なんで11月15日なの? 意外と知らない「七五三」の歴史や由来を徹底解説!

なんで11月15日なの? 意外と知らない「七五三」の歴史や由来を徹底解説!

目次

11月15日は、「七五三(しちごさん)」。
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、子どもの成長を祝って、神社や寺に詣でる「七五三」のお祝いは、日本の伝統行事の一つです。現在では全国で行われていますが、もともとは江戸やその周辺地域のみで行われていました。

毎年、11月15日前後の休日になると、神社やお寺は参詣の家族連れでにぎわっています。でも、「七五三」を子どもの成長の記念として、神社やお寺に家族でお参りに行き、記念撮影や会食をしてと、思い出作りで終わっていませんか?
なぜ「七五三」を祝うのか、いつから始まったのかを知らない方も多いかもしれませんが、実は「七五三」は子どもの成長の節目に行う大切な儀式だったのです!

この記事では、意外と知らない「七五三」の歴史や由来について解説します。

子どもの成長と健康を祈ってお参りをする

近世までの日本は、「七歳になる前の子は神の子」と言われるほど乳幼児の死亡率が高く、当時の戸籍である人別帳(にんべつちょう)や氏子台帳に登録されず、死亡しても死亡届を出す必要がないほどでした。
死亡率の高い乳幼児期を無事に乗り切って成長したことへの感謝と、これからの末長い健康を祈って神社にお参りに行ったのが「七五三」の始まりとも言われています。

楊洲周延「安津末風俗 十一 宮詣」  国立国会図書館デジタルコレクション

男児が女児よりも早く祝うのは、後継者としての意味もありましたが、医療技術が発達する現代までは、女児よりも男児の死亡率が高かったためでもあるのです。

七五三のお祝いとは?

現在では「七五三」は一つの行事だと捉えられていますが、昔は3歳、5歳、7歳に行う、「髪置(かみおき)」「袴着(はかまぎ)」「帯解(おびとき)」という、それぞれ別の儀礼があり、三つの子どもの儀礼を合わせて「七五三」と呼んだそうです。
いずれの儀礼においても、髪型や衣服の型の変化によって、周囲に子どもがある一定の年齢にまで成長したことを示しました。そして、将来、社会を支える一員になることを確認するという重要な意義もあったのです。

また、暦が中国から日本に伝わった時に、奇数は陽数、偶数は陰数と伝わり、奇数の歳の方が縁起が良いとされていたため、という説もあります。

髪置

江戸時代は、男女児ともに数え年3歳(満年齢で2歳になる年)になると、「髪置」を行いました。
当時は、髪を剃っておくと病気の予防や後に健康な髪が生えてくると言われており、3歳までは男の子も女の子も髪を剃っておくという風習がありました。それを終えて、男の子は髪の毛を結うために、女の子は髪をきれいに伸ばすために3歳になる誕生日に行われた儀式が「髪置」です。

当時の「髪置」は、子どもの健やかな成長や長生きを願って行われていたと言われています。髪の毛が真っ白になるまで長生きするようにと願いを込めて、白髪をイメージした綿帽子を子どもの頭にのせるということも行われていたそうです。

袴着

数え年5歳(満年齢で4歳になる年)には、大人への第一歩として男児が初めて男児が袴を着用し始める「袴着」の儀式を行いました。「袴着」を経て、男児は羽織袴を着用にするようになります。

「袴着」は、元々は平安時代の宮中のみで行われていた儀式でしたが、次第に広がり、武家、庶民の間でも行われるようになりました。

帯解

数え年7歳(満年齢で6歳になる年)には、それまで紐付きの着物を着ていた女児が、初めて大人の装いである丸帯をつける「帯解」という儀式を行いました。「帯解」を経て、女児は社会から認められ、大人の女性の第一歩を踏み出すのです。

当初は、男児、女児ともに「袴着」「帯解」の両方の儀式を行っていたようですが、江戸時代頃から次第に変化し、男児は5歳の時に「袴着」を、女児は7歳の時に「帯解」を行うという形となりました。

歌川広重「江戸名所 浅草東御門跡」 国立国会図書館デジタルコレクション

数え年とは?

 
生まれた年を「1歳」とする年齢の数え方を「数え年」といいます。元日を迎えるごとに1年ずつ歳を取っていきます。例えば、誕生日が12月31日の場合、翌日の1月1日には生後2日でも「2歳」。誕生日が1月1日の場合、2歳になるのは次の年の1月1日になります。

「七五三」は、本来、数え年で行いますが、現在は満年齢で行われる場合が多いようです。
数え年で「七五三」を行う場合は、数え年3歳=満2歳の年、数え年5歳=満4歳の年、数え年7歳=満6歳の年となります。

なぜ「11月15日」なの?

「七五三」を11月15日に祝うようになった由来にも諸説があります。
明治の改暦以降は、新暦の11月15日に行われるようになりました。

収穫祭を由来とする説

満月であるこの日に、日本各地で収穫祭が行われていました。
旧暦の11月は、収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになりました。
 
江戸時代に入ると、作物の収穫だけでなく、子どもが無事成長したことを感謝しながら、さらなる繁栄と安寧を祈願するという神事が行われるようになりました。  

「二十八宿の鬼宿日」を由来とする説

旧暦の11月が、陰陽道でいう「一陽来復」とされる、冬が去り春が来る、つまり難が去って良いことが始まるという縁起の良い月であり、さらに、11月の15日は、鬼が出歩かないとされる二十七宿の鬼宿日(きしゅくにち)にあたり、婚礼以外のお祝いには吉日とされていたからという説です。

徳川綱吉の息子の健康を祝って行われた儀式を起源とする説

天和元(1681)年11月15日、江戸時代の五代将軍・徳川綱吉(とくがわ つなよし)の長男である徳川徳松(とくがわ とくまつ)の健康を祈った儀式が行われたため、11月15日に行われるようになったという説です。徳松は、幼い頃より体が弱かったため、5歳まで無事に育ったことが喜ばれ、祝い事を行ったと言われています。
しかし、徳松は、天和3年(1683年)、5歳で夭折しました。

錦絵で見る江戸時代の「七五三」

「髪置」「袴着」「帯解」といった子供の年祝いは、古くは中世の公家日記などにも見えますが、江戸時代になると庶民の間でも行われ、「七五三」と称されるようになりました。
江戸中期、呉服屋がこの3つの行事を商業政策として取り入れ、一つにまとめ、江戸の町で宣伝しました。これが今日の「七五三」の原型だと言われています。そして武家や有力商人などの間で流行したものが、明治以降、庶民に普及しました。

特に、商家では、着飾った子どもたちに母親や叔母たちが介添えをし、乳母や丁稚小僧、出入りの職人や鳶などがうち揃って産土神(うぶすながみ)にお参りに行きました。
その後は、親戚の家々にご挨拶まわり。夜は知人を招いてお祝いの宴席です。
江戸時代は、疱瘡(ほうそう)や怪我で、子どもが亡くなることが少なくありませんでした。子どもが無事に成長して、節目を迎えることができるのが、親にとっては何よりの喜びであったことでしょう。
 

歌川豊国(三代)画 「七五三祝ひの図」 東京都立中央図書館特別文庫室蔵
七五三では、着飾った子どもを連れて各所の神社に参詣しますが、特に神田明神は賑わったようです。
お宮参りの際、女児は裾の長い着物を着たので、中央図のように、父親や出入りの男性に担いでもらいました。着物は、腰上げをしていない四尺(120㎝)もあるものを着ました。右図には、女性の後ろに付き添う少年の手に千歳飴が見えます。

千歳飴にこめられた願い

七五三では、千歳飴を食べて祝います。この千歳飴が作られたのも江戸時代のことです。
千歳飴は、精製した白砂糖を練り固めて作った太白飴(たいはくあめ)を細長くし、紅白それぞれの色で染めてあります。鶴亀や松竹梅などの縁起のよい図柄が描かれた袋に入れられた千歳飴には、子どもが元気によく成長するように、そして長生きするように、という親の願いが込められているのです。

子供の成長に感謝する日

「七五三」は、子どもの成長期の重要な段階に、氏神参拝して守護を祈るとともに、神からも地域社会からも社会的人格を承認される通過儀礼でもあったのです。

最近は、「七五三」が11月15日前後の週末に行われたり、著名な神社への参詣が集中するなど、本来の意味が変化し、家族儀礼の傾向を強めつつありますが、子どもが無事に育ってきたことに感謝し、いっそうの成長を願う親の気持ちは、いつの時代になっても変わりません。

主な参考文献

  • 『日本風俗史事典』 弘文堂 1984年2月 「七五三」の項
  • 『日本民俗大辞典』 吉川弘文館 1999年10月 「七五三」の項
  • 『冠婚葬祭の歴史 人生儀礼はどう営まれてきたか』  互助会保証株式会社編 水曜社 2014年11月
  • 『江戸暦・江戸暮らし 浅草仲見世助六・江戸趣味小玩具』  木村吉隆著 亜紀書房 2013年12月
なんで11月15日なの? 意外と知らない「七五三」の歴史や由来を徹底解説!
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする