日本文化の入り口マガジン和樂web
5月7日(金)
北斎は定規とコンパスを用いて無限の模様を編み出した。
(柳亭種彦) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月6日(木)

北斎は定規とコンパスを用いて無限の模様を編み出した。
(柳亭種彦) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら

読み物
Culture
2019.10.18

初心者や女性にもおすすめ!秋葉原の自作PCパーツ専門店3選と歴史も紹介

この記事を書いた人

必要に迫られて「無いものは作るしかないかぁ…。」ということになり、昨年、ついに私の人生にもWindows版デスクトップPCの自作デビューをする時が到来!
それはまるで、遅咲きの花が開くようなものでした。
初めて自作した、「自分仕様」のクリエイティブ作業用デスクトップPCは無事完成し、同居する我が相棒の愛猫もご満悦。用途は違えど、お互いの愛用品になっています。

秋葉原の色々なPCパーツ専門店の店員さんと話したことや、調べてみたことなどを基に、秋葉原の自作PC事情や文化の今、昔を垣間見ながら、初心者や女性にもおすすめの自作PCパーツの専門店もご紹介。
秋葉原で自作PCデビューのススメ!

やる気があれば、やればできる子


自作PCに興味があったり、いつか自作PCを作ってみれたらいいなぁ…などと思ってみたことはありませんか。
自作PCに関するYouTube動画をこれでもかという程、好奇心と興味のまま大量に見まくっていると、不思議なことに、やる気があれば、自分でも作れるような気に段々となっていくんですよね。一種のイメージトレーニング効果のようなものでしょうか。
中には、自作PCの組み込みの最初から完成までの一連作業を見せてくれている動画も色々とあったので、そういう動画をいくつも見ているだけでも、何台もPCを組み立てた気になってくる更なる不思議。
そして、大型のホームセンターに行くと感じる、自分で家を1軒建ててみたくなるみたいなワクワク感まで湧いてきたので、「ここは、いっちょやってみるか!」と決心した私。

下調べして吟味したPCパーツの下見やパーツ同士の相性の確認など、質問リストを引っさげて、秋葉原にあるPCパーツ店を何軒もハシゴしながら、久々に秋葉原の街をぶらり放浪。

駅前のガード下から始まった秋葉原文化


出典:秋葉原ラジオセンター

秋葉原といえば電気街のイメージが強いですが、じつは、電気街からではなく、駅前のガード下に集まる電気パーツ街からスタートしているんですね。

戦後の時代まで遡ってみると、当時、この周辺エリアは、電気部品の露店が集まるエリアとなっていました。近くに電気エンジニアを養成する学校があったこともあり、この学生達が露天の部品をかき集めて、ラジオを自作で組み立て、このエリアで販売していた歴史があります。この時は、生活のために行われていたことでしたが、こんな古くから秋葉原では自作文化が始まっていました。現在の秋葉原に自作PC文化がしっかり根付いているのも当然の結果なのでしょう。

しばらくして、GHQによって、露店販売を全面禁止する命令が出ると、このエリアの日本人の権力者が彼らの生活を守るために直訴。秋葉原駅のガード下エリアに、ラジオセンターやラジオストアーを作り、そこに電気部品の露店が集結しました。これが、秋葉原ラジオセンターなどがある現在の電気・電子部品街のルーツです。
その後、家電製品の卸を行うお店が増え、電気街が誕生します。

自作PC文化の中心地、秋葉原


秋葉原といえば、自作PC文化も古くから根付いている街としても有名です。WindowsPCが世に出回る前のDOS/Vパソコンの創成期からオタクやマニア向けのPC関連のお店はありました。インターネットがなかった当時は、お店が情報交換できるコミュニティーのような役割も果たしており、情報の発信源にもなっていた人気店は、秋葉原の自作PC文化の中心的な存在で、先駆者にもなっていました。

WindowsのOSやPCが世に普及し始めると、自作PCを楽しむ人々の数も急増。自作者向けのPCパーツ専門店も一気に増加し、秋葉原の街にPCパーツ街も誕生。秋葉原の文化の1つとして、自作PC文化がしっかり根付き、現在も秋葉原は自作PC文化の中心地となっています。

秋葉原の自作PC事情の今昔


15年ほど前までは、最新パーツをいち早く購入して最新型のWindowsデスクトップPCを自作すると、市販品を購入するよりもかなり安く仕上げられることも多かったので、これは自作ならではの大きなメリットにもなっていました。また、驚くような特価のPCパーツを寄せ集めて、格安で性能の良いPCを仕上げることも大いに楽しめたようです。

しかし、秋葉原の街の再開発が開始され、大型店が沢山建ち始めると、廃業となる小規模なPCパーツ店も続出。さらに、最新型のWindows PCの価格も値崩れし、下降の一途をたどるばかり。そんな時代の変化と共に、自作PCのかつての大きなメリットは徐々に薄れていき、秋葉原の自作PCブームにも陰りが出てきました。

世は「自分仕様」の時代!カスタムモデルを追求すると「自作」に行きつく!


とは言っても、PCのパーツの質を見た場合は、完成された市販PCと同レベルのものが、たとえ同じ値段で完成したとしても、吟味したパーツで組んだものであれば、自作の方が当然、質は上回っています。

また、新型Windows PCの発売のサイクルが早い現在、市販品などでは乏しい拡張性も十分に加味して自作すれば、長い目で見るとかなり安上がりになることも少なくありません。
なぜなら、パーツを最新のものに変えられる限りバージョンアップをしていったり、必要に応じて機能を拡張し続けていくことで、長く使い続けられるからです。しかも、常に「自分仕様」でこだわりながら楽しめるのです。
特殊用途の高性能PCやハイエンド的なPCほど、この恩恵は高いことでしょう。

昔ほど価格的なメリットは薄れても、こだわれる箇所やPCパーツの種類はどんどん増えているので、自作する理由も現在は多様化してきています。

若年や女性の自作PCデビューは増加傾向


そんな現代の自作PC事情の中で、若者のPC離れまで起こっているとメディアでは述べられているようですが、実は、若年や女性の自作PCデビューは、緩やかですが、増加傾向にあるらしいのです。理由は様々ですが、女性の中には大人女子でデビューされる方も少なくなく、中には、我が子のためにゲーム用のハイエンドのデスクトップPCを子どもと一緒に自作するというお母さまも結構いるとのこと。
カッコいいですね!

現代の自作PCマニア


TVゲームを与えられて育ったゲーマー世代の若者は、昭和の時代の高額商品の代名詞であり、ステータスの1つともなっていた高級車を所有したがらないという話は有名ですが、その代わりに、自分の人生を豊かにするものや趣味にお金をかける方が増えています。

車好きの方が、自分で愛車をカスタムして楽しんでいる感覚で、ゲーム好きの世代は、PCパーツにこだわり、見せる美しさも含めて、こだわりの自作PCを愛用の数々のゲームソフトと共に楽しんでいる方も多いらしいです。しかも、採算度外視でお金を費やして楽しむ大人も少なくないとのこと。


また、最近人気のPCゲームは、パソコンに負荷がかかるものが多いので、愛用のゲームソフトをフル機能で楽しめるように、性能面で余裕があるハイエンドPCを「自分仕様」で自作する方も多いです。
さらには、愛車を走らせて最高走行速度の記録を競うかのように、CPUのクロック数を保証範囲を上回る周波数まで上げて、オーバークロックの数値の記録を楽しむのも、この手の愛好家に多く、「オーバークロック世界大会」なんていう世界レベルの大会まであったりします。これはある種のマニアの世界ですけど。

「見せるデスクトップPC」は現代の自作PCの大きな醍醐味の1つ


ゲーム用PCといえば、昭和の時代のトラック野郎が乗り回していたデコトラも驚くような、ギラギラに光るLEDのイルミネーション機能を持っていることでも有名です。もともとは、ゲーマーやゲーミングPCに向けて各専門メーカーが販売開始したイルミネーション機能付きのPCパーツ。これは、ゲーマーでなくても、多くの現代の自作PC者の心にも火をつけました。

マザーボード、メモリー、CPUクーラー、グラフィックボード、ファンなど、各イルミネーション付きPCパーツを組み込んで、音楽やサウンドに合わせてPCパーツを光らせたり、PCから操作して気分によってイルミネーションの色を変えたり、自分好みにイルミネーションの光るパターンを変ることなどもできます。インテリアの照明代わりに使ってしまう強者やオシャレさんも少なくないほど、遊び心やギミックも満載されているんです。
中には、PC内の温度管理を各パーツの色で判断できる機能のあるPCパーツも。もちろん、イルミネーション機能をオフにして使うこともできる物がほとんどです。

出典:Fractal Design

これにより、「見せるPC」という概念も生まれ、自作者向けのデスクトップPCのケースにも強化ガラス(安いものは、強化プラスティックなど)が入って、中の配線や光るPCパーツも見せることができるものがたくさん出回るようになりました。

中には、ほとんど全面が、強化ガラス面となっているケースもあったり、インテリアとしても最適なアートオブジェ的な四角ではないPCケースも色々とあり、「見せるPC」というのも現代の自作PCの大きな醍醐味の1つです。

出典:Thermaltake

もちろん、外観だけではなく、静音性や排熱性などの機能面もしっかり加味された「見せる」PCケースも色々とあります。

こうしたPCケースは、見える部分の配線も美しく行えるように、PCケースの構造自体に工夫が施されているものも多いです。また、配線ケーブルも昔とは異なり、カラーバリエーションがあります。

また、部分的な強化ガラス面はありませんが、家具の様に美しい木製の高級PCケース、和室にも合う本物の金箔を使用した手描き蒔絵が入った高級漆工芸ケースなんていうPCケース等も秋葉原で大きな話題となりました。この様な変わり種の個性派PCケースも大人のPC自作者や愛好家を中心に人気があるとのことです。
これも「見せるPC」の概念に広い意味では入るものでしょう。

こうしたユニークなもの等にも溢れているのも様々な魅力に満ちた秋葉原の面白さや懐の大きさ。昔は「自分仕様」にできなかった部分でも、現在の自作PCでは、大いにこだわることができます。そんな変化も、PCを自作する人たちにとっては欠かせない、大きな楽しみを増やしています。

敷居がぐ~んと下がった秋葉原のPCパーツ専門店


かつては一部のオタクやマニア向けであった自作PCパーツを売る秋葉原の専門店。当時は、男性客がほとんどで、女性1人では入りにくいお店もたくさんありました。
しかし、インターネット社会が到来すると、秋葉原にあったオタクやマニア向けの専門店のあり方も変貌。惜しまれながらも閉店した小さなお店も多くありましたが、時代の流れと共に多様化したニーズに対応した結果、新業態へ生まれ変わるお店や、大きな資本を持つ会社と手を組むなどして経営改革をしたお店も少なくありませんでした。

その結果、秋葉原の文化や街は、さらに開かれた世界へ。女性や初心者にも優しい専門店が増え続けています。

出典:ドスパラ

現在、敷居がぐ~んと下がって、誰もがチャレンジできるものになっている自作PC。昔とは異なり、自作用のPCパーツには初心者にも優しい様々な工夫が施されていますので、取り扱いやすくなっています。
さらに、これまで自作PC初心者には高いハードルとなっていたBIOSの設定も、進化してかなり簡素化され、設定の必要もなくなってきています。たとえBIOS自体が何なのかわからない人でも、設定が必要であれば、マニュアル通りに行うだけで簡単にできるようになっています。

また、PCパーツ専門店においても、女性1人でも入りやすい明るい店内の雰囲気、幅広い品ぞろえ、お店によっては自作PC初心者にも安心な独自のサービスを提供している所も少なくありません。自分で組む時間やスキルに自信が無い方でも、秋葉原には、自分が吟味したすべてのPCパーツを代行して、良心的な価格で短期間で組み込んでくれる専門店なども色々とあります。
さすが、秋葉原!

女性や初心者にもおすすめ!秋葉原でパソコンを自作するならココ!!

古くからパソコンの聖地としても有名な秋葉原には、パソコンを自作する人向けのPCパーツの専門店も充実。全盛期の時代ほどの店舗数はありませんが、その分、店舗自体が大型化しているように思います。秋葉原のPCパーツ街で、初心者や女性にもおすすめの専門店をご紹介します。

ドスパラ 秋葉原本店

出典:ドスパラ秋葉原本店

かつては「DOS/Vパラダイス」という店名であったこの有名店は、秋葉原の自作PC文化には欠かせない中心的な存在のお店の1つ。DOS/Vマシンの創成期から秋葉原で営業を行うこの老舗店は、秋葉原の自作PC文化のパイオニアといっても過言ではありません。

このお店で訪れるべきは2階のPCパーツ売り場。私が訪れた5軒ほどの有名専門店の中では、店員さんの質が1番素晴らしいと感じました。自作PCに関してかなりマニアックなベテランの店員さんが勢ぞろい。オタク全盛期の昔の秋葉原を知ってそうな年代の店員さんが特におすすめ。

個人の様々なニーズに合わせて親身に相談に乗ってくれるので、他のお店では教えてもらえなかったPCパーツの様々な選択肢の提案を予算に合わせて、次から次へと各パーツの商品の前で分かりやすく説明してもらえました。また、1フロアに幅広い商品数があるので、構成パーツごとに階を移動しなくてよい点も嬉しいポイント。
定員さんは、必要な構成パーツを説明してくれながら専用用紙に書き込みも行ってくれ、最後に見積もり代金と共にお店の専用機でプリントアウトして渡してくれます。こうしたサービスもありがたいです。

また、見逃せないのが、ここでしか買えない、お店オリジナル、または、独占契約している優れた性能で素晴らしいコスパの人気のPCパーツ。
さらに、パソコン組み立て代行サービスに加え、万が一、部分的に組み込みが難しいと思ったパーツがあっても、部分的に取り付けを行ってもらえるサービスなどもあり、これらも良心的な価格で提供されています。自作PCデビューをされる方にも安心で、女性にも優しいお店です。通販サイトもあります。

◆ドスパラ
住所:東京都千代田区外神田3-11-2 ロック2ビル1F/2F/5F
TEL:03-5295-3435
営業時間:11:30〜20:00
定休日:なし
WEB:ドスパラ秋葉原本店

TSUKUMO eX.


TSUKUMO eX.は、秋葉原において、3つの指に入る歴史もあり代表的なPCパーツの専門店の1つ。地下1階から6階までの丸ごとビル1棟全てにPC関連商品が入っており、自作PC者に嬉しい充実した品揃えも自慢です。

自作PC初心者におすすめのフロアは、最上階の6階。このフロアには、自作PCやカスタムPCを一式組む際の様々な相談や見積もりを無料で行ってもらえるコーナーが設けられています。仕事帰りにも余裕で立ち寄れる、夜10時まで営業しているのも嬉しいポイントです。

こちらも良心的な価格で行ってもらえるPC組み立て代行サービス等もあるので、万が一の際、初心者にも安心です。通販サイトもあります。

◆TSUKUMO eX
住所:東京都千代田区外神田4-4-1
TEL:03-5207-5599
営業時間:10:00〜22:00
定休日:元日
WEB:TSUKUMO eX.

パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店


こちらも秋葉原のPCパーツ街を代表する人気有名店の1つ。毎週末セールが行われており、目玉商品は破格の安さになっていることも少なくありません。ただし、破格品の場合、通常品と保証期間や保証内容が異なる場合もありますので、この点は購入前に確認する必要があります。
こちらのお店もパソコン組み立て代行サービス等も行っています。通販サイトも人気です。

◆パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店
住所:東京都千代田区外神田3-14-10 秋葉原HFビル 1F
TEL:03-5295-3435
営業時間:11:00~20:00
定休日:なし
WEB:パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店

書いた人

猫と旅が大好きな、音楽家、創作家、渡り鳥、遊牧民。7年前、ノラの子猫に出会い、人生初、猫のいる生活がスタート。以来、自分の人生価値観が大きく変わる。愛猫を連れ、車旅を楽しむも、天才的な方向音痴っぷりを毎度発揮。愛猫のテレパシーと自分の直感だけを頼りに今日も前へ進む。