日本文化の入り口マガジン和樂web
9月28日(火)
曇りなき心の月を先だてて浮世の闇を照してぞ行く(伊達政宗)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月27日(月)

曇りなき心の月を先だてて浮世の闇を照してぞ行く(伊達政宗)

読み物
Art
2021.01.25

ダイアナ妃やフロイトにも愛された!吉田博の木版画の全容を紹介「没後70年 吉田博展」

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

東京都美術館(東京・上野公園)では、「没後70年 吉田博展」を2021年1月26日(火)から3月28日(日)まで開催します。

吉田博(1876-1950)は福岡県久留米市生まれ。若き日から洋画に取り組み、幾度もの海外体験を通じて東西の芸術に触れながら、独自の表現と技法を確立、明治〜昭和にかけて水彩画、油彩画、木版画の分野で活躍した人物です。

故ダイアナ元英国皇太子妃や精神科医フロイトに愛されるなど、海外でも評価の高い人物なんですって。

画家として才能を発揮した吉田は、画業後半にあたる40代にはじめて木版画に挑戦し、新たな境地を切り開きます。深山幽谷に分け入り自ら体得した自然観と、欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって、水の流れや光の移ろいを繊細に描き出しました。

《日本アルプス十二題 劔山の朝》 大正15(1926)年 木版、紙
山のひんやりした空気まで伝わってくる!

《瀬戸内海集 帆船 朝》 大正15(1926)年 木版、紙
心がホッとする優しくて複雑な色彩。何版摺り重ねてるんだろう…?


没後70年という節目に開催する本展は、最初期から代表作の木版画まで一堂に集めるとともに、版木や写生帖をあわせて展示し、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な版画技法の統合を目指した吉田博の木版画の全容を紹介します。

「没後70年 吉田博展」展覧会概要

会期 : 2021年1月26日(火)~2021年3月28日(日)
会場 : 東京都美術館
休室日 : 月曜日
開室時間 : 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
料金(当日券): 一般 1,600円/大学生・専門学校生 1,300円/高校生 800円/65歳以上 1,000円
※詳細は特設WEBサイトにてご確認ください。

この記事に合いの手する人

編集長から「先入観に支配された女」というリングネームをもらうくらい頭がかっちかち。頭だけじゃなく体も硬く、一番欲しいのは柔軟性。音声コンテンツ『日本文化はロックだぜ!ベイベ』『アートラジオ』担当。ポテチと噛みごたえのあるグミが好きです。