CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

Travel

2023.11.08

かわいい動物デザインも楽しめる! 崇福寺 第一峰門【異国情緒あふれる長崎の国宝を訪ねる!その2】

個性豊かな国宝と出合う長崎の旅、全6回シリーズ。第2回は「崇福寺 第一峰門」です。

シリーズ一覧はこちら

長崎市〝寺町〟にある「崇福寺」のふたつの国宝

左/扁額(へんがく)「第一峰」は、隠元の弟子で、崇福寺を盛り上げた即非如一の筆によるもの。中/「第一峰門」は、建物の赤と自然の緑の組み合わせが美しく、ありがたい雰囲気。右/扁額のまわりなど、軒下(のきした)に施された組物(くみもの)と呼ばれる装飾は、第一峰門の見どころのひとつ。このような木の組物はほかにない。

江戸時代の長崎はオランダのみならず、中国との交易も盛んにおこなわれていました。中国人が長崎に定住するようになったのは、江戸時代になってから。長崎には日本初の中華街が形成され、定住した人たちは航海の安全を守護する道教の女神・媽祖(まそ)や、自らの祖先を祀るため、出身地ごとに寺を建立しました。そのうち、明(みん)時代の福州(現・福建省)から渡来した中国人が故郷の僧を招き、江戸時代初期に開山したのが「崇福寺(そうふくじ)」です。

崇福寺にとって重要な人物が、インゲン豆に名を残す福州出身の高僧・隠元隆琦(いんげんりゅうき)。隠元は崇福寺を黄檗宗(おうばくしゅう)の寺とし、本山として京都・宇治に萬福寺を創建。その弟子・即非如一(そくひにょいち)によって崇福寺の伽藍(がらん)は拡大され、寺は大いに発展しました。

左/門外には子持ちと鞠(まり)持ちの狛犬が。中/扉に付けられた装飾品は、狛犬(こまいぬ)と思われる。右/中国語での発音から福を呼ぶ動物と信じられている、かわいい蝙蝠(こうもり)の意匠。

国宝情報

崇福寺 第一峰門 そうふくじ だいいっぽうもん
延宝元(1673)年以前創建。当時は一の門だったので、「第一峰門」。壮麗なデザインながら威圧感はなく、国宝だけれど親しみやすいイメージ。

全体像もディテールも、中国伝来の美しい意匠に満ち溢れている。

撮影/佐藤敏和 ※本記事は雑誌『和樂(2023年8・9月号)』の転載です。

Share

山本 毅

通称TAKE-G(たけ爺)。福岡県飯塚市出身。東京で生活を始めて40年を過ぎても、いまだに心は飯塚市民。もともとファッション誌から始まったライター歴も30年を数え、「和樂」では15年超。日々の自炊が唯一の楽しみ(?)で、近所にできた小さな八百屋を溺愛中。だったが、すぐに無くなってしまい、現在やさぐれ中。
おすすめの記事

〝いつもの自分〟でいられる極上の心地よさ。「由布院 玉の湯」その1【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

和樂web編集部

うつわに〝映える〟逸品!特別版・末富、亀廣保、塩芳軒【秋めく京都の干菓子図鑑・肆】

和樂web編集部

A pleasant escape from everyday life. 'Francois kissasitsu' in Kyoto【Kyoto, the city of Chami.】

和樂web編集部

Kyoto confectionery store that delivers seasonal scenery. Kyoto ‘Kameyayoshinaga’ [Kyoto, the city of Chami!]

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア