駅弁のおすすめがたっぷり!京都駅構内はこんなに楽しい!

駅弁のおすすめがたっぷり!京都駅構内はこんなに楽しい!

目次

京寿司の名店、いづ重から夏限定の新商品が出ました。しかも新幹線京都駅構内で買えますよ。販売場所は古都みやび。こちらで扱ういづ重のお寿司は、いなり寿司、巻寿司、アジ寿司。夏の間はお休み(9月彼岸明けに再開)のいなり寿司の代打で登場したのが、今回紹介する私のイチオシ

焼あゆの笹巻寿司

鮎寿司は初夏を告げる風物詩。一匹の姿で供されるものをより食べやすく4代目北村典生さんがアレンジしました。
ところで笹寿司といえば小鯛が入るのが京寿司の定番。そこにも理由がありました。「笹といえば七福神のひとり、恵比寿神つながりで鯛。小鯛は若狭からやってくるもので、そこに木の芽を添えて味わうのが京都の野趣です」とご主人。その小鯛が鮎に代わると、味はどう変化するのでしょう?

いづ重ひと口サイズの寿司が3個入。小腹満たしにぴったり。

風干しした鮎を香ばしく焼き上げます。ん、酢飯との間に秘密が?

鮎にしのばせたのは、自家製の蕗味噌。ちらっと見えてますー。鮎に蕗の苦味が合うのも意外でしたが、酢飯とこんなにあうとは!

いづ重これを車内で食べるなら、いいお酒が欲しい!

焼あゆの笹巻寿司は7月末までの限定販売となります(古都みやび、いづ重本店共に)。来年の夏まで待てない方は急ぎましょう!

いづ重いづ重のお寿司は毎日11時過ぎから店頭に並び、売り切れ終い。

いづ重左の小さなアジ寿司は4切入のハーフサイズ。

いづ重コーナーのある古都みやびの連絡先はこちら。いづ重の定休日水曜は古都みやびでの販売も休み、ご注意を。

いづ重にはじまり、新幹線京都駅内はここ半年でお弁当コーナーが増設。すごい変化です。古都みやび以外でも、同じ構内の売り場で目に付いたものを写真のみでご報告してみます。

いづ重

いづ重

いづ重

いづ重

いづ重

それでは、よい車中の旅を!

いづ重

写真・文/藤田 優
フリー編集者。和樂の食い気担当。職人の手からうまれるもの、創意工夫を追いかけて日本を旅している。著書に「Aritsugu 京都・有次の庖丁案内」(小学館)。

前回までの京都土産の記事

亀屋良長の焼き鳳瑞
二條若狭屋のゴールドくり
二條若狭屋のゴールドくりスピンオフ 82歳和菓子職人の製作秘話
いづ重の極上鯖姿寿司

駅弁のおすすめがたっぷり!京都駅構内はこんなに楽しい!
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする