日本文化の入り口マガジン和樂web
6月21日(月)
自分よりできるやつに任せられるときには、迷わず任せることだ(ロバート・ウッドラフ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月21日(月)

自分よりできるやつに任せられるときには、迷わず任せることだ(ロバート・ウッドラフ)

読み物
Culture
2019.10.31

11月3日は「文化の日」無料で楽しめる美術館・博物館情報まとめ

この記事を書いた人

今週末、11月3日(日)は文化の日。全国各地の美術館や博物館が無料解放されるほか、高確率で晴れる日としても知られており、絶好のおでかけ日和でもあります。この記事では、文化の日の背景と2019年に無料で楽しめる関東の施設をまとめてご紹介します。

11月3日は明治天皇の誕生日

1948年に定められた、文化の日。「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」として、文化功労者の表彰や全国各地で芸術祭などが行われます。もともとこの日は1852年11月3日に生まれた明治天皇の誕生日を祝し、天長節(現在でいう天皇誕生日)として定められていましたが現在は「文化の日」と改られています。「文化の日」に生まれた明治天皇は、皇室で初めて洋装をお召しになり、東京に都を遷した最初の天皇。動乱の幕末から新時代・明治を生きた天皇であり、無類の刀剣愛好家で大の写真嫌いというエピソードも有名です。

文化勲章の親授式が行われる

文化の日は、日本の勲章のひとつである「文化勲章」の親授式が行われます。科学技術や芸術など文化の発展や向上にめざましい功績を挙げた方へ、天皇陛下から文化勲章が授与されます。過去には建築家の安藤忠雄さんや映画監督の山田洋次さんなどが授与されました。

文化の日は晴れる!? 不思議なジンクス

実は11月3日は「よく晴れる日」。主要都市の11月3日の天気出現率(※)は、東京・名古屋・大阪の3都市で70%を超えています。このような偶然とは思えないほどの高い確率で、特定の気象が現れる日のことを「特異日」と呼びますが、1月16日、3月14日なども同じ「晴れの特異日」で、逆に6月28日や9月12日は「雨の特異日」といわれています。

https://tenki.jp による調査 統計期間1981年-2010年

文化の日、無料で楽しめる美術館

高確率で晴れるとされている文化の日。全国各地で美術館や博物館などの公共施設が無料解放されるので、絶好のおでかけ日和でもあります。関東で無料開放される主な施設は以下のとおりです。

国立西洋美術館

通常、一般500円かかる常設展を11月3日は無料観覧できます。
住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
開館時間:9:30-17:30
公式サイト:https://www.nmwa.go.jp/jp/

東京国立近代美術館

通常、一般500円かかる常設展を11月3日は無料で観覧できます。
住所:〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
開館時間:10:00-17:00
公式サイト:https://www.momat.go.jp/

神奈川県立近代美術館

開催中の展覧会を11月3日は無料で観覧できます。
住所:〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
開館時間:9:30-17:00
公式サイト:http://www.moma.pref.kanagawa.jp/

千葉県立美術館

開催中の展覧会を11月3日は無料で観覧できます。
住所:〒260-0024 千葉市中央区 中央港1丁目10-1
開館時間:9:00-16:30
公式サイト:http://www2.chiba-muse.or.jp/www/ART/

栃木県立美術館

開催中の展覧会を11月3日は無料で観覧できます。
住所:〒320-0043 栃木県宇都宮市桜4-2-7
開館時間:9:00-17:00
公式サイト:http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/

横浜美術館

開催中の展覧会を11月3日は無料で観覧できます。
住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
開館時間:10:00-18:00
公式サイト:https://yokohama.art.museum/

文化の日、無料で楽しめる博物館

国立科学博物館

通常、一般630円かかる常設展を11月3日は無料で観覧できます。
住所:〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20
開館時間:9:00-17:00
公式サイト:https://www.kahaku.go.jp/

印刷博物館

通常、一般300円かかる入場料が11月3日は無料になります。
住所:〒112-8531 東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
開館時間:10:00-18:00
公式サイト:https://www.printing-museum.org/

次の祝日は11月23日(土)の「勤労感謝の日」。
2019年も残りわずか、祝日を有効活用して文化に親しむ時間をつくってみてはいかがでしょう。