日本文化の入り口マガジン和樂web
10月20日(水)
お詫びとお願いと部屋とワイシャツと私(マナやん)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
10月20日(水)

お詫びとお願いと部屋とワイシャツと私(マナやん)

読み物
Culture
2020.01.23

アメリカの大富豪が惚れた「モルガンお雪」とは?玉の輿にのった波乱の人生

この記事を書いた人

みなさんは“モルガンお雪”と呼ばれる女性をご存知でしょうか。お雪は明治時代から昭和時代を生きた女性で、アメリカの大富豪J.P.モルガンの甥と結婚し、「近代史上最高の玉の輿」「日本のシンデレラ」と呼ばれた女性です。明治時代にあのモルガン一族と結婚した日本人女性がいたなんて…。
実は私がモルガンお雪の物語を知ったのはつい最近の出来事。京都のとあるホテルに泊まって、近くのとある神社をフロントでおすすめされたのがきっかけという、どこにでもありそうな旅の一場面。そこでお雪の名前を初めて耳にしたのです。
今回は、波乱の人生を送ったお雪の生涯と、女性の成功を後押しするといわれる、お雪が熱心に通った神社をご紹介します。

モルガンお雪とは


“モルガンお雪”というのは、モルガン財閥の創始者ジョン・ピアポント・モルガンの甥、ジョージ・デニソン・モルガンとの結婚後につけられた呼び名で、本名は加藤ユキといいます。アメリカの財閥“モルガン”だと縁のない話に思えますが、“加藤さん”だとなんだか親しみを感じるのは私だけでしょうか(笑)
芸妓名は雪香。そう、お雪は祇園の芸妓だったのです。お雪の姉は加藤楼というお茶屋を経営していて、その関係でお雪も14歳で芸妓となりました。働いていたのは加藤楼ではなく当時は格下とされていた外国人専用の小野亭という店だったようです。このことがお雪の運命を大きく左右することとなります。

ジョージ・デニソン・モルガンとの出会い

お雪がジョージ・デニソン・モルガンと出会ったのは20歳の頃。ジョージの日本への旅行は失恋旅行だったようですね。京都滞在中にお雪に心を奪われたジョージはお雪に求婚。その後一旦は帰国しましたが、なんとこの時代に4年間で3度も来日し、求婚しているのですから、お雪もその誠意は感じていたのでしょう。

4万円の身請け…えっ?安くないですか?

外国のお客から身請けの話があるということを、お雪は他の客に相談していたようです。客は面白がり冗談半分に「そんなら4~5万くらいふっかけてみては」という話になりました。この求婚話が新聞に「4万円の貞操」とワイドショー的に取り上げられ、お雪は恋人と破局。「4万円?安っ!!」と思われた方もいるかもしれませんが、当時の4万円という金額は、現在の約8億円相当に及びます。ここまでの話の流れで、「あぁ、お雪さんは4万円でお妾さんになるんだね…」と思われたかもしれませんが、ジョージはお雪を妾ではなく本妻として迎えたのです。相当惚れ込んでいたんですね。

結婚後の暮らし

横浜で結婚式を挙げ、その後ニューヨークに渡った二人ですが、社交界とモルガン一族の目は冷たく、日本に一時帰国するも「金に目がくらんだ女」と言われ、祖国日本も安住の地ではなかったようです。
二人はパリに移り住みますが、お雪が34歳の時にジョージは心臓麻痺で44歳という若さで亡くなってしまいます。

モルガンお雪の玉の輿の秘密はここにあり!?

京都市山科区にある折上稲荷神社(おりがみいなりじんじゃ)は、伏見稲荷の奥宮とされる神社です。孝明天皇ご即位の折に多くの女官が病気になったため、折上稲荷神社に祈祷が命じられました。その後女官達が奇跡的に回復したことから、「折上稲荷様の御利益は折り紙付き」と広まり、“働く女性の守り神”として厚く信仰されるようになりました。

祇園で働くお雪もまた熱心な信者の一人でした。今でも働く女性から“女性の成功の神社”、良縁を望む女性からは“玉の輿神社”として密かな人気を集めています。観光客の多い京都市の中でも静かに参拝できるパワースポットとして、女性起業家や女性タレントらもお忍びで訪れているようです。

画像:折上稲荷神社

お雪の姉妹が人目を忍んで奉納した鳥居

ご本殿でお参りした後に立ち寄ってほしいのが境内にあるこちらの鳥居。お雪の姉が奉納した鳥居で、加藤家の四姉妹の名前が刻まれていますが“ユキ”の名はなく、代わりに“加藤楼稲吉”の文字が読めます。“加藤楼”はお雪の姉の店名、“稲”はお稲荷様で、「折上稲荷様から最高の“吉”をいただいた」という意味でユキのことを指しています。この時代の国際結婚。しかも巨額の金が動いた身請け。妬みや、外国人との結婚を良く思わない人も沢山いたことでしょう。アメリカとの関係が悪化していた情勢も懸念して、このように名前を隠して奉納されたのだとか。

触っておいて損はなし!大きなひょうたん

鳥居から階段を上がると、左手に大きなひょうたんが祀られています。この「ひょうたん大神」をお雪は熱心に参拝していたとか。女性の出世・玉の輿・良縁にご利益がありますので、お雪のようにあやかりたい人はお参りしましょう!

折上稲荷神社では社務所にも立ち寄るべし

お参りの後は社務所にも立ち寄ってみましょう。女官たちよりご利益が「折り紙付き」と称された折上稲荷神社には、社名のとおり一枚の紙で折り上げられたお守り「稲荷きつね折り上げお守り」があります。商売繁盛・金運・仕事運にご利益がある金のおきつねさん、開運・良縁、災難・病気除けにご利益がある銀のおきつねさんの他、節分のおきつねさんや稲荷祭のおきつねさんも。一枚一枚ご神職が丁寧に折り上げています。

風水にちなんで、毎年おきつねさんの前掛けの色が変わります

女性の玉の輿、良縁、出世にご利益がある「ひょうたん守り」は、江戸時代より伝わる版木で制作した当時と全く同じお守り。ぜひとも手に入れたいですよね!

お雪が肌身はなさず持っていた「ひょうたん守り」

折上稲荷神社へのアクセスは?

折上稲荷神社へは、電車なら地下鉄椥辻(なぎつじ)駅から徒歩約15分です。遠方からの旅行なら2つ隣の山科駅(地下鉄・JR・京阪)周辺のホテルに泊まって、毘沙門堂や小野小町ゆかりの隨心院とあわせてサイクリングでめぐるというのも有力な候補だと思います。私は宿泊していた山科駅前の「京都山科 ホテル山楽」で電動レンタサイクルを利用し、山科駅から約15分で到着できました。

宿泊者は200円で電動自転車が借りられる!!「京都山科 ホテル山楽」

ジョージ没後のお雪の人生

若くして亡くなった夫ジョージ。その後お雪がどうなったのか、心配ですよね。お雪は第二次世界大戦勃発を前に京都へ帰っていました。晩年はキリスト教の洗礼を受け、81才でこの世を去るまで大徳寺(京都市北区)の近くで静かに過ごしたようです。

原爆投下候補地であった京都に原爆が落とされなかったのは、モルガンの関係者を通して政府に働きかけたお雪のおかげだという都市伝説が残っています。

折上稲荷神社の基本情報
住所:京都市山科区西野山中臣町25番地
アクセス:地下鉄東西線椥辻駅から徒歩15分
公式Web:折上稲荷神社
京都山科 ホテル山楽の基本情報
住所:京都市山科区安朱桟敷町23番地
アクセス:山科駅前
公式Web:京都山科 ホテル山楽

トップ画像:Wikipediaより

書いた人

生まれも育ちも大阪のコテコテ関西人です。ホテル・旅行・ハードルの低い和文化体験を中心にご紹介してまいります。普段は取材や旅行で飛び回っていますが、一番気持ちのいい季節に限って着物部屋に引きこもって大量の着物の虫干しに追われるという、ちょっぴり悲しい休日を過ごしております。