日本文化の入り口マガジン和樂web
9月19日(日)
生涯をかけて学ぶべきことは、死ぬことである(セネカ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月16日(木)

生涯をかけて学ぶべきことは、死ぬことである(セネカ)

読み物
Gourmet
2019.10.24

レンチン専用のどら焼き「ホットドラバター」新商品登場!ラインナップとおすすめ温め時間も紹介

この記事を書いた人

明治3(1870)年の創業のどら焼きの老舗「中尾清月堂」。食べる直前に30秒ほど温める、レンチン専用のどら焼き「ホットドラバター」が、販売開始後またたく間に話題となり大ヒット! そんな人気商品から焼き芋味が新登場しました。

和菓子業界を震わせた?! その気になる内容とは!

ホットドラバター「オリジナル」

ホットドラバターオリジナルは、小豆あんとバターの王道の組み合わせ。レンジから出した瞬間、食欲をそそる香りがフワッと!

おすすめ温め時間:600W 25〜35秒/500W 30〜40秒

ホットドラバター「クリームチーズ」

クリームチーズの酸味が、さっぱりと小豆あんを包みます。甘さと酸味の絶妙なバランスが堪らない!

おすすめ温め時間:600W 20〜30秒/500W 25〜35秒
※クリームチーズはレンチン時間を短めに!

ホットドラバター「アーモンドチョコ」

あんとチョコの甘いもの同士の組み合わせに、バターとアーモンドの塩味がアクセントに! アーモンドはカリッと歯ごたえが楽しめるようにしっかりとローストされています。

おすすめ温め時間:600W 25〜35秒/500W 30〜40秒

新作! ホットドラバター「五郎島金時」

五郎島金時味は、白小豆を使った「白あん」仕様。さつまいもはペーストとダイスの2種類を混ぜ合わせ、芋らしい食感を味わえます! さらにレンジでチンすることで、バターが溶けると同時に芋がホクホクに…!

おすすめ温め時間:600W 30秒

食べるときのポイント!

1.レンジで温める前に袋を少し破く!

2.レンジで30秒〜40秒温める!

3.皮がふわふわ、あんはトロっと。じゅわ〜っとバターが染み込んで美味!!

催事出店決定!

大阪

場所:阪急うめだ本店9階祝祭広場
日程:2019年10月23日(水)〜28日(月)
第5回「時をかけるあん」内での出店。
※ホットドラバター「五郎島金時」は販売いたしません。

東京

場所:三越日本橋本店 本館7階催物会場
日程:2019年11月20日(水)〜25日(月)
第3回「あんこ博覧会」内での出店
※ホットドラバター「五郎島金時」は販売いたしません。

お取り寄せはこちらからご注文ください。

◆中尾清月堂 高岡本店
住所:富山県高岡市宮田町2-1
営業時間:8時〜19時
定休日:水曜日
中尾清月堂 公式ホームページ

書いた人

1997年、埼玉県出身。7歳の時に初めて人前に立った時から舞台に惹かれ役者を目指していたが、色々人生に迷い現在は和樂編集部でwebやライティングの勉強を始めた。最近宗教画が気になっている。五社英雄作品が大好き。1年に3回ほどジュリ扇を振り回しながら踊り狂う時がある。