佐賀県唐津の絶景「七ツ釜」を観光!幻の白い観音様も注目の秘境を旅する

佐賀県唐津の絶景「七ツ釜」を観光!幻の白い観音様も注目の秘境を旅する

目次

「皆様、前方に何か見えませんでしょうか? 日頃の行いが良い方にしか見えないはずです。さあ、何でしょう?」茶目っ気一杯に、船の先を案内するガイドさん。
観音様好きの私が、この日最大で一気に気分が上がった瞬間。
洞窟の中央に佇んでいらっしゃるのは、「幻の白い観音様」。

ここは、佐賀県唐津市湊町の北西部にある絶景秘境の「七ツ釜」。
この日はなんと、幻の白い観音様が出現したんです!

この瞬間まで、七ツ釜でこの観音様にお目にかかれることもあるということを全く知らなかったので、一緒に乗船している私たち観光客全員が、その美しさにウットリして心を奪われながらも大興奮。

背後から聞こえてくる、慌ててカメラやスマホを出して、バチバチ写真を撮影するシャッター音。最前列に座っていたので、人の頭が入ることなしに、最高に美しい白い観音様の姿を心や脳裏だけではなく、ゆったりと写真にも収めることができ、感謝と感激で胸いっぱい。

「噂のイカ釣り漁船」に乗船し「七ツ釜」へ!


佐賀県の絶景秘境「七ツ釜」は、船によるクルーズで観光するのが1番おすすめですが、この船は、実は、2種類あるんです。

七ツ釜観光をするほとんどの観光客の方は、イカの名産地で有名な港町「呼子町」から、マリンパル呼子が運営するイカの形をした大きめの観光遊覧船「イカ丸」を利用しています。

でも、私は、イカ釣り漁がお休みの土日祝日のみ出航するという「噂のイカ釣り漁船(七ツ釜観光遊覧船「さちまる」)」にどうしても乗ってみたくて、現地の漁業組合などから色々と教えてもらい、見事、自分の人生史上初!イカ釣り漁船に乗れて、さらに、最高の「七ツ釜」を思いっきり楽しみながら見学できたわけです。
運が良ければお目にかかれる冒頭の「幻の白い観音様」も、小回りもきき、洞窟の奥まで行けるこの船ならでは。

写真を撮るなら絶対最前列!特等席から浴びる波しぶきも醍醐味!!


乗船したのは、上の写真にあるイカ釣り漁船「さちまる」こと、七ツ釜観光遊覧船「さちまる」。
絶景写真を撮るのに人の頭が入らない進行方向の1番前、船の先頭部分の席に座り、大はりきりの私。
こんな機会でも無ければ、イカ釣り漁船に乗れるようなことも無いでしょうし、人生初のこの乗船体験だけでもワクワクが止まりません。

この船の1番後にいるのは、この漁船の持ち主の運転手男性と、ツアーのガイド役のその息子。

観光客用の座席には、レインコートが置かれており、「防水仕様でないスマホ、カメラ、腕時計、貴重品等は濡れないようにカバンにしまい、そのかばんも念の為、レインコートで覆ってください。フォトスポットで写真の撮影タイムも設けますのでご安心ください。」と船のガイドさんからのアナウンス。

走行中でも撮影したい気分を抑えられなかったので、万が一に備え、壊れてもいいような安いデジカメに慌てて持ち替えながら、「そんなに波しぶきがすごいの?ディズニーランドのスプラッシュマウンテンじゃあるまいし…。」と心のつぶやき。

「濡れるのが嫌な方は、レインコートを着用してください。少なくとも貴重品には、レインコートをお掛けください。」と再度、ガイドさんからのアナウンス。
この再アナウンスは、私に対してであろうか?
貴重品やデジカメはレインコートの中に収めたものの、自分の体の上半身がレインコートに覆われていなかったので、慌てて着用している最中、船がいきなり出発!

着用半分でボートが勢いよく出発し、レインコートを着用しようと思ってもパタパタはためきながら船の帆の状態になってしまい、なかなか着れない…。
すると、想像以上の量の波の水しぶきが、前方から飛び込んできた。
水族館のイルカショーの最前列や、ディズニーランドのスプラッシュマウンテンなどでかかる水しぶきなんて、比べものになりません!!

頭からフード付きのレインコートをかけても、1番前の席は、この日、とても風の抵抗がすごく、フードは一気に後ろに回り、前方からバケツで水をかけられたかのような量の波しぶきが顔面目掛けて飛んでくるでありませんか!
その瞬間、私のサングラスも半分以上、ずり落ちる…。
「ヒョエーーーーー!」心の中を飛び越えて飛び出てきた言葉。

「大変申し訳ありません。本日、この海域は波と風がありますので、これでも波がかからないようにルートを選んで最善を尽くしています。穏やかな海域に出るまで、もうちょっとのご辛抱をお願いします。」と船長。

すると、再び、バケツで水をかけられたかのような量の波しぶきが前方から飛び込んできた!ここまでくると、笑いが止まらなくなってきた私。
「皆も同じなのだろうから、皆で楽しむしかないネ。」と思い、後ろを振り返ると、「え゛ーーーーー!」。
後ろのお客様は、多少、波しぶきを浴びながらも、涼しい顔をして座っていた。
私たちが波しぶき除けになっているのであろうか…。実際、そうなっているではないか~!ひょえ~!

「波風が激しいエリアを出るのは、もうすぐです。もう少しのご辛抱を。」と船長。
「こうなったら、楽しんだもの勝ちだね!」と開き直って、この特等席を完全に楽しむことに。その瞬間、足元に何かが落ちたので、落ちた物を拾おうと身をかがめたら、ザブーン!と大きな波しぶきが再び到来!
と、同時に、「キャー!」と女性の声が…。
振り返ると、びしょぬれになっていた。

1度、波しぶきを浴びれば、2度も3度も同じ。むしろ、楽しくなってくる不思議!
穏やかな海のエリアに出ると、そこに広がっていたのは、圧巻の別世界。

七ツ釜とは?


佐賀県唐津市湊町の北西エリアにある「七ツ釜」は、国の天然記念物に指定されている景勝地。佐賀に行ったら外せない絶景秘境の1つです。
「七ツ釜」という名称は、玄界灘(げんかいなだ)の激しい波のパワーによって玄武岩が侵食されてできた7つある洞窟を総称して命名されました。しかし、小さな洞窟も入れますと、実際には、7つ以上の洞窟があります。


また、七ツ釜では、6角形の柱が連なった玄武岩の岩肌も特徴的。この柱は、柱状節理(ちゅうじょうせつり)という、マグマが冷え固まる際に、収縮して割れ目が入る現象によって生み出されたもの。玄武岩の場合は六角柱となることが、ほとんどです。


まさに自然が生み出したアート。「七ツ釜」は、どこから見ても、ひときわ異彩を放って輝いています。

海上クルージングでの七ツ釜の見どころ


様々な見どころがある「七ツ釜」には、その周囲にも興味を惹くようなユニークな形のたくさんの奇岩があり、よく見ると色々な形に見えてきます。

奇岩「象の鼻」は見逃せない!


そんな奇岩に溢れる七ツ釜周辺のエリアで見逃せないスポットの1つが、地図にも載っている「象の鼻」です。写真にあるように見ていくと、伏せている姿の象さんに見えてきませんか?
高台から見下ろした角度で見ると、象さんの手に相当するものも見えるらしいので、さらに象さんの姿に見えてくることでしょう。

洞窟の外も中も六角柱が織りなす玄武岩の美しい岩肌!


七ツ釜の大きな特徴にもなっている玄武岩の個性的で美しい岩肌は、洞窟の外側だけではなく中側でも見られます。この岩肌の美しさは、光の加減によって様々な表情を見せるのも見逃せないポイントです。

洞窟内部もまさに神様の彫刻


洞窟の中も柱状節理による美しく個性的な壁面となっています。中には、上の写真の様に、大自然の偉大な彫刻家や建築家が築いた大聖堂のような空間もあります。こんな偉大な大自然の空間で海上に浮かびながら、波や風の音などと共に音楽を奏でてみたいです。

ウットリするほど美しい海の色と輝き


日本の海とは思えないアクアブルーやエメラルドグリーンの美しい海の色や輝きも見どころです。晴れの日で、波や風があまりなく海上が穏やかであれば見ることができます。この日、この洞窟の周辺は、非常に穏やかな海となっており、美しいアクアブルー(上の写真)を目にし、心を奪われました。


クルーズ中でも、海上の位置によって波の穏やかさや風の具合などが違うので、海水の色が異なっているのも見逃せません。
また、上の写真で、岩の下方に線が入っているように見えるのは、ちょっと前まで海水の水位がその高さまであった証拠。岩のくぼんでいる部分は、海水が乾きづらいので、湿っていて色が異なって線の様に見えます。
水位が高い時は危険なので、船でも洞窟の中へ入っていけないとのことです。

お会いできたら超ラッキー「幻の白い観音様」!


条件が合わないと出現しない幻の白い観音様。冒頭でもちょっと触れましたが、幸運にもこの日、出現!
道中、波しぶきの大歓迎を受けたのを忘れる程、ウットリしてしまいました。
この洞窟の奥に切れ目があり、そこから差し込む光の角度、洞窟内の海水の穏やかな水面、水位など、すべての諸条件が合うと出現してくれるそうです。


やはり、冒頭でもご紹介したこちらの写真の方が、そのお姿がはっきりわかりやすいでしょうか。
この観音様が出現する洞窟は、大きめの観光遊覧船のマリンパル呼子の「イカ丸」では、入れないサイズの洞窟ですので、絶対に見られないとのことです。

七ツ釜の景色を見下ろせる玄海国定公園


「七ツ釜」の洞窟エリア一帯の上にある大地は、「玄海国定公園」の領域となっています。この公園内には遊歩道もしっかり完備されており、七ツ釜を眺められる展望台も用意されています。この展望台からの眺めは、海上クルーズ程は、七ツ釜に接近できませんが、上から見下ろした七ツ釜を見ることができます。海上クルーズに加えて、この公園から七ツ釜の別の表情をとらえてみるのもおすすめです。

また、この公園内からは、前述の「象の鼻」を象の手の部分も入れて上から見下ろすこともできます。

上の写真では、玄海国定公園から七ツ釜を眺めているお2人が、船から手を振る私たちに向かって手を振ってくれているシーン。

噂のイカ釣り漁船「さちまる」で「七ツ釜」見学をするには?

この他にも書ききれないほど、最高に楽しい瞬間に溢れた時間を満喫した噂のイカ釣り漁船「さちまる」での七ツ釜見学。ご興味を持った方は、ぜひ、乗船してみてはいかがでしょうか。
この船に乗船する方法をこれからご案内します。

4月上旬から11月上旬の土日祝日のみ運行

「七ツ釜屋形石漁協組合青年部」によって運営されているこのイカ釣り漁船の正式名称は、七ツ釜観光遊覧船「さちまる」です。この船は実は、毎年4月上旬から11月上旬くらいまでの期間限定で営業されています。しかも、出航する日は、イカ釣り漁がお休みの土日祝日のみの運行となっています。この船で七ツ釜観光をしてみたい方は、この点に注意して、ぜひ旅程を組んでみてください。

どこから乗れるの?


この船に乗るには、車でのアクセスがおすすめです。「七ツ釜園地」の無料駐車場(最大50台収容可能)にまず、車を停めて、そこからすぐの所にある坂を徒歩で降りると、1分ほどで上の写真のような青い外壁のチケット売り場に到着します。ローカル感と手作り感満載でなかなか味がありますよね。その近くには、下の写真にある船乗り場と待合室もあります。

電車でアクセスされる方は、最寄り駅となるJR「唐津駅」から「七ツ釜園地の無料駐車場」まで、タクシーで20分くらいです。


のんびりとした雰囲気も地元ならでは。観光ガイドブック等の情報では味わえない本当の「旅」!の醍醐味も満喫できますね。
イカ釣り漁でこのエリアの海や七ツ釜を知り尽くした楽しいガイドさんや優しい船長さんと共に小さな洞窟の中にも入れ、七ツ釜の素晴らしさを存分に満喫できました。しかも、料金は観光遊覧船「イカ丸」よりも安いですし、人生の中でイカ釣り漁船に乗れたことも貴重な体験となりました。良いことづくめ!

七ツ釜観光遊覧船「さちまる」の基本情報

運営元:七ツ釜屋形石漁協組合青年部
料金:大人料金は1000円、中学生以下の子供料金は500円
運行期間:4月上旬~11月上旬くらいまで
出航日:土曜日、日曜日、祝日のみ
運行時間:10時~17時まで
乗船場:「七ツ釜園地の無料駐車場」から坂を下りてすぐ
住所:佐賀県唐津市屋形石3618
現在は、FACEBOOKのコミュニティが開設されており「七ツ釜観光遊覧船「さちまる」」にて、船の運行情報などもチェックできます。

佐賀県唐津の絶景「七ツ釜」を観光!幻の白い観音様も注目の秘境を旅する
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする