進藤つばらの読み物

全15件、1-10件を表示中
旅と食
取り寄せ、予約、絶版本探し! 図書館のサービスを使い倒せ【図書館のヒミツ】

「図書館に行ったけれど、探していた本が見つからなかった…。」とあきらめていませんか? 図書館では、館内にある本を提供するだけではありません。貸出中の本に予約をして戻ってきた時に取り置いてくれたり、本を他の図書館から取り寄せてくれたりするサービスも行っていますよ。 この記事では、知っているとちょっと便利な、図書館の「本のお取り寄せサービス」である「予約」と「リクエスト」についてご紹介します。 なお、「本のお取り寄せサービス」は、図書館に利用者登録をしていないと利用することができないので、ご注意ください。また、図書館により手続きや利用要件が異なりますので、詳しくは、普段利用している最寄りの図書館に […]

旅と食
なに、「七五三」より古いだと! 「千歳飴」のことを調べたら、秘密だらけで驚いた

「七五三(しちごさん)」に欠かせないものと言えば「千歳飴(ちとせあめ)」ですが、その起源が、実は「七五三」よりも古いことを知っていましたか? 千歳飴は、「七五三」が一般的な行事となった明治時代よりも早く、江戸時代から広まったと言われています。 千歳飴の「千歳」には「長生き」という意味があり、飴の細く長い形と紅白の色は「千歳」を表しています。子どもの長寿と健康を願う縁起物として、神社で祈祷をすると授与品としていただけるところが多くあります。 「七五三」とは? 男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳の年の11月15日に、子どもの成長を祝って、神社や寺に詣でる「七五三」のお祝いは、日本の伝統行事の一つで […]

芸能と文化
なんで11月15日なの? 意外と知らない「七五三」の歴史や由来を徹底解説!

11月15日は、「七五三(しちごさん)」。 男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、子どもの成長を祝って、神社や寺に詣でる「七五三」のお祝いは、日本の伝統行事の一つです。現在では全国で行われていますが、もともとは江戸やその周辺地域のみで行われていました。 毎年、11月15日前後の休日になると、神社やお寺は参詣の家族連れでにぎわっています。でも、「七五三」を子どもの成長の記念として、神社やお寺に家族でお参りに行き、記念撮影や会食をしてと、思い出作りで終わっていませんか? なぜ「七五三」を祝うのか、いつから始まったのかを知らない方も多いかもしれませんが、実は「七五三」は子どもの […]

芸能と文化
日本で最初に使ったのは福沢諭吉!? 手帳の歴史は、奥深かった!

秋が深まるこの時期は、手帳選びのシーズンでもあります。 パソコンやスマートフォンの普及で、スケジュールをデジタル管理する人も増えていますが、紙の手帳の人気は衰え知らず。文具店や書店では、専門のコーナーを設けて様々な種類の手帳を提案・紹介しています。 ビジネス系の雑誌には、手帳の選び方・使いこなし術の特集が組まれるだけではなく、手帳の活用術の本も人気です。 この記事では、日本における手帳の歴史を探っていきます。 世界初の手帳は、イギリスで誕生 世界で初めて手帳を製造し販売したのは、イギリスのレッツ社(Charles Letts & Co Limited)で、1812年のことです。 179 […]

旅と食
「御大礼」とは? 東京都立中央図書館の企画展で学んでみませんか

芸術の秋。各地の美術館や博物館では様々な企画展示が行われています。 国宝、文化財と聞くと、「何となく、ハードルが高そう…。」「大事にしまわれていて、なかなか見ることができないものでは? 」と思っていませんか? 実は、身近にも文化財があります! ちょっと近寄りがたいイメージの文化財に親しんでもらう企画が「東京文化財ウィーク」。この記事では、「東京文化財ウィーク2019」のイベントの中から、東京都立中央図書館で行われている企画展示「木子文庫に見る御大礼」をご紹介します。 図書館では、所蔵資料を活用した様々なイベントを行っており、この企画展示もその一つです。展示を見て、「もっと知りたい! 」と思った […]

旅と食
この秋、図書館の達人になる! 最初の一歩は、利用者登録から【図書館のヒミツ】

図書館を利用したことはありますか? 『日本の図書館 2018年』(日本図書館協会)によると、現在、日本国内には約3,300館の図書館があります。そんな身近な図書館は、「使わないともったいない施設」。 この記事では、図書館利用の第一歩である「利用者登録」についてご案内します。 なお、この記事の図書館は、「公共図書館」としています。 また、登録要件やサービス内容は、図書館によって異なります。詳しくは、図書館のホームページで確認するか、各図書館にお問合せください。 利用者登録ができる図書館はどこ? 図書館は、開館時間中であれば、誰でも無料で利用することができます。館内にある本や、新聞、雑誌を読んだり […]

芸能と文化
W杯観戦がもっと楽しくなる! 日本ラグビーの歴史とトリビア。ジャージがピタピタの理由、知ってる?

2019年9月20日、「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」が始まりました。 日本代表の大健闘で、ラグビーに興味を持った方も多いのではないではないでしょうか? ラグビーの競技人口は、世界で約500万人、日本では約12万人いると言われ、子どもからお年寄りまで、幅広い年代の方が楽しむことのできるスポーツです。そして、世界中のラグビープレイヤーにとって、ラグビーワールドカップは、選ばれた人だけが出場することができる憧れの舞台なのです。 この記事では、日本ラグビーの歴史について解説します。 ラグビーの歴史を知れば、もっとラグビーワールドカップが楽しめること間違いなし!? ラグビーの歴史 「rug […]

旅と食
セブン-イレブンで一番売れるおにぎりは? 地方によって差はあるの? 大調査!

コンビニの普及により、私たちはいつでも様々なおにぎりを買って食べることができるようになりました。コンビニおにぎりの国内総販売量は年間60億万個。日本人一人あたり、年に48個のコンビニおにぎりを食べていることになります。 コンビニがおにぎりを発売するまでは、おにぎりは家庭で作るものでした。おにぎりを外で買うことも選択できるようになったのは、コンビニおにぎりの普及が大きいと言われています。 その一方で、近年は「日本人の米離れ」が言われていたり、「糖質オフダイエット」の流行で、お米などの炭水化物が敬遠されたり。 今や日本のソウルフードとなった「コンビニおにぎり」に未来はあるのでしょうか? 「おにぎり […]

芸能と文化
ぱっちり二重は見苦しい!江戸の流行メイクを徹底検証してみたら?

江戸後期、文化10(1813)年に出版された『都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)』は総合美容読本。約1世紀にわたり多くの女性たちに支持されたベストセラー本でもありました。 この記事では、『都風俗化粧伝』の中から化粧方法やスキンケア方法などを紹介! 江戸美人メイクに挑戦してみませんか? 江戸時代にも化粧に流行があった! 着物の柄や帯結び、髪型だけではなく、おしゃれの大切な要素である化粧にも流行があった江戸時代。しかし、おしゃれ全般が幕府の出す「奢侈(しゃし)禁止令」により、大きく左右されました。江戸の三大改革のうち、享保の改革と天保の改革の後には化粧が薄くなっていきます。 江戸時代後期の三 […]

旅と食
え゙、おにぎりって弥生時代からあったの!? 歴史を知るともっと美味しいコンビニおにぎりの話

日本人が昔ほどお米を食べなくなり、「コメ離れ」と言われています。その一方で、コンビニに行けば、いつでも様々なおにぎりが棚に並んでいますし、お米や具にこだわったおにぎり専門店も増えています。 日本が誇るファストフードであり、スローフードであり、身近なソウルフードであるおにぎり。おにぎりは、老若男女、大人も子どもも、誰もが親しんできたお米の食べ方のひとつです。 家で作ることが一般的だったおにぎりに、「買って食べる」という選択を増やしたのはコンビニの登場がきっかけでした。 この記事では、おにぎりの歴史を振り返りながら、おにぎりの様々な謎を解明していきます。 弥生時代の遺跡からおにぎりの化石が出土した […]

全15件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介