東京都現代美術館の見どころとアクセス情報【2019年リニューアル】

東京都現代美術館の見どころとアクセス情報【2019年リニューアル】

目次

2016年から約3年間の改修を経て、2019年3月29日にリニューアルオープンした東京都現代美術館。今回の改修で大きく変わった点を、オープン初日の館内の写真と共にレポートします。

東京都現代美術館とは?

東京都江東区、木場公園の北辺にある東京都現代美術館。1995年に開館してから現在まで、日本の戦後美術を概観できる国内有数のコレクションを所蔵しています。コレクション展示室は1階と3階までの2フロアあり、日本最大級の面積を誇る美術館でもあります。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
建築設計は、新国立劇場や東京オペラシティを手がけた柳澤孝彦氏。

どこが変わったの? 3つの見どころ

今回の改修では、経年劣化に伴う設備機器のリニューアルをはじめ、新たなサイン什器とやパブリックスペースの整備、美術図書室の改装などが行われました。またリニューアルにあわせて、レストランやカフェも新店舗がオープンしました。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
オープン初日は入場無料で、館内は大混雑!

《見どころ1》サインと什器のリニューアル

1つ目の見どころは、新しくなったサイン什器とサイン計画。サイン什器の設計は建築家・長坂常氏(スキーマ建築計画)、サイン計画はアートディレクターの色部義昭氏(株式会社日本デザインセンター 色部デザイン研究所)が手がけています。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
こちらが新しいサイン什器。グレイッシュな館内の中でパッと目を引くコルクと木材、スチールを組み合わせた什器。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
トイレやロッカーの案内はもちろん、手指消毒薬やアンケート回収ボックスなど細かな部分までリニューアル。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ

ポスターの展示やインフォメーションに使われている什器の下部はベンチとしても機能。公園の続きのようなゆったりとした憩いの空間づくりに一役買っています。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
コルクをいかしたベンチは、まるで大きな切り株のよう。

サインのほかに、リニューアル・オープン記念の期間限定ロゴにも注目を。

東京都現代美術館の略称であり、積極性や上昇をイメージさせる「もっと」から「MOT」をモチーフにしたロゴ。記念ロゴには、従来のロゴにさらにひとつ「+(プラス)」が追加されています。これには、美術館の活動にさらなる「+(プラス)」を、より親しみをもってほしいという願いが込められています。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
1年間の期間限定で使われるリニューアル記念ロゴ。CIデザインは仲條正義氏。

館内をぐるっと巡るスタンプラリーを制覇すると…

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ

数量限定のリニューアル記念ロゴのステッカーをもらえました!

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
カラーはランダム。私はグリーンをもらいました!

ミュージアムショップにも、リニューアルを記念した限定グッズも並んでいるので要チェックです。

《見どころ2》利用者サービスの向上

2つ目の見どころは、どんな人にもやさしい設備の充実。展示室内のエレベーターの増設や多目的トイレの拡充などバリアフリーが向上。さらに、おむつ替え台の増設や離乳食が無料のレストランなど、子育て支援設備も充実しました。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ

また「木場公園の続きのように普段使いしてもらえる美術館」をコンセプトに、館内の回遊動線やパブリックスペースも再整備されています。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ

例えば、1階のミュージアムショップの奥には映像スペースとベンチが設置されました。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ

さらにこれまで「メディアコート」として展示に利用されていたスペースは、パブリックスペースとして整備され、中庭やテラスにはベンチやパラソルが設置されています。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
これまでよりもオープンに使えるようになった中庭。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
中庭のらせん階段から2階のテラスへ上るとカフェに訪れることができます。

公園を散策するように美術館を楽しむことができるようになったことで、美術館へ訪れるハードルがぐっと低くなったように感じました。

《見どころ3》カフェとレストランのリニューアル

3つ目の見どころは、カフェ&ラウンジとレストラン。「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」を運営する株式会社スマイルズによる新形態のカフェ&ラウンジ「二階のサンドイッチ」、同じくスマイルズの運営するレストラン「100本のスプーン」が新たにオープンしました。

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ

カフェ&ラウンジ「二階のサンドイッチ」

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ

コーヒーやサンドイッチ、デザートを楽しめるカフェ&ラウンジ。カウンター席もテーブル席も充実しているので、1人でゆっくりするのもグループで楽しむにもぴったり。定番と日替わりのサンドイッチやオリジナルドリンクは、店内でもテイクアウトでも楽しむことができます。

営業時間: 10:00-18:00 (ラストオーダー 17:30)
定休日: 美術館休館日
公式サイト: http://www.smiles.co.jp/upstairs

レストラン「100 本のスプーン」

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ

あざみ野ガーデンズ、二子玉川に続く3店舗目のオープンとなる人気レストラン。料理の待ち時間に子どもと一緒に作品を描くなど、店内にはアートの世界に触れる仕掛けがちりばめられています。ご家族でのはじめてのアート体験にぴったりの空間です。

営業時間: 11:00-18:00(ラストオーダー 17:00)
定休日: 美術館休館日
公式サイト: https://100spoons.com/mot

GWに観たい!2つの展覧会

現在、リニューアル・オープンを記念した企画展とコレクション展が開催されています。
2つの展覧会ともに、ボリュームのある展示内容のため、1日かけてじっくり鑑賞するのがおすすめです。

【企画展】百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
【開催概要】
1910年から現在までの100年にわたる日本の美術について、編集的な視点で東京都現代美術館のコレクションを核に再考する展示。企画展示室3フロア全てを使って、作品の数々を紹介しています。(展覧会情報はこちら

会期: 2019年3月29日(金)ー6月16日(日)
料金: 一般1,300円(1,040円)/ 大学生・専門学校生・65歳以上900円(720円)/中高生600円(480円)/ 小学生以下無料

出展作家一覧

靉嘔、会田誠、靉光、秋山祐徳太子、朝倉摂、阿部展也、有島生馬、池田龍雄、石井柏亭、石田尚志、泉太郎、磯辺行久、伊藤存、梅沢和木、梅津庸一、梅原龍三郎、漆原英子、瑛九、大岩オスカール、大竹伸朗、大野俶嵩、岡﨑乾二郎、岡本太郎、小倉遊亀、小沢剛、落合多武、オノ・ヨーコ、オノサトトシノブ、恩地孝四郎、風間サチコ、柏原えつとむ、桂ゆき、加藤泉、加藤太郎、金山明、金氏徹平、鹿子木孟郎、川俣正、河原温、神原泰、岸田劉生、北川民次、北代省三、木村荘八、工藤哲巳、国吉康雄、小泉明郎、河野通勢、小林正人、駒井哲郎、斎藤義重、斎藤与里、篠原有司男、清水登之、白髪一雄、白川昌生、末永史尚、菅木志雄、杉戸洋、杉全直、杉本博司、住谷磐根、諏訪直樹、清宮彬、髙柳恵里、多田美波、辰野登恵子、田中敦子、田中功起、田中千鶴子、千葉正也、椿貞雄、鶴岡政男、手塚愛子、寺田政明、照屋勇賢、東郷青児、堂本尚郎、冨井大裕、豊嶋康子、中澤弘光、中西夏之、中野淳、中ハシ克シゲ、中原實、中村一美、中村宏、奈良美智、名和晃平、野田哲也、浜田知明、深沢索一、福沢一郎、福島秀子、福田美蘭、藤田嗣治、藤牧義夫、舟越桂、ホンマタカシ、前田藤四郎、牧野虎雄、松江泰治、松本竣介、丸山直文、三木富雄、三島喜美代、南川史門、村上隆、村山知義、毛利悠子、元永定正、森千裕、森村泰昌、八木良太、柳幸典、柳瀬正夢、ヤノベケンジ、矢部友衛、山口勝弘、指差し作業員、横尾忠則、横堀角次郎、𠮷田博、吉原治良、Chim↑Pom、O JUNほか

【コレクション展】MOT コレクション ただいま/ はじめまして

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ
約5400点の収蔵作品を紹介する「MOTコレクション」。今回は、休館中に新たに所蔵された約400点の作品を中心に、2010年代に制作された作品群に焦点を当てながら、修復後の作品のお披露目なども加えて作品それぞれの魅力に触れられます。(展覧会情報はこちら

会期: 2019年3月29日(金)ー6月16日(日)
料金: 一般500円(400円)/ 大学生・専門学校生400円(320円)/ 高校生・65歳以上250円(200円)/中学生以下無料

*( )内は20名様以上の団体料金
*企画展のチケットでコレクション展もご覧いただけます

出展作家一覧

今井俊介、荻野僚介、奥村雄樹、オノ・ヨーコ、さかぎしよしおう、末永史尚、鈴木昭男、関根直子、五月女哲平、髙田安規子・政子、棚田康司、手塚愛子、寺内曜子、中園孔二、Nadegata Instant Party (中崎透+山城大督+野田智子)、文谷有佳里、南川史門、宮島達男、アンソニー・カロ、リチャード・ディーコン、サイモン・フジワラ、サレ・フセイン、ヂョン・ヨンドゥ、ロイ・リキテンスタイン、マーク・マンダース、マルタ・パン、ソピアップ・ピッチ、アルナルド・ポモドーロほか

【イベント】ガイドスタッフによるギャラリートーク

2019年04月06日(土)〜06月16日(日)の期間限定でガイドスタッフが、「MOTコレクション」の作品解説を行います。
イベントの詳細はこちら:https://www.mot-art-museum.jp/events/2019/03/staff-talk-20190406/
日時:4月6日(土)より6月16日(日)まで毎日14:00- (所要時間は1時間程度)
集合場所:コレクション展示室入口(途中からの参加も歓迎)
会場:東京都現代美術館 コレクション展示室1F、3F

これまで以上に、さまざまな人にひらかれた美術館となった東京都現代美術館。
ゴールデンウィークのおでかけに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

東京都現代美術館 基本情報

GWのおでかけに。リニューアルした東京都現代美術館 3つの見どころ

入館時間: 10:00-18:00 *展示室入場は閉館の30分前まで
休館日: 月曜日(2019年4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)

公式サイト: https://www.mot-art-museum.jp/

住所: 〒135-0022 東京都江東区三好4丁目1−1

東京都現代美術館 アクセス情報

■ 東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」 B2番出口より徒歩9分
■ 都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」 A3番出口より徒歩13分
■ 東京メトロ東西線「木場駅」 3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
■ 都営地下鉄新宿線「菊川駅」 A4番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車

東京都現代美術館の見どころとアクセス情報【2019年リニューアル】
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする