日本文化の入り口マガジン和樂web
6月30日(木)
馬鹿には会いたくないというのなら、まず自分の鏡を壊すことだ(フランソワ・ラブレー)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月29日(水)

馬鹿には会いたくないというのなら、まず自分の鏡を壊すことだ(フランソワ・ラブレー)

読み物
Art
2021.12.08

せ、雪舟の水墨画を折っちゃった!あの名画が現代アートに化けるとどうなる?【千葉市美術館 福田美蘭展】

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

クスッと笑えたり、うんうんと納得したりする現代アート作品の数々。千葉市美術館で開かれている「福田美蘭展 千葉市美コレクション遊覧」を訪れた浮世離れマスターズのつあおとまいこは、福田美蘭さんが読み解いて生み出した数々の現代アート作品にやられっ放し。いにしえの水墨画や浮世絵の名作が、どれも楽しく化けていたからです。

何に化けたんだろう! わくわく

えっ? つあおとまいこって誰だって? 美術記者歴◯△年のつあおこと小川敦生がぶっ飛び系アートラバーで美術家の応援に熱心なまいここと菊池麻衣子と美術作品を見ながら話しているうちに悦楽のゆるふわトークに目覚め、「浮世離れマスターズ」を結成。さて今日はどんなトークが展開するのでしょうか。

だるまさんのお尻が鼻になった?!

福田美蘭『慧可断臂図 折かわり絵 (4 枚組)​​』 2016年 高松市美術館蔵 展示風景

つあお:日本の古い絵にはだるまさんすなわち達磨大師を描いたものが結構たくさんありますけど、雪舟が描いた白い法衣のこのだるまさんは、結構不思議な感じがするんですよね。

まいこ:太いマジックで縁取りしたような服を着てますね。

福田美蘭『慧可断臂図 折かわり絵 (4 枚組)​​』より 2016年 高松市美術館蔵 展示風景
オリジナルの雪舟作「慧可断臂図(えかだんぴず)」は京都国立博物館にあります!左の方が慧可さん。

つあお:西洋の絵と違って日本の絵にはたいてい輪郭線があるから、線そのものの存在は普通なんですけど、その線がちょっとだけ太めで割と均一で薄い灰色なのが絶妙な存在感を表している。

まいこ:だるまさんをよく見ると、口の周りのひげだけが濃い! そして困ったような目をして壁のほうを向いていますね!

つあお:そうなんですよ。人が訪ねてきたのに壁のほうを向きっ放し。見ようともしていない。9年間壁に向かって修行している最中だから、安易には振り向けないんでしょうけど。

まいこ:訪ねてきた男性も、だるまさんと同じような目をしてる!

つあお:その男性の手首、何となく変だと思いませんか。

まいこ:ちょっとロボットみたい。

つあお:とりあえず、この人は手首を自分で切り落として、だるまさんに見せているらしいんです。

まいこ:うわぁ! なんでそんなことをしたんですか!!

つあお:だるまさんは、禅宗の始祖とされているとっても偉いお坊さんなんです。で、左の人物は、どうしてもだるまさんの弟子になりたいとお願いに行ったけど断られてしまったので、決意のほどを見せるために切り落としたらしい!

まいこ:そこまでして!! すごいですね! でも淡々としていて血も吹き出てないし、顔も痛そうじゃないのがまたすごい !!

つあお:そんなことをされたら、やっぱりだるまさんは、困っちゃいますよね。

まいこ:ところで、この絵はなぜ次々に折られているんでしょう?

つあお:だるまさんは、この弟子入りしたい人のことをまるで無視しているように見えるんだけど、実は心の目でしっかり見ていたことがわかるなんてことを、福田美蘭さんは左から2枚目の絵で表現しているように見えます。

まいこ:へぇ。1枚の絵だと知識がないと分からないことを、前後がわかる紙芝居のように展開してくれるところがとっても面白い!

福田美蘭『慧可断臂図 折かわり絵 (4 枚組)​​』より 展示風景

つあお:しかもね、すごく自由に折りまくってる!

まいこ:こうやってずらして折ることをよく思いついたものだと思います。だるまさんのお尻と膝の部分が岩にぴったりはまって鼻になってる!

つあお:私は、この鼻の描写、すごく素敵だと思うんですよ。おしりが鼻であることを見つけたなんて、ホント天才だなぁ。

洞窟の穴も目みたいに見える!

まいこ:この図像認知力は、むしろ数学者みたい!

つあお:この絵を見たら、だるまさんも転んじゃいそう!

まいこ:ははは! 次の折り方で、また表情が変わってる。

つあお:そう、これを4つの場面に展開するという発想自体が素晴らしいですよね。

まいこ:最後の1枚は形も面白いけど、オチもバッチリ表現されてます。

つあお:これだけ遊んでるのに、福田さんはだるまさんの物語の本質をバッチリ表現している。福田さんもすごいんだけど、実はやっぱり雪舟も背景にだるまさんの思想を描き込んでいたんだろうとも思うんですよ。無意識かもしれないのだけど。

まいこ:雪舟の無意識の部分も含めて、折り紙形式で私たちにストーリーをきっちり刻んでくれて、福田さんナイス!

真っ赤な市川團十郎の大迫力

福田美蘭『十三代目市川團十郎白猿襲名披露 口上』  2021年 展示風景

つあお:この大迫力の絵は何だろう?

まいこ:市川海老蔵が市川團十郎を襲名したときの口上の場面を描いているみたいですよ?! 眼力といいポーズといい、ホント大迫力です。しかも赤い!

つあお:何だか知らないけど、大爆発してる!

まいこ:岩も粉々に飛び散るほどのエネルギー!

つあお:東京オリンピックの開会式で選手団が入場したときのプラカードで変に話題になってた漫画の集中線みたいなのが使われていたりしますね。

まいこ:そう聞くと、漫画の吹き出しみたいなのがある! 中にコロナウイルスみたいなのが描かれてますよ!

つあお:すばらしい気づきだなぁ。吹き出しの中には普通は言葉が入るのに、コロナの絵とは! なんて斬新なんだろう。

まいこ:岩石もろともコロナウイルスを吹き飛ばして、しかも目から出ているビームで破壊しているような! 海老蔵がんばれ!!

つあお:こんなに強い歌舞伎役者がいたら素晴らしいなぁ。江戸時代の朱書きの鍾馗様は疱瘡(ほうそう)除けだったそうですが、この海老蔵さんはコロナ除けになりそう!

岡本秋暉『鍾馗図』 1852年 公益財団法人 摘水軒記念文化振興財団蔵 千葉市美術館寄託 展示風景
鍾馗(しょうき)は中国の神様で、厄除けのご利益があると言われています。

まいこ:しかも端正な顔をしてるので飾りがいがあります(ハートマーク)。

つあお:まいこさん変身してみたらどう?

まいこ:えっ! 海老蔵さんにあやかれるの?

市川海老蔵になったつもりのまいこ
※来場者のみなさんも、この面を持って帰れます!

つあお:やっぱり日本美術は素晴らしい。

まいこ:この目のお面持って帰って、たまにつけて厄除けします。

つあお:こうやって見ると、やっぱり漫画の源流は日本美術にあるんだなぁと思う。

まいこ:ホントですね。映像のない時代に空想の世界をどうやって伝えるか、めちゃめちゃ研究した表現が冴え渡ってる。

つあお:その空想力を現代の世界に応用している福田さんもまた素敵です。

まいこ:しかも折ったり切ったり持ち帰れたり、遊びの幅が広がってて楽しいです。

つあお:遊びながら、コロナ退散じゃー。

まいこセレクト

福田美蘭『虎渓三笑図』 2020年 展示風景

「目からうろこ」現象が起こった一枚!
以前何かの展覧会で元ネタの曾我蕭白(そが しょうはく)の『虎渓三笑図』を見た時に、作品名に「虎」という字が入っているので目を凝らして虎を探したのに見つかりませんでした。わたしがぼーっとしているからかなと思っていたのですが、今回の展覧会で「そもそも虎は描かれていない」ということがはっきりしました!
なぜかというと、故事に基づいて描かれたこの絵には「虎」は「声」でしか登場しないからです。
千葉市美術館のウェブサイトからその故事をご紹介。

