だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアル

だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアル

目次

「抹茶(お茶)を点てる」というと、難しそうに聞こえるかもしれませんが、抹茶と熱湯と茶筅(ちゃせん)さえあれば、意外なほど簡単なのです。ちなみに「自服」とは、自分のために点てること。今回は、そんな言葉遣い同様、「こうしなきゃいけない」ではなく、「こうしたほうがおいしい」からの自服完全マニュアルをご紹介します。茶碗を温めるのも、茶碗の肌から湯を注ぐのも、すべてはおいしい一服のため。さぁおいしく点てるコツだけ覚えて、気軽にレッツトライ!

抹茶の点て方マニュアル

1 茶碗を温めます

だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアルアツアツのお湯で温めます

茶を点てているうちに冷めるのをできるだけ防ぐため、沸騰した湯を注いで茶碗を温めます。鉄瓶でなく、電気ポットのお湯でも大丈夫。これはおいしいお茶を点てるためのウォーミングアップと心得て。

2 水気を拭きます

だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアル丁寧に丁寧に

湯を捨て、清潔な布巾やペーパータオルで水気を拭き取ります。茶碗に水分が残っていると入れた抹茶がダマになりやすいので、ていねいに。布巾は麻でも木綿でも、こだわらずどうぞ。

3 抹茶を入れます

だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアル量はお好みで

1.5~2g(茶杓2杯程度)の抹茶に対し、湯は60~70㎖。これが薄茶の基本とされますが、抹茶も湯も量は好みで加減して。まずは基本の分量で点ててみるのがおすすめです。

4 お湯を注ぎます

だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアル抹茶に直接はNG!

水道水でもミネラルウォーターでも、充分に沸騰させた熱湯を使うこと。熱湯でないとクリーミーな泡は立ちにくいのです。抹茶が飛び散らないよう、お湯は茶碗の肌から注ぎます。

5 茶筅でなじませます

だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアル茶碗はしっかりおさえて

いきなり攪拌(かくはん)すると抹茶が飛び散ったりするので、最初は湯と抹茶をなじませるつもりで茶筅を数回ゆっくり動かします。茶碗は動かないようにしっかりおさえて。背筋がピンと張る瞬間です。

6 しっかりお湯に溶かします

だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアルMの字が大事!

茶碗の底に茶筅を軽く当てながら、Mの字を連続して描くように素早く振って抹茶を湯に溶きます。何回…とは一概に言えませんが、手早くしないとどんどん冷めていくのでささささっと。

7 泡立てたらでき上がり

だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアル憧れのふわふわです

表面をクリーミーに泡立てるなら、抹茶がしっかり溶けてから茶筅を少し上げ、表面をなでるようにさらにM字に振ります。最後は茶碗の中心から垂直に茶筅を引き上げて。中央の泡がこんもりします。

8 さぁ、いただきましょう

だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアル

これでおいしい抹茶のでき上がり。特別難しいことはありません。右利きの人なら、右手で持ち上げて左の手のひらにのせ、右手を添えていただくとソレっぽい!(左利きなら逆に)

だれでも今すぐおいしい抹茶が点てられる!自服の完全マニュアル
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする