日本文化の入り口マガジン和樂web
6月14日(月)
人間はあやまちを犯してはじめて真理を知る(三島由紀夫)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月14日(月)

人間はあやまちを犯してはじめて真理を知る(三島由紀夫)

読み物
Gourmet
2019.09.15

あぁ〜幸せ。京都・大徳寺拝観後は「紫野和久傳」のおそばで昼食を

この記事を書いた人

大徳寺の門前に店を構える紫野和久傳(むらさきのわくでん)大徳寺店「五(いつつ)」。1階ではご存じ、紫野和久傳のおもたせやお弁当を扱っており、2階のフロアはL字形のカウンター10席とテーブル3卓6席。打ちたてのおいしいおそばと、旬の素材を使った一品料理が味わえる落ち着いた空間である。おそばなので、比較的、客の回転は速い。また、一品料理の値段は600~1,000円ほどなので料亭の味わいながら気軽に楽しめるのがうれしい。
スクリーンショット 2017-04-25 11.15.05

さて、「五」の常連にならって欲張りなオーダーをするならば…おそばを食す前に、まずはおまかせで季節の一品料理を少しずつ盛り合わせてもらおう。あるいは季節の天麩羅や、(肉厚の鯖と酢飯の加減が程よい)鯖寿司をひと切れから注文することもできる。
 
して、いよいよおそば。ふたり連れで行ったなら、まずは鴨南蛮か、にしんそばなど温かいそばを注文し、半分ずつ器に盛り分けてもらおう。続いて、シンプルな冷たいそばを注文。丁寧に実を選別して製粉した繊細なそばの、品のあるなめらかな甘みを、まずは塩で味わい、それから下ろしたての山葵と濃いつゆでいただく。最後はとろ〜り濃厚なそば湯を…これまた旨い!〆のデザートは、胡桃や松の実、胡麻、大徳寺納豆などが入った滋味溢れるお菓子「七宝(しっぽう)」を。口に広がる、ほどよい甘さに満足、さすが料亭の甘味だ。
スクリーンショット 2017-04-25 11.14.32

公式サイト

紫野和久傳 大徳寺店 五

-文/和樂スタッフ新居典子(歌舞伎ほか伝統芸能に強い。ドナルド・キーン先生連載担当)-