CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

Travel

2024.01.12

〝いつもの自分〟でいられる極上の心地よさ。「由布院 玉の湯」その1【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第7回は「由布院 玉の湯」その1をお送りします。

シリーズ一覧はこちら

大分県・由布院温泉「玉の湯」で知る
〝心くばり〞の本質

〝一度は行ってみたい憧れの宿〟もしくは〝もう一度行ってみたい忘れられない宿〟の話題になると、必ず名前が挙がるといっても過言ではない「由布院(ゆふいん)玉の湯」。全国に次々と新しい宿ができても、多くの人々に愛され続けているのには理由があります。自然豊かな建物のたたずまいも、美味しい食事も素晴しいですが、「玉の湯」が〝至高〟であると思うのは、極めてさりげなく優しい心くばりを感じるから、です。

心地よさのヒミツは、 
訪れる客の気持ちをゆるめる、やわらかさ

「由布院 玉の湯」は静かな宿です。玄関をくぐるやいなや、「いらっしゃいませ~」と着物姿の女将(おかみ)や仲居(なかい)さんたちが大きな声で歓待してくれる、きらびやかな純和風旅館の出迎えはありません。林の中の細い小道を通ってたどり着いた玄関で、「玉の湯」のスタッフの方々は、平然と温かく、にこやかに迎えてくれます。フロントやロビーに飾られているのは、地元の農家さんが育てた楚々とした野の花。気持ちがほっとゆるんでいきます。
圧倒されない――。この第一印象は「玉の湯」の大きな魅力といえます。高級旅館にあって、緊張することも、気どることもなく〝いつもの自分〟で、心地よくいられる雰囲気は貴重です。

「玉の湯」の玄関を入った正面。上部の壁に飾られているのは、大分県日田(ひた)市出身の洋画家、宇治山哲平の作品『万華(まんげ) 』。

穏やかな雰囲気が漂う「玉の湯」の人々

左/雑木林の木々は、落葉する樹種も多い。目立たないように落ち葉を掃くスタッフの姿も。右/「由布院 玉の湯」社長の桑野和泉(くわのいずみ)さん。これからの「玉の湯」と由布院の町との新たな計画も楽しみ。

左/朝食は和食か洋食を選ぶことができる。食材はほとんどが大分産。右/「ニコルズ バー」のバーテンダーの小村朋子さんは、カクテルのコンペで全国優勝した腕をもつ。

庭に響く鳥の声、カエルの声、ときには子供たちの笑い声――。
さりげなく、優しく、温かく自然や人の気配を感じる
小さな街のような宿

客室をはじめ、ロビー、談話室、廊下などいたるところに、毎朝、地元の農家さんから届けてもらう花々が飾られている。花を運んでいる台車は、なんと古いイギリス製の乳母車!

【湯宿DATA】

由布院 玉の湯(ゆふいん たまのゆ)
住所:大分県由布市湯布院町湯の坪
電話:0977-84-2158
宿泊料金:2名1室利用時1名¥41,950(税込)~(1室1名利用は部屋数・タイプ限定で¥59,550(税込)~)
アクセス:JR久大本線「由布院駅」よりタクシーで約3分
公式サイト:https://tamanoyu.co.jp/

撮影/伊藤 信 構成/高橋亜弥子
※本記事は雑誌『和樂(2023年2・3月号)』の転載です。
※表示の宿泊料金は税金・サービス料込みの金額です。別途入湯税や、入浴料などがかかる場合があります。また、連休や年末年始など、特別料金が設定されている場合もあります。
※お出かけの際には宿のホームページなどで最新情報をご確認ください。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

京都の人々を魅了し続ける「ソウルフードパン」はコレだ!【京都人の愛する「街のパン屋さん」7】

和樂web編集部

京都の魅力がここにある! 紫式部『源氏物語』にひたる、めくるめく宇治の旅

PR 和樂web編集部

奄美の森でタイムスリップ? 生きた化石「アマミノクロウサギ」に出会った夜

Dyson 尚子

京都の花見弁当といえば目に麗しい「京寿司」です!

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア