木村 一実の読み物

全9件、1-10件を表示中
日本美術
【次回のファミリー向けプログラムは9月24日10時受付開始】子供たちのミュージアムデビューに人気の「Museum Start あいうえの」とは?

2019年3月16日(土)・17日(日)、東京・上野恩賜公園内にある東京都美術館に次々とやって来る小学校1年生~高校3年生までの子供たちとその保護者。お目当ては、子供のミュージアムデビューを応援する「Museum Start あいうえの(以下、あいうえの)」が開催するプログラム「あいうえの日和」でした。 2日間で計4回開催されたプログラムには122組244名のファミリーが参加。子供たちに人気の「あいうえの」とは? 「あいうえの日和」体験レポートと共にお届けします。 上野地区の9つのミュージアムがデビューを応援してくれる! アーティスト日比野克彦さんデザインのオリジナルバッジ 「あいうえの」とは […]

日本美術
子連れで美術鑑賞初体験。小さな子供や赤ちゃんでも楽しめるおすすめ美術館3選

小さな子供連れでは少し行きづらい場所というイメージのある美術館ですが、実は赤ちゃんから大人まで誰もが利用できる教育の場として運営されていることをご存知でしょうか。 実際に子連れを歓迎してくれる美術館は多く、例えば東京・六本木の森美術館では未就学児の0歳~6歳とその家族などを対象にした「おやこでアート ファミリーアワー」が開催されています。(こちらの詳細はのちほど! ) 森美術館「おやこでアート ファミリーアワー」風景(「カタストロフと美術のちから展」2018-2019年)撮影:田山達之 画像提供:森美術館 小さな頃から子供たちが美術館を身近な場所として感じられるように、また毎日子育てに励むママ […]

工芸
プラレールが漆と合体したらこうなった!伝統工芸とおもちゃのコラボレーション~後編~

青森県の伝統的工芸品「津軽塗」とタカラトミーから発売されている玩具「こえだちゃん」のコラボレーション作品をご紹介した前編に続き、伝統工芸とおもちゃの気になるコラボ後編をお届けします! 後編は、同じくタカラトミーの鉄道玩具「プラレール」と伝統工芸が織りなすアート プラレールをご紹介。「江戸切子」「箱根寄木細工」「京都竹工芸」「漆塗り」という、日本人の生活の中で深く関わりながら継承されてきた4つの伝統工芸と、2019年に60周年を迎える人気のおもちゃプラレールが融合した芸術品のような作品をご覧ください! 「伝統工芸×プラレール」の4作品を一挙ご紹介 「東京おもちゃショー2017」では、4つのうち漆 […]

工芸
「津軽塗 こえだちゃんの木のおうち」に目がハート! 伝統工芸とおもちゃのコラボレーション~前編~

タカラトミーから発売されているミニドール付きハウス玩具シリーズ「こえだちゃん」。子供たちの温かく優しい気持ちを育むことを目的として「自然」や「緑」をメインテーマにしたこえだちゃんに、懐かしさを感じる方は多いかもしれません。 今回、そのこえだちゃんが300年の歴史を持つ青森県で唯一の伝統的工芸品「津軽塗」とコラボレーションをしました。津軽塗の優美さと、可愛らしいこえだちゃんの世界がどう交わるのか必見です! こえだちゃんて誰? 現在発売中の「こえだちゃん」 タカラトミーから発売されている「こえだちゃん」はみどりのもりの妖精。約40年間、ごっこ遊びなどでたくさんの子供たちの想像力を育んできました。か […]

旅と食
夏休みは「池袋・川越アートトレイン」で小江戸にタイムスリップ!

蔵造りの街並みに時の鐘、菓子屋横丁に川越氷川神社など、近年観光地としての人気がグイグイと上がっている埼玉・川越市。レトロな街並みをつくる歴史的建造物をはじめ、縁結びスポットや食べ歩きなどが人気を呼び、友達同士や家族連れ、海外旅行客など多くの人々でにぎわっています。 そんな川越観光に便利な東武東上線に、若手画家の描き下ろしイラストが施された「池袋・川越アートトレイン」が登場しました。 10両編成の電車に描かれた作品には、川越を代表する観光スポットやモチーフがズラリ! アートトレインに乗って行くぶらり小江戸川越さんぽ。あなたなら、どのモチーフから巡りますか? 池袋・川越アートトレインとは? 埼玉県 […]

旅と食
2,000個越えの江戸風鈴。川越氷川神社の縁むすび風鈴が可愛くって、ありがたい

雨が降ったりやんだりの梅雨の季節にもかかわらず、海外からの観光客や年配のご夫婦、女性同士のグループや浴衣姿の若者たちが吸い込まれるように皆、川越氷川神社に入って行きます。 鳥居をくぐる前から聞こえる涼やかな音、出迎えてくれたのは風に揺れる色とりどりの江戸風鈴でした。 2019年で6度目を迎えた埼玉・川越氷川神社の「縁むすび風鈴」。境内に掛かる風鈴の数はなんと2,000個以上! 願いを込めた短冊を風鈴に結ぶこのおまつりはどこを切り取っても可愛く、そしてありがたいものでした。 川越氷川神社とは 今から約1,500年も前の古墳時代に創建されたと伝えられる川越氷川神社は、太田道真と道灌親子により川越城 […]

日本美術
27か国76人の作品が大集合!板橋区立美術館で開催「ボローニャ国際絵本原画展」

約1年の大規模改修工事を終えた板橋区立美術館。リニューアルオープン第一弾の展覧会である「2019 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展(以下、ボローニャ展)」が6月29日(土)からスタートしました。板橋区立美術館主催のボローニャ展は今年で38回目。展覧会では、2019年のボローニャ展で入選した27か国、76人のイラストレーターの作品が勢ぞろいしています。 絵本の“今”を知る貴重なチャンスをお見逃しなく! 新人イラストレーターの登竜門「ボローニャ国際絵本原画展」とは? イタリアの北部にある古都ボローニャをご存知でしょうか。ヴェネツィアとミラノ、フィレンツェの間に位置する街で、最近ではサッカーの冨安 […]

日本美術
初心者大歓迎「遊べる浮世絵展」で見る、江戸の子ども絵・おもちゃ絵が面白い!

2018年に広島県立美術館で開催され人気を呼んだ「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展(以下、遊べる浮世絵展)」が、2019年4月28日~6月9日の期間、東京・練馬区立美術館(以下、練美)で開催されています。 浮世絵と言えば、有名なのが美人画、役者絵、風景画ですが、「子供」を主役にした作品も多く描かれました。そんな子供に特化した浮世絵コレクションを専門に収集してきたのが「公文式」で有名な「くもん子ども浮世絵ミュージアム」です。くもん子ども浮世絵ミュージアムの子供に特化した浮世絵コレクションは、非常にめずらしく、かつ極めて特徴的であることから、浮世絵に詳しい方々にも人気があるようです […]

芸能と文化
美術館が子供の自己肯定感を育むってホント? 美術専門家に聞いてみた!

上野恩賜公園内の9つのミュージアムが連携した、子供のミュージアムデビュー応援プロジェクト「Museum Start あいうえの(以下、「あいうえの」)」。前回は「あいうえの」のプログラムのひとつ「あいうえの日和」に参加した体験レポートをお届けしました。(体験レポートはこちら) 今回は、その運営チームのプロジェクトマネージャーであり東京藝術大学 美術学部特任准教授の伊藤達矢さんに「ズバリ、子供が美術館や博物館に行くメリットとは何か? 」「ミュージアムでの鑑賞体験を充実させる最大のコツとは? 」など「子供とミュージアム」についての話をおうかがいします。 学びや驚きが非常に多いものとなったインタビュ […]

全9件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介