日本文化の
入り口マガジン
12月4日(金)
君が誠実なら、靴紐でも音を奏でることができる(ジョン・コルトレーン)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月3日(木)

君が誠実なら、靴紐でも音を奏でることができる(ジョン・コルトレーン)

読み物
Gourmet
2019.09.27

BBQの主役はこれで決まり! 三陸・釜石からホタテが泳いでくるよ【岩手】

この記事を書いた人

実はホタテって、水の中ではひゅんひゅん「泳いで」いるのだそう!
BBQなどでみんなからわっと歓声が上がること間違いなしの「泳ぐホタテ」をご紹介します。

浜値日本一、三陸のホタテは本当にすごいぞ

泳ぐホタテを届けてくれるのは、岩手県釜石市にあるヤマキイチ商店。
びっくりするほど新鮮なまま釜石から泳いでくるホタテは、「三陸にはこんなにすごいものがあるぞ」という声が聞こえそうでした。

漁師さんが大切に育てたホタテと真剣に向き合って、泳ぐホタテの配送に成功したヤマキイチ商店の取り組みについても、後半でくわしく伝えていきます。

到着した瞬間、磯のかおりがふわっ

クール便で届いた泳ぐホタテ。「重いから気をつけてね」と受け取ってびっくり。ずっしり!
箱を開けてまたびっくり。中には氷や保冷剤でなくたっぷりの海水が入っています。ホタテはその中で、なんだか悠然としていました。

泳ぐホタテ
3,564円/5枚入(送料込み)~
ヤマキイチ商店

ホタテと目があう初体験

「あ!ホタテと目があっちゃった」
ホタテの口から触覚のようなものが伸びて、黒い目も見えます。呼吸をしているのでしょうか、水がしずかに動いています。
こんなふうに生きているホタテを見たのは初めて。

ついつい夢中にホタテ釣り?

ホタテをむくためのヘラでつついてみたらホタテが「ばくっ」と釣れちゃいました。(手をはさまれないよう気をつけて)
びゅっと水をかけられることも。びしょ濡れになる勢いです。…まだまだ遊んでいたいけど、新鮮なうちにいただきましょう。

書いた人

岩手生まれ、埼玉在住。書店アルバイト、足袋靴下メーカー営業事務、小学校の通知表ソフトのユーザー対応などを経て、Web編集&ライター業へ。趣味は茶の湯と少女マンガ、好きな言葉は「くう ねる あそぶ」。30代は子育てに身も心も捧げたが、40代はもう捧げきれないと自分自身へIターンを計画中。