INTOJAPAN

MENU
仏像基礎知識

CULTURE

イラストで解説! 知っているともっと楽しい「仏像の基礎知識」

仏教や仏像の知識がなくても、仏像と向き合った瞬間に心が洗われるような気分になるもの。それだけでも美しい仏様に会いに旅に出る価値はありますが、ほんの少し知識があったら、もっと深く感じられるかも…。仏像の興り、素材や種類など“基本のき”をさらりと勉強しましょう!

“見仏”の旅がより楽しくなる!「仏像基礎知識」

そもそも仏像って?

仏像基礎知識日本へ仏像が渡ったのは、538年に朝鮮半島の百済から。平安時代には空海が中国から密教を持ち帰り、観音菩薩や明王がもたらされた。

世界初の仏像は、紀元1世紀にインドでつくられた釈迦如来像。仏教の祖、釈迦の姿を像に写したものです。紀元前5世紀ごろインドに生まれ、悟りを開き、仏教という形でその教えを広めたお釈迦様。仏像はその姿を崇め、信仰を深めるためにつくられたものなのです。仏像の制作は釈迦の入滅から500年もあとのことですが、これはお釈迦様があまりにも偉大だったため、畏れ多くて像になどできなかった、と考えられています。この500年の間は、お釈迦様の足を象った「仏足石(ぶっそくせき)」や武具の「法輪」、釈迦誕生のシンボル「蓮の花」などを人々は崇めていました。

何でできているの?

素材は金属、漆、木、石、土と大きく5種類。素材によってつくり方や手間、費用なども異なります。たとえば金メッキで仕上げる金属製の仏像は飛鳥・奈良時代に盛んでしたが、高度な技術と多くの費用が必要なため、平安時代になると素材は木に代わっていきます。木像も、飛鳥時代は楠、奈良から平安初期は榧(かや)製に。仏像の需要が高まる平安後期からは、日本に多く生育していた檜を使用するようになります。素材から仏像の背景を想像することもできるのです。

【脱活乾漆像のつくり方】

下のイラストは漆による脱活乾漆像(だっかつかんしつぞう)のつくり方。奈良時代に多く用いられた、大変手間がかかる技法です。
仏像基礎知識

1.まずは芯棒に粘土を盛り付けていき、おおまかな原形をつくる。
2.原形に漆で麻布を何重にも張り付ける。かなりの量の漆が使用される。
3.切り開いて粘土を取り出す。木組を入れて補強し、合わせて張り子に。
4.乾漆(漆に木片などを混ぜたもの)を盛ったり削ったりして細かく造形。
5.最後に漆を塗り、金箔を張り付けたり彩色をほどこして仕上げる。

【素材によって異なる、仏像のつくり方】

鋳造像(ちゅうぞうぞう)
→土と蠟でつくった空洞に金属を流し込む方法。多くは銅が用いられたが、鉄や金、銀でもつくられた。金メッキで仕上げる。

乾漆像(かんしつぞう)
→漆の樹液を固めてつくる方法。粘土で原型をつくる脱活乾漆と、おおよその形を木彫りでつくる木心乾漆がある。

木像(もくぞう)
→豊かな自然に恵まれた日本では、仏像の素材にも木が多く使われた。1本の木から彫り出す一木造と、寄木造がある。

石像(せきぞう)
→彫刻に適した自然石が少ない日本に石像は多くないが、崖に直接彫刻した磨崖仏や、小さな石地蔵を路傍に見ることも。

塑像(そぞう)
→粘土でつくる仏像。形成の自由度が高く、ほかの素材に比べ手間も費用もかからないが、重くて壊れやすいという欠点が。

仏像の種類を知って、好みを見つけましょう!

仏像基礎知識

人間の社会と同じように、仏像にも序列や役割があります。いちばん尊いのは「如来」。お釈迦様を象った仏像界の一期生で、すでに悟りを開いています。次は如来になるべく修行中の「菩薩」。人々を救うために尽力します。3番目は怖い表情をした「明王」。正しい道に導くために私たちを叱咤してくれる仏様です。最後は「天」と呼ばれる、仏像界の守護神。元々は古代インドのバラモン教やヒンズー教の神々です。それぞれの仏様には姿形や表情、身に着ける衣や装飾品、手にする道具などに共通した特徴もありますので、そこに注目しつつ、仏像を拝見するのも楽しいものです。

如来(にょらい)

仏像基礎知識

「如」は真理という意味で、真理を得て悟りを開いたお釈迦様が、その真理の世界から「来た」から「如来」と呼ばれます。如来には釈迦如来をはじめ、阿弥陀如来、大日如来、薬師如来があり、それぞれが「浄土」という国をもっています。ジャンルや方法はさまざまですが、人々を苦しみから救うために存在しているのです。

仏像基礎知識

1.螺髪(らほつ)
如来最大の特徴はこの「螺髪」というパンチパーマ風の髪型。盛り上がった頭頂部は「肉髻」といい、深い知恵を表している。
2.百毫(びゃくごう)
3.三道(さんどう)
4.施無畏印(せむいいん)
手の形や組み方を「印」といい、意志を表す。右手の「施無畏印」で恐れを取り除き、左手の「与願印」で願いを聞き入れる。
5.納衣(のうえ)
6.薬壺(やっこ)
7.蓮華座(れんげざ)
仏像が乗る台座も複数種。泥の中から美しい花を咲かせる蓮は悟りを象徴し、それを象った蓮華座は如来や菩薩の台座として用いられる。

菩薩(ぼさつ)

仏像基礎知識

たくさんの装飾品を身につけたり、女性のような姿をしていたり、頭上にたくさん顔があったり手が千本だったり。如来の意志に従ってさまざまな姿に変身し、あらゆる方法で人々を救済する菩薩は、如来に次ぐ存在。単体で祀られるほか、如来像の左右を固める脇侍として配置されることも多いです。

仏像基礎知識

1.宝冠(ほうかん)
如来は装飾品をつけないが、菩薩は様々な装飾品をまとう。インドの王侯貴族の衣装を基にしていて、冠までのせていることも。
2.胸飾(むねかざり)
3.腕釧(わんせん)
手首にブレスレット状の「椀釧」、腕に「臂釧」、足首に「足釧」、耳には「耳璫」など、菩薩は宝飾持ち。
4.条帠(じょうけい)
5.天衣(てんね)
腰布を巻いて上半身には襷状の「条帠」をかけ、ショールのような「天衣」を身につける。衣の流れるような表現も見どころ。
6.裳(も)

明王(みょうおう)

仏像基礎知識

古代インドのヒンドゥー教の神々が密教の教えの中に取り入れられ、大日如来の化身として人々を救う仏様に。憤怒の表情をして武器や蛇、どくろなどの物騒なものを持っているのは、正しい教えを聞き入れることもできないほど煩悩にとらわれた者を救済するため。姿は恐ろしくても人のために尽力しています。

仏像基礎知識

1.宝剣(ほうけん)
2.光背(こうはい)
背後には体から放たれる光明を表す光背も。仏像によってデザインが異なり、不動明王や四天王には炎を表す「火焰光」が。
3.臂釧(ひせん)
4.羂索(けんさく)
不動明王が左手に持つ縄。右手の剣で絶ち切った煩悩を捉える。例外的に不空羂索観音もこれを持つ。
5.結跏趺坐(けっかふざ)
立っているのを立像、座っているのを坐像と呼ぶ。座り方にも複数あるが、基本形は両足を組んで腿にのせる「結跏趺坐」。

天(てん)

仏像基礎知識

仏教を守護する神々、如来や菩薩のボディーガードです。四天王(悪人を罰する広目天、財宝を司る多聞天、憤怒の様相の増長天、武神の持国天)や、薬師信仰を守護する十二神将などさまざま。自然現象や抽象的な概念を神格化した像も多く、半身半獣なども。大黒天や弁財天など七福神もこれに属しています。

仏像基礎知識

1.光背(頭光、ずこう)
2.戟(げき)
四天王の多聞天は単独で祀られると毘沙門天と呼ばれ、右手に先が三叉になった武具の「戟」を持つ。
3.多宝塔(たほうとう)
四天王のなかで毘沙門天だけが持つ宝物。「戟」で悪を退治し、この「多宝塔」で富を与える。
4.帯喰(おびぐい)
5.沓(くつ)
立像には裸足の仏像も多いが、ブーツのようなものや足袋状のもの、草鞋などの履物を「沓」と呼ぶ。

イラスト/なかだえり

あわせて読みたい

仏像彫刻史にその名を刻んだ「運慶」と、一門慶派の物語
5つのキーワードで知る、運慶と運慶仏
運慶デビュー作「大日如来坐像」注目すべき7つの特徴は?

最新の記事