Art

2023.05.16

名品がずらりと並ぶ8日間! 5/20~28「饒舌館長ベスト展」静嘉堂文庫美術館

5/20~28の期間に、静嘉堂文庫美術館にて「饒舌館長ベスト展」が開催されます。

饒舌館長・河野元昭さんの傘寿を記念した
8日間の特別な展覧会

静嘉堂文庫美術館の館長であり、東京大学名誉教授、京都美術工芸大学名誉教授の河野元昭さんが、本年7月20日に80歳の傘寿を迎えられます。
今年はまた、静嘉堂文庫美術館館長に就任して8年目にあたり、末広がりのおめでたい「八」が並ぶことを祝って、館蔵の近世絵画の中から、館長が大好きな名作、気になる名品を18点厳選して展示するまさに特別な展覧会が、5月20日(土)~28日(日)の8日間だけ開催されます。

世田谷区岡本の静嘉堂文庫美術館

気になる18作品は、俵屋宗達『源氏物語関屋澪標図屛風』(国宝)や『四条河原遊楽図屛風』、渡辺崋山『芸妓(校書)図』(いずれも重文)のほか、狩野探幽『波濤水禽図屛風』、英一蝶『朝暾曳馬図』、円山応拳「江口君図」、青木木米『飛泉図』など、国宝・重文をふくむ近世絵画の名品がずらり。
その一方で、渡辺南岳『玄宗楊貴妃一笛双弄図』、原在明『朝顔に双猫図』宮川長春『形見の駒図』など、一般にはまだ知られていないけれども、河野館長イチオシの名品まで、多士済々。
会場は館長が今も週1日は勤務する、愛して止まない、世田谷区岡本の静嘉堂文庫美術館。丸の内にギャラリーを設けてから8か月目に入り、静けさに包まれていた岡本の地で、至福の日本美術体験を楽しむことができるのです。

俵屋宗達『源氏物語関屋澪標図屛風』のうち左隻「澪標図」 国宝 江戸時代・寛永8年(1631) 静嘉堂文庫美術館

饒舌館長の本領発揮!ギャラリートークは必聴!!

河野館長にはもうひとつの顔があります。それは、人気ブログ「饒舌館長」をほぼ毎日更新している、ブロガーにしてインフルエンサーという側面。この展覧会の会期中にも、館長の面白い話を聞くことができる「饒舌館長大いに語るギャラリートーク」を5月 20(土)、28 日(日)のいずれも 14 時から開催。(入場券をお買い求めの上、展示室にてお待ちください。予約不要) このお話を聞くと、日本美術がもっと好きになることは請け合いです。

俵屋宗達『源氏物語関屋澪標図屛風』のうち右隻「関屋図」 国宝 江戸時代・寛永8年(1631) 静嘉堂文庫美術館

【開催概要】
「河野館長傘寿の祝 饒舌館長ベスト展~8日間限定~」
会期:2023年5月20日(土)~28日(日)
会場:世田谷区岡本 静嘉堂文庫美術館
住所:東京都世田谷区岡本2-23-1
電話:050-5541-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10時~16時30分(最終入館16時)
休館日:5月22日(月)
入館料:一般1,000円(高校生以下無料)※予約不要
https://www.seikado.or.jp
twitter : @seikadomuseum

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

繡えども、繡えども、終わらない挑戦。世界を魅了する長艸敏明さんの「京繡」超絶技巧

和樂web編集部

Super star returning from China, Sesshu Toyo

和樂web編集部

奇跡の空間に息づく日本美。大徳寺 聚光院にて15名限定「特別拝観とお茶席」を開催

和樂web編集部

イギリスは子どもに日本文化をどう伝えている? ロンドンで開催中Japan: Myths to Manga展【Young V&A】

ウエマツチヱ

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア