日本文化の入り口マガジン和樂web
12月5日(月)
大学生の時に、世界を変えることに携わりたいと思っていた。そして、今も。(イーロン・マスク)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月2日(金)

大学生の時に、世界を変えることに携わりたいと思っていた。そして、今も。(イーロン・マスク)

読み物
Culture
2022.11.22

「ぬりえコンテスト」開催決定!最優秀賞には坂東玉三郎さんのサイン入り彩色原画を贈呈!

この記事を書いた人

『坂東玉三郎の歌舞伎ぬりえ』が今、話題に!

“塗ってみた”という人が続出です。そこで急遽、 「ぬりえコンテスト」を開催することが決定いたしました。

審査員は、なんと坂東玉三郎さんご本人と本書の絵を描いた林美木子さんです。最優秀賞の方には玉三郎さんのサイン入り彩色原画を贈呈。ほか、優秀賞の方には玉三郎さんのサイン入り 『坂東玉三郎の歌舞伎ぬりえ』を贈呈いたします! ふるってご応募ください。

応募方法

『坂東玉三郎の歌舞伎ぬりえ』(小学館刊)のぬりえ (線画のページ)を自由に彩色して、必要事項を記入の上、下記の送り先へお送りください。応募点数や画材、色の塗り方は自由です。作品ごとに必要事項を記入した紙を裏面に剥がれないように添付してください。

●必要事項
・氏名(ふりがな)
・郵便番号と住所
・連絡先 1.電話番号 2.メールアドレスどちらかを必ず記入 ※受賞等の連絡に必要です
・彩色方法 (水彩絵具、色鉛筆など画材の種類を明記)
・発表時に掲載する名前(氏名以外を希望する場合)
・年齢(記入しなくても可)

●応募期間
2022年11月22日(火)〜2023年1月31日(火)まで(当日消印有効)

●応募作品の送り先
〒101-8001 東京都千代田区一ツ橋 2-3-1
小学館 文化事業局「歌舞伎ぬりえコンテスト」事務局

●お問い合わせ先
waraku05@shogakukan.co.jp
※土日祝日ほか営業時間外のお問い合わせに関しては、ご返信が遅れる可能性がございます。

●受賞作品は、和樂webにて発表予定です。
選考に関するお問い合わせは一切受け付けません。ご了承ください。

●注意事項
※応募作品は返却いたしません。
※応募作品に関する著作権はすべて事務局に帰属します。
※応募作品は印刷物やインターネット上で予告なく発表することがあります。
※お預かりした個人情報はコンテストに関連する目的にのみ使用し、終了後、すみやかに破棄します。

主催/小学館 文化事業局 協力/BTA

『坂東玉三郎の歌舞伎ぬりえ』書籍内容

当代屈指の人気と実力を誇る女形歌舞伎俳優、坂東玉三郎丈が演じてきた数々の当たり役が、本人監修による彩色画とぬりえになって刊行されました。『助六由縁江戸桜』の揚巻、『廓文章』の夕霧、『鷺娘』の鷺の精、『仮名手本忠臣蔵』のお軽、『於染久松色読販』の土手のお六……玉三郎丈が選んだ珠玉の13役を、有職彩色絵師として活躍する林美木子氏が見目麗しき彩色画と同じ絵の線画をぬりえとして見事に再現。林氏は、玉三郎丈の小道具や衣裳の仕事を手掛けることもあり、その細やかな筆致には目を奪われます。

13役それぞれに添えられた玉三郎丈の解説に導かれるようにぬりえを彩色する贅沢な時間には、「ぬりえをしていくうちに、衣裳や鬘や、舞台装置に細かいこだわりがあるということもおわかりいただけることと思います」と玉三郎丈が本書の口上で述べているように、これまでにない発見がちりばめられています。



さらに、巻末特製企画「玉三郎の着せ替え紙人形」も必見です。浴衣姿の「土手のお六」の本体に、「阿古屋」「白拍子花子」「揚巻」の衣裳と鬘を、切って、重ねて、早替わり。なんとも麗しい玉三郎丈が完成します。美しい彩色画を飾るもよし、ぬりえを楽しむもよし、着せ替え紙人形で遊ぶもよし。各頁が外しやすいつくりになっているので、自分で彩色したぬりえを飾るなどさまざまな楽しみ方ができるアート感覚あふれる一冊です。