アダチきむらの読み物

全27件、1-10件を表示中
芸能と文化
自分の死もネタにしちゃうゾ!「東海道中膝栗毛」の作者はご臨終もユーモアたっぷりだった

江戸時代最大のベストセラーともいわれる「東海道中膝栗毛」。弥次喜多コンビのコミカルなやりとりには、現代の私たちでもゲラゲラと笑ってしまいますよね。この作品の作者といえば十返舎一九(じっぺんしゃいっく)。彼のあふれるユーモアは、作品の中だけに止まりません。自分の「死」までもネタにして人を笑わせていたのだとか。面白エピソードとともに、一九がどんな人物だったのかを紐解いてみましょう。 「東海道中膝栗毛」をサクッとおさらい 「東海道中膝栗毛」は、1802(享和2)年から1809(文化6)年にかけて出版された滑稽本。滑稽本とは、町人の日常生活を対話式で面白おかしく取り上げた、江戸時代の小説です。「東海道 […]

芸能と文化
元婚約者を愛し続けた武田信玄の娘・松姫。「本能寺の変」が生んだ切なすぎる悲恋とは?

「外出自粛で恋人に会えず、辛いです……」。そんな声がネットやSNS上にたくさんあがっていますね。戦国時代は政略結婚が大半を占め、婚約者と一度も会わずに結婚式を迎えるなんてこともザラだったそうです。そんな時代に、手紙のやりとりで心の距離を縮め、お互いを思い続けたふたりがいました。織田信長の長男・信忠(のぶただ)と、武田信玄の娘・松姫です。今回は、このふたりの悲しくも切ない恋の物語を紹介します。 松姫7歳で婚約 1567(永禄10)年11月、織田家と武田家の同盟の証に、信忠と松姫は婚約しました。このとき、信忠11歳、松姫7歳。ふたりともまだ幼かったため、松姫の織田家への輿入れは先延ばしとなりました […]

芸能と文化
まんじゅう50個、ごはん68杯…⁉︎死にかけた参加者多数! 江戸時代の大食い大会記録

「最近、大食い系のYouTubeにハマってるんですよ〜〜」 スタイルのよい女優さんが『最新ハマっていること』の質問に対してそう答えている場面をよく目にします。なんでも、「たくさん食べたい!」という欲求を擬似的に満たしてくれるんだとか……。 大食いYouTuberが活躍していたり、グルメ系の番組で出演者が大盛りメニューに挑戦していたり、『大食い』は現代でも大人気のカテゴリ。実は、時を約200年戻した江戸時代でも、ガチすぎる大食い大会が開催されていました。なんと、死にかけた参加者もいたそうで。 目を疑う記録続出。江戸時代のやりすぎ大食い大会 江戸中の大食い自慢を集めた大会が、文化14(1817)年 […]

旅と食
どんだけ混浴したいのよ!ペリーもドン引き。日本の赤裸々すぎるお風呂事情

「お〜まいがぁ。女性が裸で平然とおる……」 混浴できる温泉や公衆浴場は多くありますが、だいたいのところは「タオルOK」もしくは「水着着用可」。「タオルNG」の混浴露天風呂もまだまだ残ってはいるようですが、女性はアワアワ、男性はウハウハしてしまいますよね(逆もまた然り)。 時を166年戻そう。 明治13(1854)年2月、アメリカ海軍のペリーさんが日本に再来航しました。そこでカルチャーショックを受けた光景がこちらです。 「ペルリ提督日本遠征記」より ペリードン引き。日本の混浴事情 「町内には男女混浴の共同浴場があり男女とも赤裸々な裸体をなんとも思わずお互いに入り乱れて混浴している。その有様を見て […]

芸能と文化
「スケジュール管理はスマホ派」に届けっ!手帳は心のバロメーターだった

オリンピック観戦、家族の誕生日、友人の結婚式……。新しい手帳に予定を書き込むとワクワクしますよね。2020年がスタートしましたが、文房具屋さんにはまだまだスケジュール帳がずらりと並んでいます。 「今年こそは、手帳をつける!」と購入しても、3月ごろには燃え尽きてしまう手帳初心者・きむら。手帳にこだわりを持つライターのみなさんに、その魅力を教えていただきました! スケジュール管理はスマホ・アプリ派のみなさんも、手帳の見方が変わるかも? 手帳の魅力教えてください! 今回、きむらに手帳の魅力を教えてくださったのは、和樂webライターのほしろみさん、あきみずさん、つばらさんの3名。実際に使っている手帳を […]

旅と食
今年もでたっ! サントリー干支シリーズ「子歳」11月5日、26日から数量限定発売

もはや年末年始の風物詩! サントリーの干支シリーズが今年も発表されました。2020年の干支「ねずみ」をモチーフにした特別デザイン。「サントリーウイスキーローヤル」、「サントリーオールド」は11月5日、「ザ・プレミアム・モルツ」は11月26日から数量限定で販売スタートします。お歳暮やお年賀はもちろん、1年間頑張った自分へのご褒美にもぴったり! サントリーの干支シリーズって? サントリーのロングセラー製品「サントリーウイスキーローヤル」、「サントリーオールド」、「ザ・プレミアム・モルツ」を、次の年の干支をモチーフにした特別なデザインです。毎年11月ごろから、数量限定で販売しています。 サントリーウ […]

ショップ
濡れたタオルもそのままOK! 銭湯ライフがもっと快適になる機能的バック

代々木公園駅から徒歩10分に位置する「BathHaus(バスハウス)」は、クラフトビールバーと銭湯・コワーキングスペースが併設するハイパー銭湯。そんな「BathHaus」プロデュースの機能的銭湯バッグ「HYPER LIGHT SENTO BAG」が、代官山 蔦屋書店で開催される「Bath & Sauna ~ リラックスの作り方~」フェアに出展されます。開催期間は、2019年10月2日(水)から10月15日(火)まで。銭湯好きのみなさん、要チェックです! 風呂好きの熱い想いから誕生した銭湯バッグ! 銭湯に行ったとき、濡れたタオルやシャンプーたちの扱いに困ったことはありませんか?? わたし […]

旅と食
日本酒の種類知ってる?純米や大吟醸をわかりやすく解説してみた

日本を代表するお酒「日本酒」。いろいろな種類があり、日本酒初心者にはちょっぴりハードルが高いですよね。飲んでみたい、買ってみたいけど、どう選べばいいのかわからない…そんな人のために、日本酒の種類について解説します! 日本酒の種類をわかりやすく解説! たくさんの種類があるイメージの日本酒ですが、醸造アルコールの使用割合で大きく2つに分類して考えることができます。 1.純米酒(じゅんまいしゅ) 純米酒とは、水と米と米麹だけでつくった清酒です(清酒ってなんだ? は、のちほど!)。シンプルな原料でつくられているので、お米の旨味や風味をしっかりと味わうことができます。 2.本醸造酒(ほんじょうぞうしゅ) […]

茶の湯
茶室の入り口が狭い理由は?間取りの意味を知ったら、茶の湯の作法がスッと入ってきた!

茶の湯の作法にはすべて意味があります。それと同じく茶室の構造にもひとつひとつ意味や理由があります! それは、茶の湯初心者のきむらととま子が体験してはじめて知ったこと。「にじり口」と呼ばれる入り口が狭くて低い理由や、天井の高さの違いなど…。茶室にまつわるあれこれを知ると、茶の湯の作法もスッと体に入ってきました。 ※こちらの記事は、茶の湯初心者のきむらととま子が、茶人・近藤俊太郎さんに教えていただいた茶の湯のイロハをお届けする連載です。 教えて近藤さん! 茶室の構造にも意味があるってホントですか? 茶室に足を踏み入れたことのない、茶の湯初心者のきむらととま子。「茶の湯ってルールがたくさんあって難し […]

日本美術
足立美術館2020!魯山人を観るならここに行け【島根】

美しい庭園と、近代日本画を中心とした名画や陶磁器を楽しめる足立美術館。2020年に迎える開館50周年を記念し、昨年秋に建設が発表された新たな施設「魯山人館」のオープン日が、2020年4月1日に決定しました。北大路魯山人(きたおおじろさんじん)の作品だけを展示する、贅沢な施設です。 魯山人作品だけを展示! 足立美術館の新施設「魯山人館」 「魯山人館」外観イメージ 昭和期に活躍した美食家、陶芸家の北大路魯山人。和食と和食器に一大革命を起こした偉人です。足立美術館は、そんな魯山人の作品をなんと約400点所蔵。最高峰のひとつに数えられる「金らむ手津本」(金襴手壺)をはじめ、数多くの名作をそろえています […]

全27件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介