「虎渓三笑とは、廬山に住む慧遠法師を陶淵明と陸修静が訪れた帰り、慧遠法師が二人を送る途中、話に夢中になって超えないことにしていた虎渓を過ぎてしまい三人で大笑いしたという故事である。」(出典:千葉市美術館ウェブサイトの曾我蕭白『虎渓三笑図』解説

しかも、気づいたのは虎の声が聞こえたからだといいます。当時の知識人たちはそれをよく知っていて、ニンマリしていたのですね。

曾我蕭白『虎渓三笑図』 安永期(1772〜81年)頃 千葉市美術館蔵

そんなのわかるかー! と思って福田さんの作品を見ると…故事のあらゆる場面が異時同図法(時間の経過を伴う異なる場面を一つの画面の中に描く、日本絵画で伝統的な手法)で1枚の絵に描かれています。

3人が気づかずに橋を渡る場面、気がついて大笑いしている場面、そして、声だけしか存在していないはずの虎さんも意外な方法で絵の中に存在しています(画面の右の真ん中辺りをじっと見つめてみてください)。あ~福田さん、ありがとう!

大笑いしている3人組もなんだかユーモラスです。

つあおセレクト

曾我蕭白『獅子虎図屏風』 宝暦期(1751〜64年)頃 千葉市美術館蔵 展示風景

今回は「つあおセレクト」も曾我蕭白です。
そもそも蕭白のこの屏風、もともとかなり変だと思います。蕭白にはエキセントリックな作品が結構あって、独特の迫力のあるものが多いのですが、この屏風は獅子と虎というもとから迫力のあるモチーフを描きながらも、その2頭が両方ともなぜか戸惑いのある表情を見せているのですよね。やっぱり蕭白はおもしろい。
そして、この屏風にインスピレーションを得た福田美蘭さんは、小さなチョウチョにおびえている獅子に注目。蛾が苦手な人はよくいますが、獅子ともあろうものが! って思いますよね。さらに福田さんが気づいたのは、屏風を閉じるとチョウチョが獅子のホントに近くに来てしまうということ。閉じてしまうと、屏風を眺めている人には見えなくなるのだけど、獅子はホントにおびえていそう! 見えないものを見るって楽しいですね!

福田美蘭『閉じた屏風の中の獅子』 2020年 展示風景

つあおのラクガキ

浮世離れマスターズは、Gyoemon(つあおの雅号)が作品からインスピレーションを得たラクガキを載せることで、さらなる浮世離れを図っております。

Gyoemon『だるまさんが転んでますが何か』

「だるまさんが転んだ」という遊びはどうやって生まれたのでしょうか。ラクガキで起源を探ってみました。

展覧会基本情報

展覧会名:​​福田美蘭展 千葉市美コレクション遊覧
会場名:千葉市美術館(千葉市中央区)
会期:2021年10月2日〜 12月19日
公式ウェブサイト:https://www.ccma-net.jp/exhibitions/special/21-10-2-12-19/

書いた人

つあお(小川敦生)は新聞・雑誌の美術記者出身の多摩美大教員。ラクガキストを名乗り脱力系に邁進中。まいこ(菊池麻衣子)はアーティストを応援するパトロンプロジェクト主宰者兼ライター。イギリス留学で修行。和顔ながら中身はラテン。酒ラブ。二人のゆるふわトークで浮世離れの世界に読者をいざなおうと目論む。

この記事に合いの手する人

平成元年生まれ。コピーライターとして10年勤めるも、ひょんなことからイスラエル在住に。好物の茗荷と長ネギが食べられずに悶絶する日々を送っています。好きなものは妖怪と盆踊りと飲酒。