家紋のデザインで円満解決!? 紋章上絵師・波戸場承龍さんのクリエイティブな仕事術

家紋のデザインで円満解決!? 紋章上絵師・波戸場承龍さんのクリエイティブな仕事術

目次

下町情緒がのこる東京・東上野。下谷神社のすぐ近く、お稲荷さんの脇を抜けて、ちょっと歩いた路地裏に「紋章上絵師(もんしょううわえし)波戸場承龍(はとば・しょうりゅう)さんのお仕事場はあります。息子の耀次さんと二人で営む株式会社京源(きょうげん)は、着物に家紋を入れる「紋章上絵師」の伝統的な技術をベースに、現在では幅広いデザインの仕事を請け負う会社。

洋装が普及した現代においては尚のこと、知るひとぞ知る職業である「紋章上絵師」。そんな波戸場さんのお仕事が広く知られるようになったきっかけは、おそらく放送9年目を迎えるNHK Eテレの長寿番組「デザインあ」の「もん」コーナーでしょう。波戸場さんが登場する同コーナーは、正円と直線から成る日本の家紋のシステマティックな構成を、テンポの良い音楽と映像で紹介し、多くの人の心をつかみました。

私たちに家紋の楽しさと奥深さを教えてくださる波戸場さんが、このたびファッションブランド「Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)」の新作に関わられたとの情報を知り、お話をうかがってきました。「黒の衝撃」と呼ばれた1981年のパリコレから三十余年、ワーグナーのオペラや北野武監督映画などの衣装制作、アディダスとのコラボレーションブランド「Y-3」など、常に人々の注目をさらい、次の時流を見据えた展開を続けるYohji Yamamoto。そのコレクションに、いったいどんなかたちで日本の家紋が関わったのでしょうか? また、家紋の枠組みにとらわれない波戸場さんのさまざまなデザインのお仕事についてもうかがいました。

紋章上絵師・波戸場承龍さん
紋章上絵師の波戸場承龍さん。お会いするときは、いつもオシャレな着物姿。UNITED ARROWSの男着物も手がけています。(画像提供:京源)
 
 

憧れのYohji Yamamotoの世界観を家紋のデザインで

— こんにちは。本日はまず、Yohji Yamamotoの2019-20秋冬のコレクションに採用されたデザインのお話についてうかがえればと思います。どのような経緯で、Yohji Yamamotoのお仕事をすることになられたのでしょうか?

波戸場承龍さん(以下、承) 実は僕がYohji Yamamotoの三十数年来の大ファンで、息子に「耀次(ようじ)」って名前をつけるほど好きだったんですよ。それで知り合いの方が、昨年3月に山本耀司さんとの会食の機会を設けてくれたんです。それがきっかけで8月に耀司さんの事務所から電話があって。「Yohji Yamamotoの世界観を波戸場さんなりに表現してみてください」というようなお話をいただきました。

— その際に、先方からテーマや条件のようなものは提示されたのでしょうか?

 全くなかったんです。古くさくはしたくないけれど、波戸場さんの自由に表現してください、ということだったんですよ。

— 完全にお任せですね。でも逆に、仕事としては難しかったのではないですか? 

 まあ、僕はずっとYohji Yamamotoが好きだったから、方向性は比較的すぐに固まりましたね。それで半月くらいで4案描いてメールで送りました。

— そこで提案したのが、この正円の弧で描いたスカル(骸骨)や毒蜘蛛のモチーフだったわけですね。こんな複雑な図柄も円で描けるんですね。「デザインあ」の「もん」コーナーのBGMが聞こえてきそうです。

Yohji Yamamotoの新作に採用された波戸場承龍さんデザインのラムスカル。
無数の正円の円弧で描いたラムスカル(羊の頭骸骨)。Yohji Yamamoto(HOMME)2019-20秋冬 パリコレクションより。(画像提供:京源 Copyright:Monica Feudi)

 そうです。これだったら気に入ってもらえるだろうなって。そうしたら「スタッフ一同感動しました」という旨のお返事をいただきました。

— 紋章上絵師の波戸場さんから、まさかのスカルモチーフが出てきて、山本耀司さんも意外だったのではないでしょうか?

 だと思います。その後は具体的にモチーフのお題もいただきながらやりとりさせていただいて、1月のコレクションに向けて、修正を加えたり、さらに他の図案を出していったんです。カマキリの共喰いとか、コウモリとか。その合間に、12月の山本耀司さんのライブ(Bluenote TOKYO)を記念したTシャツのグラフィックもご依頼いただいたりして。

— 一度の会食で、仕事のお話が来るというだけでもすごいことだと思いますが、19年ぶりとなる単独ライブの記念Tシャツのデザインまで依頼されたということは、波戸場さんのデザインや、お仕事に対する姿勢に、何か共感されるところがあったのではないかと推察します。

 今回パリで発表されたコレクションでは、僕以外のアーティストがデザインしたものも採用されているんですが、僕がデザインしたものは、ボタン部分などの細かい点も含めると、38体のうち24体に使用いただきました。自分が提出したものが、どのようにYohji Yamamotoの洋服の上に落とし込まれるかは、パリコレ当日まで僕も知らされていなくて。
インナーなどに使用されたものも多かったので、正直パリコレのランウェイではわかりにくかったんですが、先日の東京の展示会では、さらに他のアイテムにも採用いただいていたので、本当に嬉しかったですね。招待状の封筒にも、僕の描いたラムスカルを使っていただいたんです。

Yohji Yamamotoの新作に採用された波戸場承龍さんのデザイン。
まるで蜘蛛の糸のようにも見える描画の軌跡。タランチュラ(毒蜘蛛)はボトムスに。Yohji Yamamoto(HOMME)2019-20秋冬 パリコレクションより。(画像提供:京源 Copyright:Monica Feudi)

— 今までのお仕事で、伝統的な「和」のイメージから離れて、こうしたモチーフを扱ったことはあったのでしょうか? 以前、伊勢丹の企画で、「ルパン3世」の各キャラクターの紋をつくっていらっしゃいましたよね?

 スカルや毒蜘蛛といったものは初めてでしたね。ただ、モチーフのチョイスの問題で、描き方自体は自分がこれまでずっとやってきた通り、正円を基本に描いています。

— なるほど。つまり、このスカルや毒蜘蛛は、伝統的な家紋のメソッドをベースに、Yohji Yamamotoの世界観にアプローチしたデザインということですね。

 はい。日本の家紋のほとんどは、円で構成されています。円には「縁(えん)」や「和(わ=輪)」といった意味もあり、家紋とは、家族、あるいは帰属する集団組織に対する日本人の「やまとごころ」が象徴化されたグラフィズムだと僕は考えています。

— 単なる描画法の域を超えた家紋のフィロソフィーに、きっと山本耀司さんも新たな可能性を期待されたのでしょうね。
 
 

着物だけじゃない! デザインソフトを駆使する現代の紋章上絵師、仕事の流儀

インタビューの途中からは、こだわりの美味しいコーヒーを淹れてくださった(しかも、コーヒー豆を挽くところから!)息子の波戸場耀次(はとば・ようじ)さんも同席してくださいました。兄弟にも間違われるそっくり親子。京源の仕事は、この波戸場父子の二人三脚で成り立っています。

下谷神社のお稲荷さん。
波戸場父子が工房である京源をかまえる東上野。下谷神社のお稲荷さんの脇を抜けると、昭和の面影をとどめた町並みが。

— この正円による描画法を可視化したデザインは、コンピューター上で描いていらっしゃるんですよね?

 はい。稲荷町に越してきた頃に、息子がIllustrator(Adobe社の描画ソフト)を使っているのを見て、面白そうなので挑戦してみたんです。ただ僕はなかなかベジェ曲線が扱えなくて、なかば諦めかけていたときに、ふと正円の組み合わせで線を描く方法を思いつきました。紋章上絵師として、普段からぶんまわし(竹製のコンパス)を使っているので、どこに中心を置いてどのくらい広げればどこに当たるっていうのは感覚としてわかっていたんですね。そこからIllustratorを使用するようになりました。

— ということは、理論的には、ぶんまわしでもこのデザインは描けるということですか?

波戸場耀次さん(以下、耀) ものすごい数の円で描くので、実践は難しいと思いますが、理論的にはそういうことですね。

 それで、あるときこの複数の円が曼荼羅みたいに見えたんですよ。そこでこれを「紋曼荼羅」と名付けたんです。いま商標も申請しています。

正円の弧で描かれた鯉。波戸場承龍さんの「紋曼荼羅」のシリーズのひとつ。家紋が正円によって構成されていることを可視化した「紋曼荼羅 鯉水」。(画像提供:京源)

— こうやって制作の軌跡を見せることで、多くの人たちの家紋に対するイメージを刷新したと思います。そういう点で、家紋の作図の手順を見せたTV番組「デザインあ」の成果は、やはり大きいですよね。

 「デザインあ」のお話をいただいたとき、すでにこの「紋曼荼羅」の作品が手元にあったので、制作の方に「こんな風に家紋の成り立ちを見せると面白いですよ」と色々ご提案をさせていただいたんですね。ご担当者は「斜め上からの回答がきたので、一旦持ち帰らせてください」って(笑)。それから社内で検討していただいて、僕のアイデアが採用になりました。

— 単に「梅の花や松の木が意匠化されてこうなりました」って知識をインプットするだけじゃなくて、そのデザイン技法を知った子供たちが「自分でも家紋が描けるんだ」ってアクションを起こせるところが、すごく良いなと思います。

 家紋って、別に役所に登録するものじゃないですから、好きな家紋を「今日から、これがうちの家紋」っていう風にして良いんですよ。個人が自由に自分の紋をつくっても良いんです。過去には、ご結婚に際して新たな家紋のご依頼をいただいたこともありました。最近、550年以上続くお寺さんの紋を新たにつくらせていただいたり。

波戸場承龍さんは、550年以上続くお寺の新しい紋を作成。
550年以上続く由緒あるお寺の紋を制作。その紋を入れて新しい袈裟をつくったとの嬉しいご報告も。(画像提供:龍寶山知行院)

— ご結婚された夫婦が新しい家族の紋をつくるって、素敵なお話ですね。まさに「ご縁」のかたちですね。
 
 

ガラスも削る!? 「やりたがり」精神で家紋デザインからブランディングまで

インタビュー後半では、京源の幅広いデザインの仕事を、最近の事例を交えてご紹介いただきました。波戸場父子のテンポの良い掛け合いに、いつしかこちらも感嘆と笑いのヘビーローテーションに。

五大家紋パネルと紋章上絵師の波戸場承龍さん。
13,200もの鋲を打ち込んで製作した五大家紋のパネル。2017年2月の個展「MONDAY」会場にて。

— 最近の京源さんのお仕事では、昨年11月に開業した上野のホテルにまつわるデザインのお仕事が興味深いと思いました。

 「NOHGA HOTEL UENO」ですね。「新しいホテルの紋をつくってほしい」というご依頼で、4つ提案したところ全部採用になったんですね。以前、家紋をあしらったパネルを作ったことがあったので「4つ紋があるなら、インテリアに、こういうパネルをつくりませんか」って提案したら、それが採用されて。そこで「パネルを飾るなら、このデザインに合わせてカードキーをつくりませんか」って提案したら、それがまた採用されて。

— このカードキー、可愛らしいですね。しかもカードキーを並べていくと、永遠に紋がつながっていくんですね?

波戸場承龍さんがデザインしたNOHGA HOTEL UENOのカードキー。
4つの紋をあしらったNOHGA HOTEL UENOのカードキー。茜色のカードはスイートルーム用。(画像提供:京源)

 そのデザインは「つながり」をテーマにしています。最初は紋だけのお話だったのが、そんな風に、こちらからもどんどん提案して、仕事が増えていったんですよ。

— まさに次々と仕事が「つなが」っていったのですね。

耀 はい。もはや紋ではないんですけれど、ホテル内にあるサインのピクトグラムも担当させていただきました。お手洗いのマークとか、お部屋の数字とかですね。先方から相談を受けて「やります!」と(笑)。

— 『七人の侍』ではないですが、何か新しいことをしようというときに、旗印のようなものを最初に決めると、みんなの向くべき方向が見えてくるというのはあると思うんです。家紋という歴史をベースにしたシンボルが最初に決まったことで、みんなで共有すべきテーマみたいなものが明快になって、コミュニケーションが円滑になったのではないでしょうか。

耀 ほかに、ひとつのブランドに対して、さまざまな角度からデザイン面でご協力させていただいている事例としては、福井の常山酒造(とこやましゅぞう)さんのブランディングのお仕事があります。

 いま、商品持ってきますね…… ダダダダダダダダダダ(※階段を駆け上がる音)

— え、ちょ、今、すごい速さで、お父上、駆け上がって行かれましたけど……

耀 基本、走るんです(笑)。

 ……はい、これ。

—あ、ありがとうございます。

波戸場承龍さんがラベルのデザインを手がけた福井の常山酒造の「常山」。
福井の常山酒造の日本酒「常山」。威勢良く跳ねる鯛をデザインした「荒磯」(右)は完売とのこと。(画像提供:常山酒造)

耀 これは「常山」の新商品なんですが、銀箔押しのラベルは、題字も父が書いて、グラフィック、レイアウトと全部やらせていただきました。さらに裏の商品情報を記載するラベルのデザインも。

— もう、京源さんにご相談すれば、全部やっていただけるんですね(笑)。

 とりあえず、なんでもやります(笑)。言っていただければ。

耀 やりたがりなので(笑)。いま梱包のデザインも進めているんですよ。

東上野の路地裏に提がる京源ののれん。
懐かしい雰囲気の路地裏に提がる「誂処 京源」ののれん。店舗営業は行なっていないため、お仕事の依頼は、京源のウェブサイトから。(画像提供:京源)

— ホテルの事例同様、こちらでも次から次に仕事が(笑)。でも、クライアント側の気持ちもよくわかります。デザイナーさんと仕事をすると、情報が客観的に整理されて、取り組むべき課題が順に見えてくるように思います。

耀 クライアントさんはたくさんの情報を持っています。その中で、何を主張して、何は省略すべきか、どういうイメージを一番に伝えるべきなのか、僕たちはそれをデザインで提案します。家紋のデザインは特に、とことん削ぎ落として、対象をシンプルにしていますから、学ぶところは多いですね。

— 構成要素の円自体が、非常に簡潔ですからね。

耀 僕は、デザインってバランスだと思っているんです。8年前に稲荷町に越してきてすぐは、紋やロゴだけをつくっていたんです。ただ、そのロゴが実際に使用されたものを見て、ときどき「あれ?」っていうのがあったんですよね。

— ロゴに対して、素材やレイアウトがアンバランスだったということでしょうか?

耀 ええ。「もっとこういう風に使えば良いのに」って。それで、その先のデザインまで「やりたい」と言っていたら、徐々にトータルでデザインを任せていただける仕事が増えていきました。今やブランディングというところまで派生していくようになって。

— 紋に限定されない、広義の意味でのデザインの仕事が増えていっているわけですね。

波戸場承龍さんがパッケージデザインを手がけた「糀あま酒」。
「真澄」で知られる長野の宮坂醸造株式会社の「糀あま酒」のパッケージデザイン。花のような麹菌の形状をデザインに落とし込んだ。(画像提供:宮坂醸造)

耀 自分たちだけで完結できないという点が、デザインの仕事の難しさでもありますが。クライアントの意向だったり、法律で定められていることだったり、技術的な問題だったり、いろんな制約がある中で、どう入れ込んでいけるかっていう。

 それが面白いんだよ。江戸時代だって、いろんな制約の中でデザインが生まれてきてるから。それと一緒。でもやっぱり、自分たちでなんでもやりたくなっちゃう(笑)。以前、グラスの底に家紋を入れるサービスをやっていたんです。自分で削って。

— ガラスを、ご自身で削られていたのですか!?

耀 ここで、サンドブラストで(笑)。今は、お願いできる加工場が見つかったので、そちらにお願いしてますけど。

 それで、あるとき底面に満月の図柄を入れてみたんですよ。そしたらさらに地球も欲しくなって。底面に南極、側面にのこりの大陸を配して、グラスの中に飲料を入れて氷を浮かべたら北極ができて地球が完成、というデザインにしたんです。

— なるほど! 確かに、自分たちの手で試行錯誤しているからこそ、次の新しいアイデアに結びつくというのはありますよね。家紋以外でも、こんな風に柔軟にデザインされるのですね。

地球と月をデザインした遊び心あふれる薄吹グラス。
2017年に東京・銀座のGINZA SIXで発表した薄吹グラスの「地球 -MIKAN-」と「家月 -KAMOON-」。(画像提供:京源)

耀 この商品のストーリーを気に入ってくださった百貨店の方がいて、今とあるコンペに出してるんです。コンペに通れば、月と地球で合わせて4000個ご発注いただけるらしくて。

— 4000個、ここでお二人で削ったら大変でしたでしょうから、加工場が見つかって良かったです。

 本当は自分でやりたいんだけどね(笑)。

— ガラスの粉で、工房が北極並みの銀世界になりそうです(笑)。

耀 自分でやりたいっていうのは、僕たちのクオリティへのこだわりなんです。デザインだけでなく、モノとしての仕上がりも大切にしたいんですよね。だからやっぱり加工もきちんとしたところにお願いしたいし、それで満足できなかったら最終的には自分たちでやるしかない。もう癖というか、やりたい病が出ちゃうんです。基本、納得しない二人なんで(笑)。

— 本当になんでもやられるんですね!

 なんでもやりますよ! だって、面白いじゃないですか。

笑顔の波戸場承龍さん。
遊び心とこだわりをもって、なんでも自分でつくってしまう波戸場さん。その発想の柔軟さには、ただただ驚くばかり。

— もう本当に、泉のようにコンコンと意欲とアイデアが湧いてくるんですね。今日はお忙しい中、本当にありがとうございました。
 
 

進化し続ける家紋デザイン。「デザインあ展」をはじめ、波戸場承龍さんの今後の活動も要チェック!

武士が裃に家紋を入れるようになったのは、室町時代中期ごろと言われています。その後、江戸時代に入り、庶民も家紋をもつようになると町中に「紋章上絵師」が登場し、日本の家紋は多彩なバリエーションの展開を見せました。しかし生活文化の変化とともに、紋章上絵師の仕事は徐々に既存の家紋の加工が主体に。そうした中で、波戸場承龍さんは、現在でも往時の上絵師同様に、新しい紋を生み出し続ける数少ない紋章上絵師のひとりです。

根っからの職人肌でありながら、柔軟な発想をもち進取の気性に富む承龍さん。そしてそんな承龍さんの一番の理解者であり、細やかな気配りとプレゼン能力でお父様をサポートする耀次さん。「家」や「家族」といったつながりの意味合いが、徐々に変わりつつある時代の中で、「家紋」の伝統を通じて親子お二人が取り組む新しいデザインやブランディングのお仕事には、たくさんのヒントが隠されているように思いました。

ここではご紹介できなかったプロジェクトも多数進行中とのこと。今後のご活躍にますます目が離せません。さて、インタビュー中にもたびたび話題に上がったTV番組「デザインあ」の世界を、文字通り「体験」できる展覧会「デザインあ展」が、この春、山梨県立美術館に巡回決定です! 会期は2019年4月13日〜6月9日。週末やゴールデンウィークにご家族やお友達と遊びに行ってはいかがでしょうか。2013年の東京(六本木)、そして2018年の東京(お台場)、富山と毎回大盛況の「デザインあ展」。ぜひ会場で、波戸場承龍さんが演出するクリエイティブな家紋の世界をお楽しみください。

兄弟にも間違われる波戸場親子。
紋章上絵師・波戸場承龍さんと息子の耀次さん。2018年に富山県美術館で開催された「デザインあ展」会場にて。来館者の小学生から「どっちが弟?」と訊かれたとか。さて、左右どちらが承龍さんでしょうか。(画像提供:京源)

文・撮影/松崎未來

◆京源
公式サイト

◆デザインあ展 in YAMANASHI
会 期 2019年4月13日〜6月9日
会 場 山梨県立美術館(山梨県甲府市貢川1-4-27)
休館日 4月15日、22日、5月7日、13日、20日、27日、6月3日
時 間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
展覧会ウェブサイト(山梨県立美術館)

家紋のデザインで円満解決!? 紋章上絵師・波戸場承龍さんのクリエイティブな仕事術
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする