Travel

2023.09.15

祇園祭の面影をひと箱に。鍵善良房「園の賑い」【秋めく京都の干菓子図鑑・弐】

京都の自然の景色や、みやこびとが愛した文様や物語が、指先にのる大きさに表現されている干菓子は、京都の美意識そのもの。そんな京都の老舗の干菓子から、お取り寄せ可能な8作を6回に分けてご紹介します。

第2回は【鍵善良房「園の賑い」】です。

シリーズ一覧はこちら

かつて祇園祭に華を添えた女人たちの行列にちなむ
鍵善良房の「園の賑い」

「園(その)の賑(にぎわ)い」の菓子の栞(しおり)には、さまざまな装いに扮して誇らしげに練り歩く女性たちの姿を描いた昔の日本画が添えられます。かつて祇園祭にあった風習「園の賑い」の面影を、四季を彩る花々や風物に表したのがこのひと箱。あでやかで、にぎにぎしくて、さすがは花街・祇園の老舗菓子屋の自慢の品です。

「色だけ見ても、京都の古い菓子屋ならどこの店かわかります。それだけ色には特徴が出るかな」とは15代当主・今西善也(いまにしぜんや)さん。

箱の中を占めるのは、砂糖と糯米(もちごめ)の粉などを混ぜ合わせて木型で固めて打ち出した「落雁(らくがん)」、そして寒天に砂糖などを混ぜた「ゼリー」。あしらいに寒梅粉(かんばいこ)をつなぎに砂糖を練り上げた生地を造形した「生砂糖(きざとう)」が入るところまでが定番で、季節により「琥珀(こはく)」や「種もの」が加わることも。

「箱の中に入るものは、ほぼ自分たちでつくっています。干菓子は目で見て楽しいもので、食べるとおいしないって言う人に、丁寧につくった味を知っていただきたいなぁ」と今西さん。こと落雁には思い入れがあり、香ばしい風味を生かすために鮮度にこだわります。「精米したての米がおいしいように、挽き立ての米粉で打った落雁はおいしいんですよ」。口どけを考え、木型にはやわらかく詰める。と同時に型のディティールも見えるように打ち出すのが職人の技。落雁の真の味わい、再発見です。

ゼリーと呼ばれる半生菓子がキュート

「園の賑い」1箱6,600円(木箱2号)。写真は10月ごろの内容(季節にあわせて変わる)で、2段重ねで干菓子が収められている。日もちは約1か月。少し小さいサイズの木箱入り5,500円や紙箱入り(小)1,650円、紙箱入り(大)2,420円もある。

「小さきものは、みなうつくし」。縁起物はたくさん並べたほうがご利益も多い?

「園の賑い」は仕切りを使わずに詰める超絶技も見どころ。その隙間を埋めるのが、極小の落雁。屋号の「鍵」を含む宝尽しの意匠は、数多く集めるほどに心も弾む。年末発売の干支菓子「宝来」にもこの意匠が入る。※単独では購入不可。

鍵善良房の干菓子の木型の絵は、古い時代に絵師に描いてもらったもの。琳派の影響を強く受けている。

店舗情報

鍵善良房(かぎぜんよしふさ)
住所:京都府京都市東山区祇園町北側264 
電話:075-561-1818
営業時間:9時30分~18時(喫茶は10時~17時30分L.O. ※混み具合によりL.O.は早まる場合あり) 
休み:月曜(祝日の場合は営業し、翌日休)
●お取り寄せ:ウェブサイトhttps://shop.kagizen.co.jp/ 電話でも受け付ける

撮影/石井宏明 構成/藤田優
※本記事は雑誌『和樂(2021年10・11月号)』の転載です。掲載データは2023年9月現在のものですが、お出かけの際は最新情報をご確認ください。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

Oura Cathedral. Where the infamous 'Discovery of the hidden Christians' unfolded! [Visit Nagasaki's exotic national treasures! ]

山本 毅

茶室に見立てた木箱まで美しい! 亀末廣「京のよすが」【秋めく京都の干菓子図鑑・壱】

和樂web編集部

太巻ちゃうで巻寿司やで! 華麗なる大阪寿司の世界【あっぱれ! 大阪寿司!! part2】

和樂web編集部

震災からの復興を導いた「町全体でひとつの宿」のコンセプト。「西村屋本館」その2【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア