これどうやって作ったの? 和時計に秘められた江戸時代の知られざる超絶技巧

これどうやって作ったの? 和時計に秘められた江戸時代の知られざる超絶技巧

これまで3回に渡ってお送りしてきた「江戸時代の趣味娯楽に対する情熱が生んだすごいもの」シリーズですが、最後は「番外編」といたしまして、日本独自の時計、和時計についてお送りします。

江戸時代に機械式時計が、それも世界で唯一の不定時法に合わせた機械式時計が存在したことをご存知ですか? それは決して趣味娯楽から生まれたものではありませんでしたが、現代の工業製品とは一線を画する、美術品としての要素が強いものでした。当時の「メカオタク」が生んだ美術品の集大成、和時計の魅力をご堪能ください。

もはや美術工芸品! 和時計に秘められた江戸時代の知られざる超絶技巧
一挺天符枕時計(セイコーミュージアム)

これどうやって作ったの? 和時計に秘められた江戸時代の知られざる超絶技巧
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする