CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる
連載

Fashion&きもの

2023.10.06

最高の手仕事! 倉敷デニム「inBlue」の誘惑【編集長の今日のNAVY】

『Oggi』『Precious』『MEN’S Precious』の編集長を歴任し「ネイビーカラーへの愛は誰にも負けない」と語る、鈴木深(すずき ふかし) 和樂web編集長。今回は、倉敷でオーダーしたデニムシャツの魅力を語ります。

デニム業界のGame Changer「inBlue」

本日編集長が着ているのは、倉敷でデニムスーツを手掛ける「inBlue」のデニムシャツ。デニムというカジュアルのイメージが強い素材をフォーマルに昇華したことから“デニム業界のGame Changer”と呼ばれています。

本日のコーディネート

倉敷でオーダーした、デニムシャツが仕上がりました。1枚はピンタック入りのドレスシャツ。もう1枚はソラーロ(玉虫色)な風味のシャツ。


仕上がりの丁寧さはご覧の通りで、まずは倉敷デニムの持つ深みのある色合いに、やられます。(左)カッタウェイの襟の、ギリギリ際まで攻めたステッチが見事。(右)ターンナップカフスにダークパープルの糸で入れたイニシャルは3文字。

今日はこちらのソラーロのシャツを、イエローベージュのチェック柄スーツにコーディネート。オーセンティックなスーツに、デニムシャツがいい風情です。
倉敷デニムのサルト、いい仕事してます。

inBlue

住所:〒710-0055 岡山県倉敷市阿知2丁目17-25
営業時間:11:00~17:00 (土日祝:10:00~18:00)
Tel:086-441-5070
定休日:月曜日(祝日の場合翌火曜日)
公式サイト:inblue.jp

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

650年続くお笑いコント、狂言の衣装がポップでかわいい【野村万之丞 今日の着こなし】

野村万之丞

新しい世界へ誘う、初めての帯との出会い。【原 由美の愛する「和」のひととき】

原由美

パリで華開く日本の超絶技巧! 「ミキモト」新作コレクション「Praise to the Sea」

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

東洋の雰囲気を感じるファッションが好き。阿部顕嵐が語る「あらん限りの歴史愛」vol.2

連載 阿部顕嵐

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア