日本文化の入り口マガジン和樂web
5月11日(火)
Love the life you live. Live the life you love. (ボブ・マーリー) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月11日(火)

Love the life you live. Live the life you love. (ボブ・マーリー) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら

読み物
Craft
2017.03.16

京都の逸品!ロボット掃除機より内藤商店!!工芸品のように美しい箒やタワシ

この記事を書いた人

内藤商店

-文/和樂スタッフ輪湖雅江
 (和樂のインテリア番長。建築にも造詣が深い)-

家をきれいにすること、美しく暮らすことにかけて、京都ほど志の高い町はない。それをまざまざと知るのがこの店だ。店内に並ぶ棕櫚(しゅろ)の箒(ほうき)やタワシは、天然の材料を吟味し、確かな腕をもつ職人たちに発注しているもの。

スクリーンショット 2017-03-16 10.38.24

上質な材料が揃わなければ、〝入荷予定なし〟〝品切れ〟もいとわないし、予約注文も受けない。開店と同時に店先をチェックしているファンも多く、人気の棕櫚箒は店頭に並んだとたん、あっという間に売れてしまう。

スクリーンショット 2017-03-16 10.36.58

「小さなゴミも角の塵もきれいに取れる。ホコリが立たないですし、音も静かです。何より、飾っておきたいくらい美しいでしょう? 美しい掃除道具はいつも外に出しておけるから、気になったときにすぐ手に取って掃除できるんです」と、女将さん。確かに工芸品のような美しさ。箒が軒先や壁に並び掛けられているさまが、海外のメディアで〝美術館〟と紹介されたという話にも納得だ。

スクリーンショット 2017-03-16 10.39.35

棒状の小さなタワシはキッチン用。鍋用、茶碗用など用途で硬さが違う。襟元の汚れをきれいに落とす洗濯用ブラシもあれば、パソコンや窓の桟を掃除するのによさそうな薄べったいブラシもある。小さくて軽いからお土産にもぴったり。

スクリーンショット 2017-03-16 10.40.21

買ったブラシを手渡されたとき、女将の手がつるつるでふっくらでツヤツヤなことに驚いた。店先で、自宅で、毎日タワシを握っているからだという。いい道具は、働く人も美しくする。

◆内藤商店(ないとうしょうてん)
スクリーンショット 2017-03-16 10.43.03
住所/京都市中京区三条大橋西詰 地図
営業時間/9時30分~19時30分
定休日/不定休