日本文化の入り口マガジン和樂web
10月24日(日)
乳房とは奇妙なものよ、山であると同時に谷である (出所不明)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
10月21日(木)

乳房とは奇妙なものよ、山であると同時に谷である (出所不明)

読み物
Culture
2020.11.05

日本文化クイズ!「行灯」なんて読む?「ゴードン」じゃないよ、正体は……

この記事を書いた人

昼も夜も、自由に活動できるようになってきた現代。そこには、「照明」の発達が大きく影響しています。

今ほどではありませんが、江戸時代の日本にも、闇を照らす明かりがありました。

「行灯」。これは何と読む、どんなものだったのでしょう?

「こうとう」? 「ぎょうとう」? 普通はこの漢字ならそう読みますが、違います。
「ぎょうどん」? ちょっと美味しそうですが、これも違います。
「ゴードン」? いえいえ、海外のかたの名前ではありません。

では、なんと読むのでしょう?

答えは、「あんどん」!

答えは、「あんどん」。
そんなの知ってるよ! だったでしょうか、初めて聞いた! だったでしょうか?

植物油や魚油・ろうそくなどを入れた火皿を、枠に和紙を張った風よけで覆った照明器具が、行灯です。
和風旅館など以外では、あまり見たり使ったりする機会がなくなってしまった行灯ですが、昔はとても重宝されていました。

行灯にはいくつかの種類があり、縦長の箱状や円筒形、置き型や掛け型、光量の調節ができるものなどが知られています。

現在では内部に電球などを使っていてとても明るいのですが、本来、行灯の光はとても穏やかで、昼間に使っていてもその実力を発揮できませんでした。そのことから、ぼんやりしている、あまり役に立たない、といったことを示す「昼行灯(ひるあんどん)」という言葉が生まれます。
一説に、忠臣蔵で有名な大石内蔵助(おおいしくらのすけ)が、はた目にはぼんやりしているように見えたことから、こうあだ名されていたともいいます。

化け猫が行灯の油を舐めるのはどうして?

怪談などで、化け猫が行灯の油を舐める、というシーンがあります。
化け猫が行灯の油を舐めるのは、魚の油が使われていることも多かったから。

ろうそくや菜種油は高価だったため、低価格のいわし油などを使用していて、これを化け猫さんが舐めに来ていたのですね。
ただ、魚の油は燃やすとかなり臭かったといいます。

▼続けて漢字クイズに挑戦!「団栗」読める?
漢字クイズ!「団栗」ってなんて読む?こどもの頃に集めたアレです!

アイキャッチ画像:喜多川歌麿『蚊帳の中の文読み美人』、メトロポリタン美術館より

書いた人

人生の総ては必然と信じる不動明王ファン。経歴に節操がなさすぎて不思議がられることがよくあるが、一期は夢よ、ただ狂へ。熱しやすく冷めにくく、息切れするよ、と周囲が呆れるような劫火の情熱を平気で10年単位で保てる高性能魔法瓶。日本刀剣は永遠の恋人。愛ハムスターに日々齧られるのが本業。