「石内 都 肌理と写真」 横浜美術館

「石内 都 肌理と写真」 横浜美術館

目次

2017年12月9日から、横浜美術館で「石内 都 肌理と写真」が開催されます。

スクリーンショット 2017-11-01 12.44.35

心の奥深くまで届く静かで力強い写真

独学で写真を始め、思春期を過ごした街・横須賀や、日本各地の旧赤線跡地の建物などを撮影した粒子の粗いモノクローム写真で一躍注目を集めた女性写真家の石内都。2005年には下着や口紅など、母親の遺品を撮影した「Mother’s」で、ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表作家に選ばれました。

P8_横浜1石内 都「金沢八景」1975〜76年 ©Ishiuchi Miyako

近年は、広島平和記念資料館に寄贈された被爆者の遺品を被写体とする「ひろしま」などで注目を集めています。存在と不在、人間の記憶と時間の痕跡を一貫して表現し続ける、稀有な作品世界にどっぷりと浸れます。

スクリーンショット 2017-11-01 12.46.31石内 都「ひろしま #106 Donor: Hashimoto, H.」2016年 ©Ishiuchi Miyako

公式サイト

「石内 都 肌理と写真」 横浜美術館
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする