刀匠・上畠宗泰さんが担います。今回のクラウドファンディングプロジェクトには、上畠さんの指導のもと鋼を打つ体験ができる「鍛錬打ち始め式招待券」や、より忠実に再現するために複数本製作され選ばれなかった刀「影打ち」の所有権など、貴重かつ特別な返礼品が。そのほか、ペーパーナイフやクリアファイルなど、実用的で刀剣ファンにはたまらないコースも用意されています。

リターン一例(返礼品)

※返礼品について詳しくは公式サイトで。

【限定1名 3,000,000円】宝刀村正太刀写し 影打ち コース 
影打ち1振り、宝刀村正写し鍛錬打ち始め式参加券、宝刀村正写し手持ち鑑賞券

【限定3名 1,000,000円】短刀村正写し(宝刀村正写し余鋼製)コース
短刀村正写し、宝刀村正写し鍛錬打ち始め式参加券、宝刀村正写し手持ち鑑賞券

【15,000円】限定「村正」ご朱印帖コース
ご朱印帖、ご朱印帖袋、宝刀村正写し鍛錬打ち始め式招待券

【10,000円】宝刀村正 図録コース
図録、宝刀村正押し型、宝刀村正写し鍛錬打ち始め式招待券

【7,000円】宝刀村正 ペーパーナイフ2本コース
宝刀村正の形を模したミニペーパーナイフ、ミニチュア刀掛け台、特製クリアファイル3枚セット、宝刀村正ポストカード6枚セット

【3,000円】クリアファイル3枚組コース
特製クリアファイル3枚組、宝刀村正ポストカード6枚セット

【1,000円】宝刀村正ポストカードコース
宝刀村正ポストカード

桑名総鎮守 桑名宗社(春日神社)への「宝刀村正写し」奉納プロジェクト

支援募集期間 2020年2月7日(金)19:00〜3月22日(日)23:59
目標金額 4,000,000円
URL:https://camp-fire.jp/projects/view/226472

「宝刀 村正」特別公開

展示品 宝刀村正2振、宝刀正重2振、短刀村正2振、その他検討中
開催期間 2020年3月28日(土)〜4月4日(土)
開催時間 9:00~16:30
入場料 無料
場所 三重県桑名市本町46番地 桑名宗社境内展示室

◆桑名宗社(春日神社)
住所:三重県桑名市本町46番地
公式サイト

刀剣ファン必見!令和元年に蘇った「太刀 村正」その姿を守るクラウドファンディング、始動!
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする