進藤つばらの読み物

全29件、1-10件を表示中
芸能と文化
2020年の冬至はいつ?なぜゆず湯に入るの?由来や意味を調べてみた!

冬至は「二十四節気(にじゅうしせっき)」の一つで、1年で最も昼が短く、夜が長い日です。2020年は12月21日(月)が冬至でうs。 冬至と言えば、かぼちゃを食べ、柚子湯に入る日として知られています。 かぼちゃを食べるのは、冬至を1年の締めくくりの日ととらえ、「いろはにほへと」の最後にあたる「ん」の付くものを食べるのが良いという縁起担ぎです。 その中でも、「かぼちゃ(南瓜:なんきん)」「人参(にんじん)」「蓮根(れんこん)」「銀杏(ぎんなん)」「金柑(きんかん)」「寒天(かんてん)」「うんどん(うどん)」の「ん」が重なる食べ物は、「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれ、特に縁起が良いとされていました […]

芸能と文化
殺人のきっかけは「微笑み」?美人花魁、八ツ橋殺人事件、被害者が語る真相とは?

「まさか、あの人が人を殺すなんて……。信じられません! 」 「すごくいい人なんです。きっと、女に騙されたに違いありません! 悪いのは相手の女です! 」 別れ話が原因で、男性が元カノ、あるいは一方的な片思いの女性を殺してしまったという事件は、現在でも、テレビのワイドショーや週刊誌、ネット上をにぎわせています(男性と女性が、逆のパターンの殺人事件もありますね)。 江戸・享保年間に佐野次郎左衛門(さの じろうざえもん)という男が、吉原で全盛を誇る花魁・八ツ橋を別れ話が原因で殺すという事件があったと言われています。そして、歌舞伎は、この事件を題材として盛んに取り上げました。 その演目の一つが『籠釣瓶花 […]

芸能と文化
『ちはやふる』で憧れるJS続出!時代を超えて女性を彩る「袴」の歴史

「女性の袴姿」でイメージするものは何ですか? 女子大学生の卒業式の定番スタイル? (みんなと同じはイヤなので、袴ではなく、スーツにしたな……。) 最近は、マンガ『ちはやふる』の影響もあって、小学生の卒業式に袴スタイルが人気だとか? (えっ、そうなの? ) 皇后様が即位の礼で着た十二単(じゅうにひとえ)は、袴をはいていたよね?(十二単姿、ステキだった。着付けが大変そうだけど……。) タカラジェンヌは、緑の袴?(緑の袴のタカラジェンヌ、素敵! ) 神社の巫女さんは、朱色の袴だよね?(あれって、全国共通? ) 女性の袴スタイルが定着したのは、明治から大正時代の女学生の制服として袴が採用されたことによ […]

芸能と文化
美人すぎて小学校を退学⁉︎絵葉書で人気爆発!芸妓「万龍」の波乱万丈人生

くっきりとした二重の丸い目で太い眉、少しあどけなさのある丸顔の若い女性の写真。 「実はこれ、人気アイドルグループの〇〇なんだよね。映画の撮影で日本髪にした時に撮影した写真を、わざとセピア加工したんだって! 」 と言ったら、信じてしまう人もいるかもしれません。 実はこの写真の女性、全国的なスターでもあったのですが、それは今から100年以上前の明治時代のこと。彼女は、当時、赤坂の芸妓だった万龍(まんりゅう)なのです! 万龍は、明治末に「日本一の美人」と謳(うた)われ、彼女の写真を使った絵葉書は、まるで現代のアイドルのブロマイドのように大人気。 そして、現代のアイドル同様の悩みを持ち、「普通の女の子 […]

旅と食
高輪ゲートウェイ駅開業!海の上に線路?品川のそばに海?高輪の意外な3つの歴史

芸能と文化
操を奪った男にベタ惚れ!自由すぎる美人姫さまの波乱万丈物語「桜姫東文章」

「姫、そんなことをなさっても良いのですか!?」 見ている私達がびっくりするようなことを、平気な顔でやりとげてしまう可憐で美しいお姫様・桜姫。 そんな桜姫の様子は、まるでお嬢様学校に通う大人しそうな美少女が、マッチョなごろつきでゲスなダメ男に引っかかり、「これが本当の恋なの」と信じ込んで一途に恋する姿と似ているかもかもしれません。 四世鶴屋南北(つるや なんぼく)原作の歌舞伎作品には、現代の私達の想像を超えた行動をする人物が次々と登場しますが、今回ご案内する「桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)」では、タイトルロールの桜姫が先頭を切って自分の心のままに行動し、時には、舞台の他の登場人物だけで […]

旅と食
ビッグになるだけじゃダメ? 出世する魚の意外な共通点とは

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台となっている戦国時代は、身分が低くても、武士の家系でなくても、才能があれば出世することができ、一国一城の主、あるいは天下取りができた時代でもあります。 魚の世界には、成長するにつれて名前が変わる、いわゆる「出生魚(しゅっせうお)」と呼ばれる魚がいるのをご存じでしょうか? 魚は成長すれば大きくなりますが、大きくなれば出世ができると思ったら大間違い! 魚の世界にも、出世するための厳しいルールがありました。 魚だって出世したい! 「出世魚」と呼ばれるようになったワケ 「出世魚」とは、稚魚から成魚までの成長段階において、異なる呼び名を持つ魚の総称です。 […]

芸能と文化
ギンガムチェックの衣裳も!? 江戸のファッションリーダー・歌舞伎役者のセンスが超圧巻!

江戸モードを伝えたのは「役者絵」 歌舞伎が庶民の娯楽だった江戸時代、人気の高まりに呼応するように、役者達の動向にも注目が集まります。 そして、江戸っ子のファッションのモデルとなったのが、歌舞伎役者です。しかも、その姿は安価で手に入りやすい役者絵として売り出されたため、すぐに庶民の間に広まっていきました。 役者絵に描かれたのは、当時の人気役者達の舞台姿をはじめ、楽屋での様子や日常の姿などであり、現代の「ブロマイド」のような存在でした。また、役者絵の中でも舞台の一場面を描いた芝居絵は、芝居の興行を知らせるチラシのような役割を果たしていました。 歌川豊国(三代)「今様見立士農工商 商人」 国立国会図 […]

芸能と文化
ネズミだって、舞台の上ではカブキます! 子年に見たい歌舞伎演目3選

2020年の干支はネズミ。実は、歌舞伎にネズミが出演する演目があるのをご存じですか? そして、舞台では、ネズミもカブいているのです! 歌舞伎には、様々な動物が登場します。登場する動物の大きさも様々です。 ネズミや小さな鳥、蝶のように小さい動物は、「差し金」という黒塗りのよくしなる棒状の素材の先端に小動物のぬいぐるみをつけた小道具を、後見や黒衣(くろご)が操ります。大きい動物は、着ぐるみの中に役者が入るもの、手に持って動かす人形もの、派手な仕掛けのものなどがあります。 動物を演じる役者の名前は、歌舞伎のプログラムである筋書やチラシ・ポスターなどに記載されないことが多いのですが、動物の所作のカブキ […]

旅と食
日本でひとつだけ!防災専門図書館は行くだけで、知識のレベルアップができるぞ

災害の備えはしていますか? 2018年を表す漢字が「災」であったように、2018年は6月18日の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、9月6日の北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)など、自然災害が多い年でした。 2019年も、8月の九州北部の豪雨、東北・関東・甲信越地方に大きな被害をもたらした10月の台風19号などの自然災害が発生しています。 もしかしたら、自分自身が災害を体験したことによって、「防災について、改めて考えるきっかけになった」という人も少なくないのではないでしょうか。 一方で、災害に備えて、実際に何らかの防災対策をとっているという人は約4割というデータもあります。「災害 […]

全29件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介