日本文化の入り口マガジン和樂web
9月25日(土)
男は煙のように消えるものにこそ金を使え(古波蔵保好)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月24日(金)

男は煙のように消えるものにこそ金を使え(古波蔵保好)

読み物
Gourmet
2019.10.09

珈琲×日本茶のコラボ、その名も「珈茶」! 前代未聞すぎる飲み物が期間限定で登場!

この記事を書いた人

猿田彦珈琲と茶馬ブランド「EN TEA」が、コーヒーと日本茶を掛け合わせた新ドリンク「珈茶(こーひーちゃ)」を開発しました! 10月11日(金)より、店舗限定・期間限定商品として販売されます。

和と洋を代表する飲み物が奇跡のコラボ。その内容とは?

珈琲と日本茶の“調和”

「珈琲」と「日本茶」。限られた世界ではそのふたつを混ぜ合わせることがあったものの、「日本茶と珈琲が調和することはない」といわれてきました。

しかし今回、EN TEA主宰の丸若さんと猿田彦珈琲代表の大塚さんの“変わり者”ふたりが挑戦し創り上げた「珈茶」。

ふたりが考える高品質の素材をそれぞれ選び、純粋に混ぜ合わせることから開発が始まりました。

分量の割合についての考案はもちろん、“ホエイ”と呼ばれる乳清(にゅうせい)を混ぜ合わせることで、いままで体験したことないテイストや珈琲と日本茶のどちらの存在もしっかりと感じることのできる境地を発見します。

そしてたくさんの失敗と試行錯誤を重ねた結果、ミルクの入ったラテでもなく、ストレートティーもしくはブラックコーヒーのような感覚ともいえる「珈茶」を創り上げました。

“21世紀喫茶改革”とも呼べる新感覚ドリンク。試さずにはいられないですね!

商品概要

「珈茶」
価格:580円(税抜)
販売期間:10月11日(金)〜11月14日(木)
販売店舗:猿田彦珈琲6店舗(誠品生活日本橋店/アトリエ仙川店/アトレ恵比寿店/調布焙煎ホール/武蔵小杉店/立川髙島屋S.C.店)

猿田彦珈琲 公式サイトEN TEA 公式サイト

書いた人

1997年、埼玉県出身。7歳の時に初めて人前に立った時から舞台に惹かれ役者を目指していたが、色々人生に迷い現在は和樂編集部でwebやライティングの勉強を始めた。最近宗教画が気になっている。五社英雄作品が大好き。1年に3回ほどジュリ扇を振り回しながら踊り狂う時がある。