馬場紀衣

文筆家。12歳で海外へ単身バレエ留学。University of Otagoで哲学を学び、帰国。筑波大学人文学類卒。在学中からライターをはじめ、アートや本についてのコラムを執筆する。舞踊や演劇などすべての視覚的表現を愛し、古今東西の枯れた「物語」を集める古書蒐集家でもある。古本を漁り、劇場へ行き、その間に原稿を書く。古いものばかり追いかけているせいでいつも世間から取り残されている。

全82件、1-18件を表示中

他人の唾を飲み干す変人も。男たちの情熱的なエロス『男色大鑑』

馬場紀衣

美しく、エロティックな魔性の場。髪の毛が生み出す不思議な物語

馬場紀衣

兎の皮をはいだ男の末路は…。十二支の動物たちの奇妙奇天烈物語

馬場紀衣

滴り落ちる血を酒に…美しき髑髏の織りなす妖艶な死の世界

馬場紀衣

愛しい女性の“人形”が、返事をしたら……人を惑わす人形たちの怪異譚

馬場紀衣

日本初の職業看護師、大関和。〝明治のナイチンゲール〟波乱の人生に迫る

馬場紀衣

夏目漱石『こころ』のヒロイン、覚えていますか? ひとり文芸ミュージカル・源川瑠々子さんインタビュー

古典芸能や舞踊といった日本ならではの様式と感性を取り入れたエンターテイメント「ひとり文芸ミュージカル」。物語の余白をすくい上げ、想像の世界を無限にふくらませる本舞台は、古典文学に心細さを感じている読者を文芸の世界へと誘ってくれます。

馬場紀衣

水面はあの世とも繋がっている? 見えないものを映す「水鏡」の魔力

馬場紀衣

いい夢を見たら人に話しちゃダメ! 古代人の信じた夢の力

馬場紀衣

あの世とこの世を行き来するかのよう。『VR能 攻殻機動隊』が切りひらく古典芸能の世界

発表から30年以上経ったいまも世界中のファンを虜にし続ける日本が世界に誇るSF漫画「攻殻機動隊」。近未来の電脳化社会を舞台に、これまで原作の設定を軸にしてキャラクターやテーマ等を借りた多様なメディア形態によるさまざまな作品が制作されてきた。主人公で隊長の草薙素子と隊員達の活躍を描いたパラレルワールドとしてのTVアニメシリーズやアニメ映画、小説、ゲーム、大きな話題を呼んだハリウッドによる実写映画版も記憶に新しい。

馬場紀衣

恋人たちはなぜ死を選んだのか? 江戸を熱狂させた悲劇・心中の裏側

馬場紀衣

「人は恋愛では死にません」日本の性を知る、滑稽でユニークな古典作品集

馬場紀衣

死んでも死にきれない者たちの叫び。ものいう骨の哀しき怪異譚

馬場紀衣

死者の骨から人間を造った、西行法師。「人造り」の秘術とその末路

馬場紀衣

入れ歯はいつからあった?歴史と江戸時代の値段・仏師との関係

馬場紀衣

動物が出てくる日本の昔話の特徴は?恩返し・西欧との比較も解説

馬場紀衣

悪霊と関係? バクが夢を食べるナゾを解説

馬場紀衣

枕の伝説。安眠できなくなる怪談、妖怪枕返し、北枕の意味や万葉集も紹介

馬場紀衣

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア